「トヨタ/レクサス」の記事一覧

見た目だけでなく走りも磨きをかけた! トヨタ・カムリWSはひと皮剥けた本格スポーティモデル

オーディオのサウンドにもこだわった 2017年7月にフルモデルチェンジを行ったトヨタ・カムリ。プラットフォームやパワートレインなども全面刷新されている。そのカムリに、スポーティなフロントマスクの新グレード「WS」が追加さ...

続きを読む...

【試乗】レクサスUXに速攻試乗! 新たな価値観を創造したマルチに活躍しそうな1台

小さなNX&RXではないオリジナリティをもつ  1989年にトヨタのプレミアムブランドとして発足した「レクサス」。日本では2005年から展開をスタート。当初は苦戦を強いられたが、ハード/ソフトの充実に合わせて認知...

続きを読む...

生産性向上よりも徹底して高品質を追求したトヨタ・新型センチュリーのデザインへのこだわりとは

最高峰の名にふさわしい至高のデザインを  初代の誕生からおよそ半世紀に亘り、後席のVIPが快適にくつろげることを最優先とし、そのための乗り心地のよさや静粛性を追求してきたセンチュリー。その思想は決してブレることなく、歴史...

続きを読む...

日本の匠の技を結集! トヨタ・センチュリーに採用したメカニズムをチェック

快適にくつろげることを最優先した最上級の乗り心地  目指したのはまさに至高のサルーンであり、究極の心地よさである。とくに車両の基本となるボディ骨格は、極めて静粛で乗り心地がよく、万一のアクシデントにおける保護性能も、現代…

続きを読む...

伝統を守りつつ最新技術を採用! 滅多に見られないトヨタ・センチュリーの内外装に迫る

伝統と品格を表す唯一無二のスタイリング  21年ぶりのモデルチェンジで3代目となったセンチュリー。印象的な形状のヘッドライトとロングボディにより、ひと目でセンチュリーとわかる堂々たるフォルムからは、いわゆる高級感というよ...

続きを読む...

15代目もオヤジのハートを鷲掴み! 歴代クラウンがオジサンたちを夢中にさせる理由とは

時代時代のオヤジに合わせたクルマ作りをしている  以前、取材のために「クジラ」の愛称で親しまれる4代目クラウン(発売は1971年)を試乗した際、激しい自己嫌悪に陥った。「俺はこの時代の男に負けている」と痛切に感じたからだ...

続きを読む...

ブルーのアクセントがスタイリッシュな特別仕様車「トヨタ・ハリアー スタイル・ブルーイッシュ」が登場

エクステリアはブラックを基調にしたアイテムを装備  トヨタのラグジュアリーSUVであるハリアーに、ブルーのアクセントを用いたインテリが特徴的な特別仕様車「Style BLUEISH(スタイル・ブルーイッシュ)」を設定して...

続きを読む...

【ムービー】FFになっても走りは抜群! レクサスESチーフエンジニアに直撃インタビュー

7代目にして日本初導入となる!  もうまもなく日本導入される、アッパーミドルクラスセダンのレクサスES。今年4月に北京モーターショーで発表された、7代目となるESの駆動方式はFFを選択。もちろん、スポーティグレードの「F...

続きを読む...

【WCT TV】国沢光宏の気になるクルマvol.4 クラウン後編

国沢さんと開発主査の秋山さんが本音トークを繰り広げる!  自動車評論家の国沢光宏さんが、旬なクルマのアレコレをお伝えするWEB番組「国沢光宏の気になるクルマ」。第4回目は、前回に続き、大注目の新型トヨタ・クラウンがテーマ...

続きを読む...

【WCT TV】国沢光宏の気になるクルマvol.3 クラウン前編

開発責任者からクラウンの開発ウラ話も飛び出す!  国沢光宏さんをメインMCに、Quanaodepが新たに送るWEB番組の「国沢光宏の気になるクルマ」。第3回目は、15代目となるトヨタ・クラウンです!  今回は中谷明彦さ...

続きを読む...

若者向けのハズのトヨタ・カローラスポーツに杖ホルダー! やっぱり高齢層向けなのか?

