「ホンダ」の記事一覧

懐かしのスタイリングに変身できるS660のカスタマイズキットがホンダアクセスより登場

中古車をベースにコンプリートカーとして販売  ホンダの純正アクセサリー用品などを手がけるホンダアクセスは、軽自動車のライトウエイトオープン2シーターのS660をベースにしたカスタマイズキット「S660 Neo Class...

続きを読む...

N-BOXじゃなくて大丈夫? 人気のホンダN-VANを勢いで買わないほうがいい人とは

複数人で移動するならN-BOXを選ぶべき  軽バンとしては異例と言える、1万4000台もの初期受注台数を記録し(2018年8月20日現在)、軽自動車にまた新たな流れを作り出しているホンダのN-VAN。商用がメインユーザー...

続きを読む...

ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

走りも使い勝手も期待値の一歩上を行く完成度  2017年のフルモデルチェンジから約一年を経ても、ホンダN-BOXの勢いはとどまることをしらない。いまや登録車も含めた新車販売においてトップであることはニュースにもならないほ...

続きを読む...

復活から2年! ホンダNSXの改良モデル登場に先駆けて特設ホームページ公開

よりドライバーの意思通りに操れるスーパースポーツへ変身  ハイブリッドシステムを搭載して復活したホンダNSX。その改良モデルが登場するとホンダは発表し、特設ホームページにて先行公開した。  高効率・高出力の3モーターハイ...

続きを読む...

【動画あり】市街地走行だけならEV並み! ホンダ・クラリティPHEV公道試乗記

静かに走れるクルマだけにロードノイズが少し気になる……  クラリティPHEVは、EV(モーターのみの)走行を存分に味わうことができるプラグインハイブリッド車であり、そこに感動した。PHVは、あらかじめ自宅などで充電してお...

続きを読む...

【ムービー】もはやEVのように使える! ホンダ・クラリティPHEVに特設ワインディングコースで乗った!

まるでEVのように走れるパフォーマンスを堪能!  水素で走るクルマとして誕生した、ホンダ・クラリティフューエルセル。その第2弾として、プラグインハイブリッドモデルが登場した。  発売前に行われたメディア向け試乗会にて、特...

続きを読む...

【試乗】クルマ全体の動き質感がグレードアップ! ホンダS600 モデューロXの凄さ

空力効果も手伝って安定した走りを披露! すでにモデューロXを体験したユーザーの大半が認識しているとおり、モデューロの思想によるカスタマイズパーツで構成されたコンプリートカー「モデューロX」の完成度は、標準モデルを凌ぐモデ...

続きを読む...

【試乗】ホンダN-VANは遊びに使うなら最高の相棒! 軽1BOXを圧倒する走りも魅力

複数人での乗用メインで使うなら買う前に乗り味を要チェック  N-VANについては最初に確認しておくべきことがある。当たり前のことながら荷物を運ぶための「働くクルマ」であり、基本的にドライバー1人の居住性と安全性しか想定し...

続きを読む...

モデューロXに続くホンダのコンプリートカー第2弾「モデューロスタイル」が登場! まずはフィットから

高級感を高めた上質な内外装に注目  ホンダは、モデューロXに続く新たなコンプリートカーブランド「モデューロ・スタイル」をスタート。第1弾はフィットに設定し、7/27より発売を開始した。  モデューロ・スタイルはデザインに...

続きを読む...

20代女子はなぜ二人旅にHonda VEZELを選んだのか?

ホンダセンシングの安心サポートが女子にはピッタリ  東京都内のオフィスで「あー、癒されたい」と口グセのようにつぶやくCARトップ編集部の20代女子ふたり。普通の女子なら都内のエステにでも行くところ。でもクルマが何より好き...

続きを読む...

【試乗】走りの完成度高し! ホンダ クラリティPHEV唯一の弱点は価格のみ

EVモードで約100km走行できる足の長さがいい  まずは燃料電池自動車(FCV)のクラリティ フューエルセルとしてデビューしたホンダ クラリティに、新たなラインアップが加わった。2つ目のパワートレインとしてプラグインハ...

続きを読む...

ホンダセンシングを全タイプに標準装備! ドライバー思いの商用車「ホンダN-VAN」が登場

さまざまな職種の現場の声を反映した意欲作 ティザーサイトの公開から約1カ月、ついにホンダの新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」が7月12日に発表された。価格は税込み126万7920円から。気になる車両の詳細をお届けしよう...

続きを読む...

全身ブラックでコーディネイトした特別仕様車「ホンダN-BOXスラッシュ・インディロックスタイル」発売

ブラックパーツを随所にあしらってクールに仕立てた  ホンダは、個性的なデザインで好評の軽自動車「N-BOX SLASH(エヌボックススラッシュ)」のタイプG・Lをベースに、ブラックカラーで統一したクールでお洒落な特別仕様...

続きを読む...

1 / 2612345...1020...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 日産の2大電動車「ノートe-POWER」と「リーフ」5年乗ったらどっちがお得か計算してみた

    日産の2大電動車「ノートe-POWER」と「リーフ」5年乗ったらどっちがお得か計算してみた

    今回の比較車両の場合単純な車両本体価格の差は131万円だが…… 日産の...

  2. こんな凄いクルマが今なら普通に買える! この先名車になること間違いなしの国産車5選

    こんな凄いクルマが今なら普通に買える! この先名車になること間違いなしの国産車5選

    今ならまだ購入しやすいので置き場所があるなら買い! 名車と呼ばれるクル...

  3. お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    わずか一桁万円から手に入れられるクルマも! 最近はスポーツカー受難の時...

  4. 「チョイ乗り」が多いとクルマを傷めるというのは本当か?

    「チョイ乗り」が多いとクルマを傷めるというのは本当か?

    とくにエンジンには負担が大きくなる クルマに乗っていると「チョイ乗り(...

  5. 「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    安全を買うと考えて安いからと純正より性能を落とさない タイヤは路面と接...

  6. クルマが古く見える原因! くすんだヘッドライトカバーの透明度を復活させる方法とは

    クルマが古く見える原因! くすんだヘッドライトカバーの透明度を復活させる方法とは

    プロに頼むのが一番だが、虫除けスプレーを使う裏技も! 樹脂製のヘッドラ...

  7. MTやV6エンジンは今後乗れない? 近い将来消えゆく可能性のあるクルマの技術6選

    MTやV6エンジンは今後乗れない? 近い将来消えゆく可能性のあるクルマの技術6選

    電動化と自動運転化がクルマの常識を変える! エンジンを積んで、トランス...

  8. 【意外と知らない】今ドキの新車に「ならし」は不要なのか?

    【意外と知らない】今ドキの新車に「ならし」は不要なのか?

    機械モノである以上やらないよりやったほうがいい その昔、新車を買ったと...

  9. 1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

    1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

    1度だけ作動させるMISTや間欠の時間を変更するダイヤルなども 本格的...

  10. イケてるオヤジはコレに乗れ! 100万円で買えるチョイ悪が似合う中古輸入車3選

    イケてるオヤジはコレに乗れ! 100万円で買えるチョイ悪が似合う中古輸入車3選

    総額100万円でイケてる輸入車 ちょっと悪そうな雰囲気がカッコいいとさ...