「三菱」の記事一覧

【WCT TV】国沢光宏の気になるクルマvol.7 三菱アウトランダーPHEV編

マイナーチェンジの進化度合いをサーキットでチェック  自動車評論家の国沢光宏さんが、話題のクルマをお届けするWEB番組、「国沢光宏の気になるクルマ」。7回目は三菱のSUV、アウトランダーPHEVをサーキットで試乗しました...

続きを読む...

人気も走りもスカイラインGT-Rに負けた、三菱GTO! 勝敗を分けたものとは

重さと重量バランスがネックもランエボに繋がる重要な存在  1990年にデビューしたGTOは、スタリオン以来久しぶりに登場した三菱のスポーツカー。大胆なフェラーリ風のスタイリングが与えられ、エンジンは3リッターターボのV型...

続きを読む...

【試乗】安全装備充実で全車がサポカーに! 安心して乗れる三菱eKスペース カスタムに乗ってみた

軽自動車ながら高速移動も苦にならない快適さ 三菱自動車が1991年から主催しているキャンプイベント「スターキャンプ」が毎年盛大に行われている。アウトドアと親和性の高いクルマが豊富な同社が主催するだけあって、毎年募集定員の...

続きを読む...

【試乗】EV走行距離が伸びてコーナーまで楽しくなった新型三菱アウトランダーPHEVプロトに乗った

SUVながら走りの楽しい1台に仕立てられた!  今やクルマ好きの多くがSUVに注目していると思う。実際、直近の売れ筋を見ると、軽自動車、コンパクトカー、ミニバンという実用性の高い車種を除けば、圧倒的にSUV比率高くなりま...

続きを読む...

AT車のタコメーターは何のために付いているのか

機能という意味では必要のない装備  エンジン回転計は、変速する際にエンジン回転数を確認するためにある。したがって、運転者が自ら変速しない自動変速機(AT)のクルマでは、必要のない計器である。  エンジンは、回転数と共にト...

続きを読む...

1代限りの名車が蘇る! OttO Mobileから三菱GTOのミニカーが300台限定で発売

いま大人気のオットー・モービルの最新作は三菱の名車だ  ミニカーメーカーの京商が輸入・販売を行っているフランス製ミニカー「OttO Mobile(オットー・モービル」。最新作となる1/18スケールの三菱GTOツインターボ...

続きを読む...

三菱自動車の描く未来図を具現化! 新型エクリプス クロスのキーマンが開発時に込めた思いとは

未来に向けてのクルマづくりに込められた情熱  2017年10月の東京モーターショーで、『Drive your Ambition』という新たなブランドメッセージを発表した三菱自動車。それは、「これまで培った技術にさらなる磨...

続きを読む...

ランエボとパジェロを融合!? 三菱エクリプロス クロスを担当したデザイナーのこだわりとは

まさに三菱自動車の新時代の幕開けを告げるデザイン  三菱らしさを守りながら、三菱にしかできない新たな挑戦を──。そんな気概で臨んだ新型エクリプス クロスのデザイン開発。そこに待ち受けていたのは、予想を超えるいくつもの大き...

続きを読む...

エクリプス クロスの走りを支えるS-AWC! 三菱の走りを支えた4WDの歴史を振り返る

4WDの進化は三菱の進化でもある!  三菱独自の技術というのはいろいろとあるが、そのなかでも三菱らしいのは、やはり4WDだろう。市販車への採用のみならず、ラリーでの大活躍も4WDがあったからこそ。その進化について検証して...

続きを読む...

ランエボ譲りの4WDシステムを採用! 三菱エクリプス クロスのパフォーマンス性能に迫る

新生SUVの核となるのはダウンサイジングターボ  スポーティなスタイルで独自の個性をアピールした新型エクリプス クロス。パフォーマンスについても、そのスタイルに見合った特徴を持ち合わせている。魅力的な競合がひしめくクラス...

続きを読む...

まるでクーペのようなスタイリッシュさ! 三菱エクリプス クロスの内外装をチェック

未来的でスポーティなエクステリアデザイン  スポーティなクーペデザインとSUVらしい力強さを融合させたボディスタイリングが特徴のエクリプス クロス。前後ピラーを寝かせてキャビンを薄く見せ、アッパーボディではシャープ&エレ...

続きを読む...

【ニッポンの名車】通称「走るシーラカンス」 AMGモデルもあった三菱デボネア

AMGとコラボレーションしたモデルもあった  走るシーラカンスとまで言われたのが、三菱の初代デボネアだ。1964年に登場して、なんと1986年まで作られた長寿車で、デザインも元GMのハンス・プレッツェナーが担当したことか...

続きを読む...

三菱デリカD:5が改良! 新たにアウトドアイメージの強い特別仕様車のJASPERを設定

よりアクティブで力強いフロントマスクに改良  三菱自動車は、ミニバン「デリカD:5(ディーファイブ)」一部改良を施すとともに、昨年4月に登場した特別仕様車「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」を継続して設定し、4月...

続きを読む...

【試乗】グイグイ曲がる! 三菱エクリプスクロスのSUVらしからぬ走りに心酔

アウトランダーとは走りでも明確なキャラ分け  三菱ファンの方にとって約4年振りとなる待望の新型車は、さらなる拡大が期待できるミドル系SUV市場に投入されるエクリプス クロス。すでにアウトランダーがその市場で頑張っているが...

続きを読む...

1 / 1012345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 【100万円で狙える】女子ウケ抜群! デートで見栄をはれる中古輸入車4選

    【100万円で狙える】女子ウケ抜群! デートで見栄をはれる中古輸入車4選

    かなり新しい王道のBMWやメルセデス・ベンツも購入可能 クルマでモテる...

  2. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  3. クラウンハイブリッドもフォレスターもレギュラー! 最近ハイオク仕様のクルマが減少しているワケ

    クラウンハイブリッドもフォレスターもレギュラー! 最近ハイオク仕様のクルマが減少しているワケ

    直噴エンジンの普及によりレギュラーでもノッキングを抑えられる トヨタの...

  4. 効果がないどころか危険も! クルマ好きがやる意味のない燃費向上テクニック3選

    効果がないどころか危険も! クルマ好きがやる意味のない燃費向上テクニック3選

    危険度を増してしまう間違ったテクニックも クルマは燃料がなければ走らな...

  5. あの高級車がわずか100万円! 安さを感じさせず見栄を張れる中古国産車3選

    あの高級車がわずか100万円! 安さを感じさせず見栄を張れる中古国産車3選

    クルマとしての「格」は申し分ない もはやクルマがステータスシンボルだっ...

  6. お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    わずか一桁万円から手に入れられるクルマも! 最近はスポーツカー受難の時...

  7. 1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

    1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

    1度だけ作動させるMISTや間欠の時間を変更するダイヤルなども 本格的...

  8. 【今さら聞けない】アイドリングストップって効果あるの?

    【今さら聞けない】アイドリングストップって効果あるの?

    当然燃費には効果があるが局面によっては逆効果も エコ関連の内容というの...

  9. 「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    安全を買うと考えて安いからと純正より性能を落とさない タイヤは路面と接...

  10. 【今さら聞けない】エンジンの「DOHC」って何?

    【今さら聞けない】エンジンの「DOHC」って何?

    吸排気のバルブを別のカムシャフトで動かし高性能化を狙った DOHCとい...