「トヨタ/レクサス」の記事一覧

ライバルメーカー同士がガチで挑発しあった! 今ではありえない強気な名車キャッチコピー5選

いまなお語り継がれる過激なキャッチコピーが乱舞  ひと昔前まで、ライバル関係にある車種同士のキャッチコピーは非常に過激なものが多かった。明確に相手の車名こそ出していないが、見る人が見ればすぐにどの車種を指しているかは明ら…

続きを読む...

一切の妥協を許さないピュアスポーツカーを! 開発責任者の多田哲哉さんが新型トヨタ・スープラへ込めた思い

「飛行機に例えるならば、86は練習機、スープラは戦闘機です」  トヨタファン、そしてスポーツカーファンが待ちに待ったスープラがついに復活。開発責任者を務めたのは、86を手がけたことでも知られる多田哲哉さん。そんな多田さん...

続きを読む...

最新車は買えないがデートを盛り上げたい金欠男子必見! 一周回ってオシャレな中古国産車5選

デートでぜひ活用してほしい! 可愛いデザインのクルマたち  通勤などのアシで選ぶクルマと、デートのために選ぶクルマでは、その条件はまったく変わってきますよね。いや、変えるべきなんです。  彼女が待っている目の前にスーッと.…

続きを読む...

過酷なレースにも参戦するトヨタの凄腕テストドライバーが新型スープラへ込めた思いとは

ニュートラルステアへ徹底的にこだわった  レーシングカーへのコンバージョンを念頭に、一段と高いレベルで走りの味が仕上げられたという新型スープラ。その味づくりの中心的役割を担ったのが、トヨタチームのドライバーとしてニュルブ…

続きを読む...

新型スープラは伝統の直6ターボ&FR! 受け継がれるトヨタのスポーツカーに対するこだわり

新型スープラに継承されるトヨタの心意気  新型スープラの登場によって、トヨタのブランドイメージが変わったように思われているが、それ以前からトヨタはスポーツカーを精力的に作り続けてきた。現行ラインアップに名を連ねる86やス...

続きを読む...

BMWとの共同開発でもトヨタらしさを存分に表現! 新型トヨタ・スープラのメカニズムに迫る

目指したのは軽量な後輪駆動のスポーツカー  トヨタ自動車とBMWグループが、「燃料電池(FC)システムの共同開発」「スポーツカーの共同開発」「軽量化技術の共同研究開発」に関する正式契約を締結したのは2013年1月24日の...

続きを読む...

今や当たり前の便利装備! 時代を切り拓いた初採用の国産車4選

クルコンが初めて登場したのはなんと55年前!  自動車の進化のスピードはすさまじく、日々新しい技術を採用すべく各メーカーが開発を進めているのはご存知の通り。しかし、今では多くの車種に採用されている装備も、当然ながら初めて...

続きを読む...

スポーツカーらしさを追求! 話題の新型トヨタ・スープラの内外装を徹底チェック

【外観】スポーツカーとしてのパッケージやレイアウトを追求  新型スープラには、ピュアスポーツカーとしての基本素性を追求した車両パッケージを採用。ホイールベース、トレッド、重心高の3要素を最重要項目に掲げ、ピュアスポーツカ.…

続きを読む...

高額の高級車がなぜバカ売れ? トヨタ・アルファード&ヴェルファイアが成功したワケ

ハイブリッドが存在することが大きなアドバンテージ  トヨタの最上級&最高級ボックス型ミニバンのアルファード&ヴェルファイアが絶好調だ。価格は売れ筋のHVで約500万円から。これまた人気の最高額グレード、H...

続きを読む...

時代の転換期になったモデル多数! 明暗クッキリの平成16年誕生のクルマ4選

最近は人気が低迷しているセダンが多数登場した  2019年5月1日から新しい元号「令和」がスタートし、31年の長きに渡って続いた平成の元号が終わった。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東...

続きを読む...

大人気で完売のニュースも流れた「買えないトヨタ・スープラ」をディーラーに展示する理由とは?

4気筒モデルはまだ注文が可能!  永遠とも思えるほど長いティザー期間を経て、ようやく販売となった新型スープラ。  しかし、正式な発売を前にして、すでに6気筒の3リッターターボエンジンを搭載する「RZ」グレードは完売という...

続きを読む...

今オーダーしても半年待ち! 大人気なのにトヨタ・スープラを増産しないワケ

スープラは複数メーカーの車両を受託生産する会社で作られている  トヨタから復活したスープラの納期が非常に長くなっています。2019年6月の時点でオーダーを入れたとしても、工場出荷は2020年2月と半年以上先(2019年7...

続きを読む...

首都高最速と言われる最強マシンもランクイン! 走りのいい営業車トップ3

営業車だって走りがいいに越したことはない!  営業車、というと一昔前は4ナンバーのライトバンか軽ボンネットバンが当たり前だった。  しかし、気づけばライトバンよりもアクアやプリウスといったハイブリッド車が営業車として使わ...

続きを読む...

ツウも唸る隠れ名車! まだ安く入手可能なちょっとマイナーな国産ネオクラ車4選

今ならまだふた桁万円で入手できる個体が多数!  未だに「旧車」というと1970年代以前のモデルを指すことが多いが、気がつけば来年で2020年となるわけで、1980年代に生まれた車両たちであっても40年近い年月を経た、立派...

続きを読む...

悩ましいトヨタ新型スープラの「3グレード」選択! 選んで正解なのはズバリどれ?

それぞれが独自の魅力を備えているため、並列の関係になっている  新型スープラの生産は、オーストリアにあるマグナシュタイヤー社のグラーツ工場が受け持つ。開発者によると「マグナ社は少量の受託生産が得意で、スープラと基本部分を…

続きを読む...

1 / 5412345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

viagra generico online

депозиты в украине

регистрация торговой марки