「マツダ」の記事一覧

クルマ選びひとつで地獄が天国に! 夏の大渋滞さえもレジャーになるレンタカーTOP5

夏のドライブは渋滞必至! それでも楽しめる快適レンタカー  たった一度しかない、2019年の夏。思い出づくりにドライブ旅行を計画している人も多いと思いますが、夏休みが集中する期間は道路の渋滞がつきもの……。となると、運転...

続きを読む...

国産メーカーのなかで圧倒的高評価! マツダ車がカッコいいデザインを手に入れられたワケ

生産現場とも開発段階から魂動デザインへの想いを共有した  最近ではレクサスのスピンドルグリルやトヨタのキーンルック、日産のVモーショングリルなど共通のデザインを取り入れ、クラスを超えてアイデンティティを統一する動きが一般.…

続きを読む...

見つけたらタクシーマニア感涙もの! いまはほとんど見かけないタクシー専用車両5選

セダンタイプのタクシー仕様もバリエーションが豊富だった  筆者がクルマ好きとなり、クルマ関係のメディアで仕事をするようになった、その原点はタクシーである。我が家がまだマイカーを持たなかった子どものころ、祖母の家を訪れる時…

続きを読む...

走りよりも音楽と言い切ったクルマも! 「音」にこだわり抜いてつくられた国産車3選

廉価でありながら「音」にこだわったモデルを紹介!  日本の多くの家庭では、オーディオを大きめの音量で満喫することはなかなか難しい。イヤホンの普及はそうした音楽環境の反映とも言える。しかし、家庭でオーディオをしっかり聴けな…

続きを読む...

スポーツモデルとは限らない! 国産各メーカーもっともハイパワーな現行車9選

全メーカーのなかでのトップは600馬力を達成  以前は自主規制によって280馬力がマックスとなっていた国産車の馬力だが、2004年6月30日にその自主規制が撤廃になってからは280馬力を超えるモデルが数多く誕生してきた。...

続きを読む...

走り好きだけど男子にドン引きされるの嫌……な女子必見! 走れて女子力もキープできるクルマ5選

クルマが彼氏状態にならないようなモデルを選ぶ  ジメジメとして陰鬱な天気が続くと、思いっきり高速をぶっ飛ばしてスカッとしたい! どこかキレイな景色を見に行きたい! なんて思うものですよね~。これは走り好き女子だって同じで…

続きを読む...

上質感のアップとともに車名も変更! デミオ改めMAZDA2の予約受注をスタート

人馬一体をさらに追求! 質感を高めた新デザインも採用した  マツダは7月18日、5ドアハッチバック「デミオ」を「MAZDA2」に車名変更するとともに、新たなデザインと技術を取り入れた新モデルとして発表し、予約受注を開始し...

続きを読む...

首都高最速と言われる最強マシンもランクイン! 走りのいい営業車トップ3

営業車だって走りがいいに越したことはない!  営業車、というと一昔前は4ナンバーのライトバンか軽ボンネットバンが当たり前だった。  しかし、気づけばライトバンよりもアクアやプリウスといったハイブリッド車が営業車として使わ...

続きを読む...

輸入車もチラホラ見かけるが何でもOK? 意外と知らない「教習車」に使える条件とは

サイズや乗車定員に規定があり軽やコンパクトカーはNG  免許をもっている方なら、ほぼ全員がお世話になった教習車。以前はマツダのカペラあたりが多かったが、最近ではバリエーションが増えてきている。  ただ、今でもマツダは強く...

続きを読む...

MAZDA3に続きアテンザも「MAZDA6」に車名変更! 一部改良して予約受注を開始

ガソリンターボエンジン搭載の新グレードも登場!  マツダは2019年7月4日(木)、フラッグシップモデル「マツダ アテンザ」を「MAZDA6」に車名変更し、予約受注を開始した。発売は2019年8月1日(木)から。  MA...

続きを読む...

マツダの軽に初採用の安全装備も! スクラムバン&ワゴンが一部改良

夜間歩行者検知機能やオートライト機能などを追加  マツダは2019年7月4日(木)、広い荷室と使いやすさを追求した軽商用車「スクラムバン」と軽乗用車「スクラムワゴン」を一部改良して発売した。  今回の改良では、先進の予防...

続きを読む...

時代の流れかハデさはないが秀作ぞろい! 平成15年生まれのクルマ6選

先代モデルのネガを潰した秀逸作が多数誕生  5月1日から新しい元号「令和」がスタートし、31年の長きに渡って続いた平成の元号が終わった。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災とい...

続きを読む...

なんというお得っぷり! エコカー顔負けの燃費をもつスポーティモデル4選

燃費も走りもどっちも譲れない! というわがままな人にオススメ  燃費性能で言えばハイブリッドに叶わないものの、スポーティな走りを楽しみながらも比較的燃費のよいスポーティなモデルを集めてみた。なお、燃費の数値は公平を期すた…

続きを読む...

20年前のクルマなのに新車時の2倍も! 限定車でもないのに価格高騰の国産中古車4選

中古スポーツなのに振り回すことに気が引けるモデルも  一般的に自動車というものは購入時が高く、年数が経過するごとにその価値が目減りして価格も下がっていくものだ。もちろん、走行距離などによってもその下がり幅に違いはあるもの…

続きを読む...

現存台数は減る一方で儲かりそうにない! それでもメーカーが旧型車の復刻パーツ生産に力を入れるワケ

いま多くの車種の絶版パーツが復刻されている  最近、自動車メーカーが自社の過去の車両の部品を復刻生産するケースが増えてきている。メーカー主導でユーザーの車両まるごとレストアを実施するという前代未聞のサービスを開始したマツ…

続きを読む...

1 / 2212345...1020...最後 »

ウィークリーランキング

семена конопли киев купить

Примоболан

massage mobile