生まれ変わったカローラは幅広いユーザー層をターゲットにする  カローラスポーツが話題だ。3ナンバーとなったカローラには賛否両論だったが、発売1カ月で約9200台と月販目標の4倍となる受注を集めたほどの実績を重ねた上に、6...

続きを読む...

やっぱり新型クラウンじゃなきゃダメ! 日本のオヤジが同価格でもアウディやBMWを選ばないワケ

雰囲気は保守的でも代々先進の中身が与えられてきた  2018年6月にフルモデルチェンジしたトヨタ・クラウンが好調だ。発売一カ月での初期受注は約3万台、7月の販売台数でも7,225台(自販連調べ)と好スタートを切っている。...

続きを読む...

50周年記念車も! ビジネスシーンで活躍するトヨタ・ハイエース/レジアスエースに特別仕様車登場

高級車の雰囲気が漂うインテリアに注目!  トヨタ自動車は、働く人たちの強い味方「ハイエース/レジアスエース」に、2つの特別仕様車を設定した。  まず、両車に用意されたスーパーGL“DARK PRIMEII”は、最上級グレ...

続きを読む...

トヨタ自動車の創業者「豊田喜一郎氏」が自動車殿堂に選出! 記念式典が開催

孫にあたる豊田章男社長らがスピーチを実施  クルマに乗るひとなら誰もが知っているトヨタ自動車。その創業者である豊田喜一郎氏が、2018年の米国自動車殿堂に選出され、7月19日、アメリカのデトロイトで授賞式が開催された。 ...

続きを読む...

1 / 3512345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 日産の2大電動車「ノートe-POWER」と「リーフ」5年乗ったらどっちがお得か計算してみた

    日産の2大電動車「ノートe-POWER」と「リーフ」5年乗ったらどっちがお得か計算してみた

    今回の比較車両の場合単純な車両本体価格の差は131万円だが…… 日産の...

  2. こんな凄いクルマが今なら普通に買える! この先名車になること間違いなしの国産車5選

    こんな凄いクルマが今なら普通に買える! この先名車になること間違いなしの国産車5選

    今ならまだ購入しやすいので置き場所があるなら買い! 名車と呼ばれるクル...

  3. お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    わずか一桁万円から手に入れられるクルマも! 最近はスポーツカー受難の時...

  4. 「チョイ乗り」が多いとクルマを傷めるというのは本当か?

    「チョイ乗り」が多いとクルマを傷めるというのは本当か?

    とくにエンジンには負担が大きくなる クルマに乗っていると「チョイ乗り(...

  5. 「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    安全を買うと考えて安いからと純正より性能を落とさない タイヤは路面と接...

  6. クルマが古く見える原因! くすんだヘッドライトカバーの透明度を復活させる方法とは

    クルマが古く見える原因! くすんだヘッドライトカバーの透明度を復活させる方法とは

    プロに頼むのが一番だが、虫除けスプレーを使う裏技も! 樹脂製のヘッドラ...

  7. MTやV6エンジンは今後乗れない? 近い将来消えゆく可能性のあるクルマの技術6選

    MTやV6エンジンは今後乗れない? 近い将来消えゆく可能性のあるクルマの技術6選

    電動化と自動運転化がクルマの常識を変える! エンジンを積んで、トランス...

  8. 【意外と知らない】今ドキの新車に「ならし」は不要なのか?

    【意外と知らない】今ドキの新車に「ならし」は不要なのか?

    機械モノである以上やらないよりやったほうがいい その昔、新車を買ったと...

  9. 1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

    1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

    1度だけ作動させるMISTや間欠の時間を変更するダイヤルなども 本格的...

  10. イケてるオヤジはコレに乗れ! 100万円で買えるチョイ悪が似合う中古輸入車3選

    イケてるオヤジはコレに乗れ! 100万円で買えるチョイ悪が似合う中古輸入車3選

    総額100万円でイケてる輸入車 ちょっと悪そうな雰囲気がカッコいいとさ...

profvest.com

profvest.com

baden-medservice.com/lechenie-raka-v-germanii-onkologija-gematologija/lechenie-raka-zheludka-v-germanii/