「スズキ」の記事一覧

ガチの悪路は走らない! そんな人にメリットの大きいクロスオーバーSUV5台とその中身

立体駐車場へ入庫できるかがポイントのひとつに  世界的にブレークしているクロスオーバーSUVには興味津々ながら、本格SUVまでは必要なし。扱いやすくて燃費も良く、比較的手ごろな価格のクロスオーバーモデルはないものか? 今...

続きを読む...

アクティブな雰囲気に仕立てた話題のジムニーに注目のスズキブース【東京オートサロン2019】

ピックアップは市販化してほしいほどの仕上がり!  カスタムカーの祭典「東京オートサロン2019」。スズキブースで注目を集めていたのは、やはり2台のジムニーだろう。ジムニーとジムニーシエラ、双方で個性的なカスタマイズが施さ...

続きを読む...

いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

280馬力勢に憧れを抱く人が多数  欲しいクルマはあるにしても、最近ではクルマに憧れをもつというのも減ってきたように思う。買えなくても見ているだけでいい、いつかはお金を貯めて買えたらいいなぁ、などの夢ではなく、現実的にな...

続きを読む...

安価な実用車でも問題なし! 愛犬大満足の200万円以下の国産ドッグフレンドリーカー5選

ドッグライフプロデューサーが厳選した5台のクルマを紹介!  ドッグフレンドリーカーと言うと、大型のステーションワゴン、SUV、ミニバンを想像しがちだが、じつは200万円以下のコンパクトなクルマのなかにも、モータージャーナ...

続きを読む...

新型ジムニーで遊ぶ楽しさを提案! スズキが東京オートサロン2019の出展概要を発表

スイスポはイメージカラーをさらに進化させた!  スズキは、2019年1月11日(金)〜13日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催される東京オートサロン2019に出展する。参考出品車3台を含む、合計10台が展示される予定だ。...

続きを読む...

「まったく別のクルマに見せたかった」スズキ・スペーシアギアの開発エンジニアに直撃インタビュー

参考出品のカスタマイズ仕様がギア誕生きっかけのひとつに  2017年12月にフルモデルチェンジしたばかりのスズキの背高軽ワゴン「スペーシア」に、タフでアクティブなSUVデザインを採用した「ギア」が仲間入りし、12月20日...

続きを読む...

力強さはそのままに質感アップ! スズキ・エスクードの開発エンジニアにインタビュー

タフさと上質さを両立させるオールマイティなSUVへ進化  スズキの中ではハイエンドに位置するB-CセグメントのSUV「エスクード」が、2015年10月の現行4代目デビュー以来初めてマイナーチェンジ。12月21日に発売され...

続きを読む...

大人の女性から寄せられた声に応えたスズキ・ラパン モードの開発エンジニアにインタビュー

ライバルがコンセプトを変えたことで指名買いが増えた  女性をメインターゲットにしたレトロモダンな軽乗用車「アルトラパン」に、大人らしく落ち着いた印象の特別仕様車「モード」が設定され、12月6日に発売された。その狙いについ...

続きを読む...

SUV風に仕立てたスズキ・スペーシア ギアがついに発売開始! 161万4600円から

ジムニーのような丸型ヘッドライトが特徴的!  スズキは、スペーシアに新たなバリエーションモデル「スペーシア ギア」を12月20日より発売した。 「広い室内空間とアクティブスタイルを融合したSUVな軽ハイトワゴン」をコンセ...

続きを読む...

元レーシングドライバーが本音で選ぶ「本当に走りのいい」ホットハッチ5選

本物のスポーティな走りをもったハッチバックはこれ!  手頃なサイズと実用性、そしてスポーティな走りを兼ね備えたハッチバック車を、ホットハッチと呼ぶ。だがそう分類されるクルマも玉石混淆、正直普通の実用車に毛の生えた程度のク…

続きを読む...

安全装備を充実! スズキ・アルト&アルトワークスが一部改良でさらに魅力アップ

内装色も変更しインテリアの質感も向上  スズキは、軽自動車のアルトならびにアルトワークスを一部改良し、安全装備などを充実させた。84万7800円(アルト/F/2WD)〜165万5640円(ワークス/5速AGS/4WD)。...

続きを読む...

バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運  まだまだ衰える気配のない、ホンダN-BOX旋風。そりゃそうかもしれませんね、実際に乗ってみても、グゥの音も出ないくらいイイんですもの。広さも使い勝手も完璧な...

続きを読む...

高い悪路走破性はそのままに上質さをアップさせたスズキ・エスクードが登場

予防安全性能も機能が充実!  スズキは、コンパクトSUVのエスクードを一部仕様変更。スズキ セーフティ サポートも充実させ、12月21日(金)より発売すると発表した。265万8960円。  まず注目なのがエクステリア。S...

続きを読む...

1 / 1112345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  3. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  6. 暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    最初はよくても時間を追うと徐々に差が付いてくる 同じクルマ、そして同じ...

  7. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  8. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  9. ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ノアヴォクの326万円に対しアルヴェルは337万円とほぼ同額 ミドルサ...

  10. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

www.baden-medservice.com

http://baden-medservice.com/lechenie-raka-v-germanii-onkologija-gematologija/lechenie-raka-kishechnika-v-germanii/

Лечение рака легких в Германии