「トヨタ/レクサス」の記事一覧

即完売すること必至! 京商samuraiシリーズの最新作「新型トヨタ・センチュリー」が4月26日に発売

1/18スケールでも存在感はバツグン  さまざまな魅力あふれるアイテムをラインアップする京商。同社の人気モデルカーシリーズ「samurai」シリーズの最新作として、新型トヨタ・センチュリーが4月26日(金)に発売される。...

続きを読む...

カローラひと筋30年のマニアライターが選出する歴代カローラTOP5!

時代に翻弄されつつもカローラらしさを体現したモデルを選出  今年カローラセダン(アクシオ)とステーションワゴン(フィールダー)がフルモデルチェンジを実施し、国内では12代目が登場する予定となっている。1966年に初代が登...

続きを読む...

ハイブリッド王国だったトヨタがようやくEV市場本格参入を発表! なぜ今なのか?

トヨタはHVのノウハウを期間限定で無償提供すると発表  ハイブリッドカーの量産を1997年にはじめたトヨタは、いまどきの言い方をすれば「電動車両のトップランナー」であり続けている。欧州では電動化トレンドが盛んといっても、...

続きを読む...

新型トヨタRAV4と新開発4WDの世界観を表現したウェブムービーとテレビCMが公開

E-Fourの恩恵でベートーヴェン交響曲第9番を奏でることに成功  トヨタ自動車は、新型RAV4の発売に合わせて「タフでラフに使えるSUV」の世界観を伝えるウェブムービーとテレビCMを公開した。  ウェブムービーでは「世...

続きを読む...

ハイブリッドは走りでエンジン車には勝てないと言い切るレーシングドライバーを納得させたHV3台とは

もっとも走りの良いハイブリッドはトヨタ車 ガソリンエンジンにプラスして電気モーターやバッテリーを搭載するHV(ハイブリッド)車は車両重量が増して運動性能面では不利という話をしたばかりだが、それでも時代はHVを求めており多...

続きを読む...

あおり運転被害にも有効! これからの高齢ドライバー必須の「つながる国産実用車」4選

事故の際に救急や消防への連絡を行ってくれる機能も  クルマの未来感を強く感じさせる機能のひとつが、専用通信機を搭載したコネクティッドカーと呼ばれるクルマに装備される、ナビに連動したオペレーターサービス&ヘルプネッ...

続きを読む...

乗ればいいクルマなのに乗ってもらえない! デザイン酷評で評価されなかった残念なクルマ4選

玄人ウケはするも市場での評価はイマイチ  国産車に置いては各分野のスペシャリストが大勢集まって作られており、もはや性能的に明らかに劣るようなモデルはリリースされることはまずないと言える。その一方で、エクステリアデザインに…

続きを読む...

【試乗】トヨタ新型RAV4は本格アウトドア派にもオススメ! なんと3つもある4WDシステムを試した

なんちゃってじゃなく本物のアクティブさを追求  トヨタが都会派SUVとして人気の高かった「RAV4」の新型を登場させ、国内販売も復活させた。RAV4は初代が1994年に登場し都会派小型SUVとして一世を風靡した。その後2...

続きを読む...

普通のオーナー大迷惑!  一部のオラオラドライバーのせいでDQN扱いされがちなクルマ8台

やっぱり王道は威圧系顔のミニバン  クルマというのは、作り手やオーナーの思いに反して、時として、世間からヘンなイメージを持たれてしまうことがある。  真面目なオーナーからすれば、いい面の皮といったところだが、不幸にもDQ...

続きを読む...

なんでこんなに残念な姿に! コンセプトカーの期待度を裏切った市販車4選

コンセプトカー詐欺だと嘆かれるモデルが多数  今年は東京モーターショーイヤーということもあり、今からどんなモデルが展示されるのか楽しみにしている人も多くいることだろう。しかし、コンセプトカーとしては非常にイケていたのに、…

続きを読む...

ハイブリッド大国ニッポン! 各メーカー「百花繚乱」のシステムの仕組みと特徴を解説

ホンダは車種によって別のハイブリッド方式を採用  トヨタのハイブリッドシステム(THS、のちにTHSII)は、1997年に初代プリウスが登場して以来、基本的なシステム構成は同じだ。  パラレル式とシリーズ式を組み合わせた...

続きを読む...

和製ハマーからナンパ師御用達のデートカーまで「平成8年生まれ」の衝撃国産車10台

ボックスティッシュ置き場もある衝撃のデートカーも登場  平成の元号が間もなく終わり、令和がスタートする。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気な...

続きを読む...

スポーツモデル=MTの時代は終わった! あえてATを勧めたいクルマとそれでもMTで乗るべきクルマ

現代はATの完成度も高くなっている  ひと昔前は「スポーツカー、スポーツ系のクルマはMTで乗るもので、ATで乗るのは邪道だ」などと言われたものである。では、このことは現代でも同じなのかを考えると「クルマにもよるけどMTで...

続きを読む...

ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

扱いづらい特性でも急激な加速は魅力だった  排気ガスの勢いでタービンを回し、その回転力でコンプレッサーを回して吸入空気を圧縮して、実質的に排気量アップと同じ効果を生み出すターボチャージャー。  ターボの容量が大きければ、.…

続きを読む...

嫌なことも吹っ飛ぶ爽快感! この春MTデビューを目指す女子にオススメのコンパクトマニュアル車5選

新たなことにチャレンジしてみたいならMT車デビューがオススメ  いよいよ新年度、新学期のスタートですね。これを機に、ずっと憧れていたコトや、今までとは何か違うコトに挑戦したい、新しい自分を見つけたい! そんな意欲を燃やし...

続きを読む...

1 / 4812345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    そもそも追い越し車線を走り続けると通行帯違反で反則金6000円 何なの...

  2. サンデードライバーに多し! 知らずに周囲へ迷惑をかけてしまうNG運転8選

    サンデードライバーに多し! 知らずに周囲へ迷惑をかけてしまうNG運転8選

    道交法を守っていればいいというわけではない! 年末年始の帰省の時期は、...

  3. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  4. 意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    パーツの交換やアイテム装着などは確認してから実効 ベタベタの車高やはみ...

  5. 【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    間違いなく高いオイルを入れたほうがいい メンテナンスフリー化やブラック...

  6. 【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    オープンカーもデートに向かないクルマだった! 「次のデート何したい?」...

  7. 前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    街中で見かけないほど売れていないクルマも マイナーチェンジってのは、な...

  8. 【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    初代プリウスやインサイトは13年超でも重課なし! 今年も自動車税の通知...

  9. スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    現在考えれば重要なモデルもあるが当時は受け入れられず! スバルファンで...

  10. 【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    ステアリングはダイレクトだがピーキーさはない STIと聞けば、スバルフ...

https://makc.kz

viagra generico online

депозиты в украине