「マツダ」の記事一覧

ガチの悪路は走らない! そんな人にメリットの大きいクロスオーバーSUV5台とその中身

立体駐車場へ入庫できるかがポイントのひとつに  世界的にブレークしているクロスオーバーSUVには興味津々ながら、本格SUVまでは必要なし。扱いやすくて燃費も良く、比較的手ごろな価格のクロスオーバーモデルはないものか? 今...

続きを読む...

ブーステーマは「マツダの新時代」いち早く新型アクセラに触れられるチャンス!【東京オートサロン2019】

マツダ3のセダン・ハッチバックを展示!  2019年1月11日から行われている東京オートサロン2019。マツダブースのテーマはずばり「マツダの新時代」。それにふさわしく、先日北米LAショーで発表されたばかりのマツダ3、日...

続きを読む...

インサイトやR35GT-R! 地方に激レアのご当地パトカーが存在するワケ

パトカーには国費購入と県費購入のものの2種類が存在する  白黒パンダカラーといえばAE86トレノ……と思い浮かべる「頭文字D」ファンもいるかもしれないが、やはり多くのドライバーにとって白黒2トーンといえばパトロールカー(...

続きを読む...

偉大すぎる初代! 他メーカーにまで影響を及ぼした衝撃の国産車3選

海外メーカーまでもがコンセプトを真似たクルマも  現在も多くの車種がリリースされている自動車業界。そんな多くの車種も開発の際、多少なりとも他車の影響を受けたというモデルは少なくないハズだ。そんななかでも、今回はとくに多く…

続きを読む...

まだ間に合う! これから価格高騰が予想される中古国産スポーツモデル4選

90年代スポーツカーの高騰が続くなかまだ買いやすいモデルは存在  旧車、そしてネオヒストリックの高騰が叫ばれて久しいが、まだ値上がりしていないクルマはある。ひと儲けなんていう邪心は別としても、それゆえ、持っている人は大切...

続きを読む...

いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

280馬力勢に憧れを抱く人が多数  欲しいクルマはあるにしても、最近ではクルマに憧れをもつというのも減ってきたように思う。買えなくても見ているだけでいい、いつかはお金を貯めて買えたらいいなぁ、などの夢ではなく、現実的にな...

続きを読む...

話題の新型マツダ3もカスタム仕様が登場! マツダが東京オートサロン2019出展概要を発表

マツダ3開発スタッフのトークショーなども開催される  マツダは、1月11日(金)〜13日(日)まで千葉県・幕張メッセで開催される東京オートサロン2019にブース出展することを発表した。「Be a driver. 〜マツダ...

続きを読む...

SUV風スタイルがアクティブさを演出! マツダ・フレアワゴン タフスタイルが登場

安全性も高めてますます魅力的に進化  マツダは、広々とした室内空間と使いやすさ、そして燃費の高さで人気のマツダ フレアワゴンに新しいバリエーションモデル「タフスタイル」を追加。加えてフレアワゴンの一部改良を実施し発売した.…

続きを読む...

【ムービー】セダンとハッチバックで部品の共用化はほぼなし! 新型マツダ3のチーフデザイナーにインタビュー

セダンとハッチバックで異なるユーザー層に向けたデザインを追求  先日、LAショーで世界初披露された新型マツダ3。新世代のマツダデザインとなり、よりスタイリッシュなエクステリアが与えられている。しかも、ほとんどの部品が共用...

続きを読む...

【ムービー】ついに登場した新型マツダ3! 直撃インタビューで開発主査が魅力を語る!!

アクセラの名はもう使わないかもしれない!?  ついにLAショーで姿を現した、新型マツダ3。先代よりもスタイリッシュに仕立てられたデザインは、海外メディアからも好評のようだ。話題のパワートレイン「スカイアクティブX」も搭載...

続きを読む...

サポカーSワイドに該当! マツダ・キャロルが一部改良で安全装備を充実

安全性を高めてますます魅力アップ  マツダは、シンプルながらスタイリシュなデザインを採用する軽自動車「キャロル」を一部改良した。  今回の改良では、昼間の歩行者検知機能を追加した衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレ.…

続きを読む...

【動画あり】話題の新車で匠の技を巡る! 第1回 山形・天童の将棋の駒×マツダアテンザ

800kmを走破しても疲れ知らずの軽快なドライブフィール  僕の名前はソーラー山口。編集部がつけてくれたペンネームだ。これまで農業やバイク屋などをやってきたが、現在は田舎の土地を利用して個人でソーラー事業を展開している。...

続きを読む...

1 / 1612345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  3. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  6. 暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    最初はよくても時間を追うと徐々に差が付いてくる 同じクルマ、そして同じ...

  7. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  8. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  9. ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ノアヴォクの326万円に対しアルヴェルは337万円とほぼ同額 ミドルサ...

  10. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

unicat.nlb.by

blog.i.ua

zakon.rada.gov.ua