「ニュース」の記事一覧 - 165ページ目

アクアがマイチェンでSUV仕様を追加

 トヨタのコンパクト・ハイブリッドモデル「アクア」が2011年12月の登場以来初となるマイナーチェンジを行った(13年に2度、14年に1度一部改良)。  今回のマイナーチェンジの注目すべき点は、クロスオーバースタイルの新...

続きを読む...

BMWが六本木にクリスマスカフェをオープン

BMW初となるFFモデルとして話題の2シリーズアクティブツアラー。その納車が12月からスタートすることを記念して「アクティブ・ファミリー・プロジェクト」が発足した。  このプロジェクトのひとつとして、東京都港区にある『六...

続きを読む...

市川海老蔵さんにBMWがi3をプレゼント

 12月5日、BMWは歌舞伎俳優の市川海老蔵さんに、電気自動車「i3(レンジエクステンダー)」のプレゼント。その納車式が東京都・千代田区のBMW Group Studioで行われた。 じつは翌日の12月5日は海老蔵さんの...

続きを読む...

未だ現役!53万km過走行R32スカイラインGT-R

今年で創刊20周年を迎えるGT-R Magazine(交通タイムス社刊・偶数月1日発売)の人気企画の一つに「10万20万km倶楽部」がある。  一般的に走行距離10万kmといえば、メーカーの保証も切れ、クルマの寿命に近い...

続きを読む...

みんモーはまだまだ突っ走る!?

11月最後の週末となった29日〜30日の2日、ラジオDJのピストン西沢氏プロデュースによる”見て乗れるモーターショー”こと「みんなのモーターショー(通称:みんモー)」が東京・お台場にあるJ地区特設コースとメガウェブで開催...

続きを読む...

数々の記念が重なったニスモフェスティバル2014(その1)

「ニスモフェスティバル」が静岡県・富士スピードウェイで11月30日に開催された。 じつは、ニスモは1984年の創立から今年でちょうど30周年を迎える。 そんな記念すべき今年、スーパーGT選手権でエースゼッケンの23号車M...

続きを読む...

マツダのクルマづくり現場に潜入!?

2014-2015日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたデミオをはじめ、魅力的なクルマを世に送り出しているマツダ。そんな同社のクルマづくりを学ぶことができる勉強会が、雑誌編集者向けに開催されることになり、CARトップ編集部も...

続きを読む...

NISMOフェスティバルでD1チャンピオンチームのNEWマシンが走る!

オートプロデュースBOSSの新型D1マシンをキャッチ!  多くのモータースポーツがシーズンオフになったが、その間、エントラントは「お休み」というわけではない。この時期は来シーズンに向けての準備期間でもあるのだ。 さて、交...

続きを読む...

MIRAIはエンジンのないスーパーなセダン

走れる“未来”がいまやってきた!  11月18日、東京お台場の日本科学未来館で開催されたトヨタの新型FCV(燃料電池車)・ミライ発表会。その会場では、ミライというクルマ自体はもちろん、トヨタ側のプレゼンテーション手法、つ...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  3. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. 59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    駐車監視員は60分を超えてからじゃないと放置車両扱いができない このと...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  8. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  9. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  10. 日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    整備された交通インフラやカーナビの発達も要因のひとつ 欧州では高齢者や...