「三菱」の記事一覧

カルロス・ゴーン問題で注目されるのは日産ばかり!  三菱とルノーは果たしてどうなる?

ルノー・日産・三菱自の三社は電動化技術のトップランナー  日産自動車のカルロス・ゴーン前会長をめぐる事案は、いくつもの案件とあまたの思惑が指摘されるものであり、互いの主張も真っ向としている。現時点ではその内容を理解するこ…

続きを読む...

SUV一色! 新型デリカD:5に注目の三菱自動車ブース【東京オートサロン2019】

「Drive your Ambition」をテーマに7台を展示  1月11日~13日に幕張メッセで行なわれている東京オートサロン2019。三菱自動車は「Drive your Ambition(ドライブ・ユア・アンビション...

続きを読む...

普通車が余裕で買える! 衝撃の高額プライスの現行軽自動車トップ5

1位はじつに300万円近いプライスタグ!  軽自動車は本来、小さく、扱いやすく、安く、経済的なクルマであるはずなのだが、近年、性能や先進安全支援機能の装備などによって高騰しているのが現実だ。  ここでは、値段を知ったらぶ...

続きを読む...

デリカD:5のカスタマイズ仕様に注目! 三菱自動車が東京オートサロン2019出展概要を発表

スタイリッシュなアウトランダーやエクリプス クロスも出展  三菱自動車は、2019年1月11日(金)から13日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催される東京オートサロン2019に出展することを発表した。Drive your...

続きを読む...

売れ筋の小型SUVでも三菱4年ぶりの新型車「エクリプス クロス」が苦戦するワケ

過去の不祥事の影響が少なからず残っている  エクリプス クロスが正式発売となったのは2018年3月1日。2016年に発覚した燃費不正問題以降初となる、三菱自動車の新規投入車となったことでも話題となった。  自販連(日本自...

続きを読む...

登場当初はイロモノ扱い!?  いまや当たり前となった装備の意外な初搭載車3選

装着が義務化されるほど一般的となった機能も  自動車の技術進歩は目覚ましく、数年前では遠い未来の出来事だと思われていた自動運転ですら、公道上でのテストができるまでに至っている。もちろん実用化に行きつくまでにはまだまだ紆余…

続きを読む...

新車当時は見向きもされず……今になってジワジワ人気上昇中のモデル3選

新車価格を上まわる価格で取り引きされる個体も  どんなにメーカーが満を持して開発した車種であろうとも、市場で人気がなければ静かに消えていく運命というのが自動車のシビアなところ。鳴り物入りで登場したにもかかわらず、販売台数…

続きを読む...

三菱ミラージュ・エクリプス クロス・アウトランダーの特別仕様車「ブラックエディション」が発売

ブラックカラーのアクセントがスタイリッシュさを強調  三菱自動車は、コンパクトカーのミラージュ、クロスオーバーSUVのエクリプス クロスとアウトランダーの3車種に、ブラックのアクセントカラーを採用した特別仕様車「ブラック...

続きを読む...

【試乗】新型デリカD:5は走り激変! フルモデルチェンジを名乗らないのが不思議なほどの進化を体感

アクの強い顔つきは賛否両論だが迫力は十分  世界的に見ても希有な存在といえるミニバンSUVという個性的なコンセプトが人気の三菱デリカD:5。デビューイヤーは2006年だから、かれこれ12年も販売を続けてきているのだが、シ...

続きを読む...

【ムービー】日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019 10ベストカーインタビュー! 三菱エクリプスクロス編

三菱4年振りとなる新型車のアピールポイントとは  来たる2018年12月7日、日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019が決定する。それに先駆け、10ベストカーにノミネートされたクルマのメーカーにアピールポイントや意気...

続きを読む...

インターアライドから1/43スケール「三菱デリカ D:5 アクティブギア」が2019年2月に登場

タフなイメージをミニカーでも再現 幅広い車種をモデル化しているホビーメーカーのインターアライド。ハイストーリーシリーズの最新作として、1/43スケールの「三菱デリカ D:5 アクティブギア」が2019年2月に発売される。...

続きを読む...

1 / 1212345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  2. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  3. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  6. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  7. 暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    最初はよくても時間を追うと徐々に差が付いてくる 同じクルマ、そして同じ...

  8. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  9. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  10. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

http://profvest.com/2017/09/birja-bittrex-kak-torhovat-vyvod-sredstv-otzivi.html

продвижение сайта в интернете

profvest.com