「三菱」の記事一覧

市販車のレプリカカラーも多数出現! WRCで活躍したニッポンの平成名車5選

当時はクルマ好きの誰もが知っていたマシンたち  平成のモータースポーツシーンで印象深いのは、国産車の黄金期とも言えた90年代のWRC。チャンピオンに輝いたトヨタ、三菱、スバルだけでなく、日産、マツダ、スズキ、ダイハツなど...

続きを読む...

SUVなんてオシャレな言葉は似合わない! 悪路を走ってナンボの超硬派な国産モデル4選

乗り味は高級車並だが悪路走破性も最強のクルマ  ここ数年の間ブームが続いているSUV。もはや高級車メーカーだろうがスーパーカーメーカーだろうがSUVを無視するわけにもいかなくなり、どんどん新型SUVが誕生し続けている。し...

続きを読む...

まだまだスポーツモデルが元気だった! 平成10年の名&迷車7選

「ハチロクの再来か」と登場前から話題沸騰となったモデルが発売  5月1日に新たな元号、令和がスタートした。31年間続いた平成という時代は多くの大規模災害や長かった不景気などに見舞われ、激動の時世であったといえるだろう。 ...

続きを読む...

ホントに同じメーカーの同一車種? 初代と現行であまりに見た目が違うクルマ5選

2シーターから4ドアセダンとなったモデルも存在  名は体を表すというが、クルマの名前にはイメージが固定されがちだ。とくにロングセラーとなっているモデルではその傾向が強い。たとえば、トヨタ・クラウンは国産の高級セダンという…

続きを読む...

見た目は実用車なのにエンジンは超強烈! リアル羊の皮を被った狼な国産車5選

第二世代GT-Rが積んだ最強の名機をぶち込んだワゴンも  羊の皮を被った狼という言葉があるが、実例で見ていくといろいろなパターンがある。そのなかのひとつが、スポーツモデルのエンジンを実用車にも積んだというのがあるだろう。...

続きを読む...

「運転が下手」「自信がない」でも軽やコンパクトはイヤ……な人にオススメの運転しやすいクルマ5選

運転って難しいと感じるのはクルマのせいかもしれない  クルマに乗るたびに、「私って運転ヘタだな〜」と憂鬱になっちゃう人とか、新しいクルマに乗り換えたら急にこすったりぶつけたりが続いてガックリきちゃった、という人、いますよ…

続きを読む...

軽トップ独走中のホンダN-BOX危うし! 日産デイズ&三菱eKにあってN-BOXにないものとは

渋滞時の前走車追従機能で疲労軽減できるは大きなメリット  日産デイズ、三菱eKワゴン/eKクロスの登場で、軽自動車の概念は一変。何しろデイズは日産がイチから開発したハイトワゴンであり、軽自動車としてあり得ない!? 機能、...

続きを読む...

【試乗】ダイナミックシールドで迫力のルックス! 新型三菱eKクロスは軽らしからぬ力強い走りを披露

デリカD:5譲りの迫力あるフロントマスクに注目  三菱自動車が軽自動車eKシリーズをフルモデルチェジし試乗する機会を得られたのでレポートしよう。今回のフルモデルチェンジでeKシリーズは「eKワゴン」と「eKクロス」の2系...

続きを読む...

一時代を築いた三菱パジェロが生産終了! 集大成「FINAL EDITION」の気になる中身とは

人気オプションの電動ロングサンルーフなどを標準装備!  三菱は国内販売向けパジェロの生産を、2019年8月で終了することを発表。それに合わせて特別仕様車「FINAL EDITION」を設定し、2019年4月24日(水)よ...

続きを読む...

もはやコンパクトカーは存在意義を失う! それほど完成度の高いイマドキ軽自動車4選

新発売の2台が採用した上級車クラスの装備は圧巻  今、軽自動車が熱い。日本独自のカテゴリーとはいえ、各社が熾烈な争いを繰り広げているのだ。何しろ、2017~18年の2年連続、日本で一番売れたクルマは、軽自動車のホンダN-...

続きを読む...

売れてなくても良いものは良い! 各ジャンル1位のクルマを凌駕する中身の負け組国産車5台

販売ランキング下位に沈むも魅力は十分  クルマの販売ランキングは実際に売れている数。それは、人気はもちろん、販売施策など(値引きの拡大含む)、さまざまな要因で決まる。  しかし、販売台数が伸び悩んでいても、とくにクルマ好.…

続きを読む...

乗ればいいクルマなのに乗ってもらえない! デザイン酷評で評価されなかった残念なクルマ4選

玄人ウケはするも市場での評価はイマイチ  国産車に置いては各分野のスペシャリストが大勢集まって作られており、もはや性能的に明らかに劣るようなモデルはリリースされることはまずないと言える。その一方で、エクステリアデザインに…

続きを読む...

令和に「平成の個性派」として語られること間違いなし! 秀逸デザインの現行国産車4選

10年近く経つのになお色褪せない見た目のクルマも  クルマのデザインは千差万別。といってもなんでも自由にできるというワケではなく、法規制に則って問題がないように設計されている。そのなかでも各メーカー、車種ごとに個性を打ち...

続きを読む...

しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静岡~森掛川の約50kmの区間で試行最高速度が120km/hに引き上げられました。110km/hの試行期間を経て、交通事故の発生件数に大きな変化がなかっ...

続きを読む...

ハイブリッド大国ニッポン! 各メーカー「百花繚乱」のシステムの仕組みと特徴を解説

ホンダは車種によって別のハイブリッド方式を採用  トヨタのハイブリッドシステム(THS、のちにTHSII)は、1997年に初代プリウスが登場して以来、基本的なシステム構成は同じだ。  パラレル式とシリーズ式を組み合わせた...

続きを読む...

1 / 1512345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

    イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

    他車の隣に駐めるのは駐車がしやすいためという人も 最近、駐車場で「ほか...

  2. 【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    何度も強く当てるとクルマにストレスが溜まる スーパー、コンビニ、レスト...

  3. 違反じゃないけど周囲はイラッ!  教習所では教えてくれない駐車場で守るべきクルマのマナー4選

    違反じゃないけど周囲はイラッ!  教習所では教えてくれない駐車場で守るべきクルマのマナー4選

    周囲への意思表示が重要となる ショッピングモールの駐車場やコインパーキ...

  4. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  5. この教えは無意味? 自動車教習所で習うも実戦ではほとんど役に立たないこと5つ

    この教えは無意味? 自動車教習所で習うも実戦ではほとんど役に立たないこと5つ

    緊急回避に役立つテクも教えるべき ほとんどの人が免許を取ったときにお世...

  6. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  7. 【正しく停まらないクルマ多数】停止線の正しい停止位置とは?

    【正しく停まらないクルマ多数】停止線の正しい停止位置とは?

    道路交通法では停止線の直前で停まるとなっている 交差点などに引かれてい...

  8. 【意外と知らない】右折レーン手前のゼブラゾーンの意味

    【意外と知らない】右折レーン手前のゼブラゾーンの意味

    ゼブラゾーンを跨いで走っても違反ではない 右折レーンの手前でよく見かけ...

  9. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  10. 【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    そもそも追い越し車線を走り続けると通行帯違反で反則金6000円 何なの...

форд официальный сайт

кредит под недвижимость

депозиты в долларах