「国産車」の記事一覧 - 2ページ目

【試乗】クルマの楽しさはパワーじゃない! BRZ STI Sportは純粋な操る喜びに浸れるモデル

路面の荒れた公道でも安定したコーナリングを披露  スポーツカーの楽しさは、パワーや速さじゃない。いや、これまでもそういう言葉は沢山聞いたし、実際にそう感じたこともあった。それでも、胸の空くような加速を見せる350馬力を超...

続きを読む...

ダイハツ・ハイゼットカーゴが一部改良! 「スマートアシストIII」をMT車にも標準化

今回の改良で軽商用車すべてにスマートアシストを搭載!  ダイハツは、軽商用車のハイゼットカーゴを一部改良し、12月10日から発売した。幅広いユーザーから愛される同車は、2017年11月のマイナーチェンジで衝突回避支援シス...

続きを読む...

【試乗】新型デリカD:5は走り激変! フルモデルチェンジを名乗らないのが不思議なほどの進化を体感

アクの強い顔つきは賛否両論だが迫力は十分  世界的に見ても希有な存在といえるミニバンSUVという個性的なコンセプトが人気の三菱デリカD:5。デビューイヤーは2006年だから、かれこれ12年も販売を続けてきているのだが、シ...

続きを読む...

SUBARUがシフォンに安全装備充実の特別仕様車「G Special Sport スマートアシスト」を設定!

ブラック系内装を採用しスポーティかつ上質な装いを実現!  SUBARU(スバル)は、シフォンに特別仕様車「G Special Sport スマートアシスト」を設定し、2018年12月10日に発表、発売した。  シフォンは...

続きを読む...

【試乗】これぞEVモンスター! 4WDがもたらす新型リーフ NISMO RCの超絶加速を体感

0-100km/h加速タイムは先代の半分以下!  日産自動車がEV(電気自動車)の本格的なレーシングカーとして「リーフ NISMO RC(以降RC)」を登場させ富士スピードウェイのドリフトコース(!)で試乗テストドライブ...

続きを読む...

ゴーン容疑者の功罪! カルロス・ゴーン氏がいなければ誕生しなかったであろう日産車5選

良くも悪くも強烈なクルマを多数誕生させた  日産の救世主であり、2018年11月、金融商品取引法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕された、カルロス・ゴーン日産自動車の前会長。  1999年に日産自動車の最高執行責任者(COO...

続きを読む...

メーカーに直撃! マツダが全車にオルガン式アクセルペダルを採用するワケ

スムースで正確な操作ができる上に疲れにくい  国産車のアクセルペダルは、吊り下げ型ペダルが主流。そんななか、マツダでは2011年のCX-5以降、オルガン式ペダルを採用している。  この少数派のオルガン式ペダルを採用してい...

続きを読む...

走りの良さを際立たせた日産R35GT-Rトラックエディションの1/43スケールモデルが登場

まさに羊の皮を被った狼仕様な1台を再現  ミニカー専門店である「モデルギャラリーHIKO7」を運営するヒコセブンは、同社のオリジナルブランド「CARNEL」の最新作として日産R35GT-Rトラックエディションを発売する。...

続きを読む...

【ニッポンの名車】4ドアハードトップブームを支えたトヨタ・カローラセレス&スプリンターマリノ

名機4A-Gを搭載してモータースポーツでも活躍  1980年代中盤に一大ムーブメントとなった、全高の低い4ドアハードトップ車。その端を発したのは1985年に登場したカリーナEDであることはもはや説明不要なほど知られた事実...

続きを読む...

第2世代GT-Rオーナーに朗報! R32に続きR33&R34も純正補修部品の再生産がスタート!

R32も再生産部品のラインアップがさらに拡大!  日産自動車とニッサン・モータースポーツ・インターナショナルとオーテックジャパンは、国内外問わず今もなお絶大な人気を誇るスカイラインGT-Rの製造廃止となった純正補修部品を...

続きを読む...

【試乗】トヨタ新型スープラがみせた操作に忠実なコーナリング! 発売までにウエット性能のアップデートに期待

86より100mm短いホイールベースがハンドリングの良さに貢献  最終型から15年以上経った現在でも、世界中に多くのファンを持ち根強い人気があるトヨタスープラ。その5世代目となる新型スープラ(A90)が、いよいよ2019...

続きを読む...

ニッポンの技術は地味にスゴイ! 意外と知らない「世界初の国産技術」と搭載車5選

今では当たり前の技術もじつは日本初!  自動車というのはグローバルな産業だから、世界規模で技術革新を進め、各メーカーしのぎを削っている。当然日本メーカーが世界に先駆けた、日本発の世界初となる技術も多い。  おなじみのとこ.…

続きを読む...

【試乗】トヨタ新型スープラはコーナリングありきのリアルスポーツ志向!

乗り込む瞬間従来のトヨタ車でないことがわかる  すでに世界各地でテスト走行風景などが目撃されスパイショットが専門誌の紙面を賑やかしているトヨタ新型スープラ。本格デビューまでのカウントダウンが始まるなか、そのプロトタイプモ…

続きを読む...

【ムービー】レクサスES公道試乗! 走りも使い勝手もデザインもまとめてチェック

ビジネスユースからファミリーまで幅広く層が満足できる  レクサスの最新セダン、ES。FFレイアウトを採用することによる、卓越した居住空間とトランクスペース、さらには洗練されたデザインなどが注目ポイントだ。加えてVersi...

続きを読む...

【試乗】トヨタ新型スープラはリアルスポーツカー! 限界域ではややトリッキーな動きも

兄弟車となるBMWのZ4とは立ち位置が異なる  兼ねてからウワサになっていたトヨタの新型スープラの姿を初めて見たのは、今年3月、ジュネーブモーターショーだ。その時はレース仕様として展示されていた。具体的プランはまだないが...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 栃木県警の日産GT-Rも真っ青! 絶対に逃げられない世界の俊足パトカー4選

    栃木県警の日産GT-Rも真っ青! 絶対に逃げられない世界の俊足パトカー4選

    最高速度325km/hというスペックを持つクルマも 先日、栃木県警に日...

  2. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  3. ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    走りと機能を追究したのに見た目で勝るライバルに負けたモデルも 1950...

  4. 見かけたら覆面の確率が高いクラウン以外のクルマ3選

    見かけたら覆面の確率が高いクラウン以外のクルマ3選

    一般車での売れ行きはあまりに少ないスズキ・キザシは鉄板だが…… もはや...

  5. 国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    埋もれるような豪雪エリアや凍結した坂道などはチェーンが有効 国土交通省...

  6. こんなもの付いてた? クルマでほとんど使われない寂しいスイッチ5選

    こんなもの付いてた? クルマでほとんど使われない寂しいスイッチ5選

    季節によって重宝する人も 長年乗りつづけている愛車でも、一度も使ったこ...

  7. 若者オーナー皆無! キング・オブ・おやじセダンTOP5

    若者オーナー皆無! キング・オブ・おやじセダンTOP5

    あえて狙っているとしか思えない究極の落ち着き感 激しく脱オヤジ(=高齢...

  8. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  9. クルマ好きがやりがちだが街中ではまったく無意味なドラテク6選

    クルマ好きがやりがちだが街中ではまったく無意味なドラテク6選

    無意味どころか街中ではマイナスでしかないドラテクも 何事もこだわる人ほ...

  10. クルマの進化や時代の流れで消えた懐かしのドラテク7選

    クルマの進化や時代の流れで消えた懐かしのドラテク7選

    昔のクルマでは重要だったが今では必要ないテクニックもある クルマやタイ...