「国産車」の記事一覧

即完売すること必至! 京商samuraiシリーズの最新作「新型トヨタ・センチュリー」が4月26日に発売

1/18スケールでも存在感はバツグン  さまざまな魅力あふれるアイテムをラインアップする京商。同社の人気モデルカーシリーズ「samurai」シリーズの最新作として、新型トヨタ・センチュリーが4月26日(金)に発売される。...

続きを読む...

カローラひと筋30年のマニアライターが選出する歴代カローラTOP5!

時代に翻弄されつつもカローラらしさを体現したモデルを選出  今年カローラセダン(アクシオ)とステーションワゴン(フィールダー)がフルモデルチェンジを実施し、国内では12代目が登場する予定となっている。1966年に初代が登...

続きを読む...

ハイブリッド王国だったトヨタがようやくEV市場本格参入を発表! なぜ今なのか?

トヨタはHVのノウハウを期間限定で無償提供すると発表  ハイブリッドカーの量産を1997年にはじめたトヨタは、いまどきの言い方をすれば「電動車両のトップランナー」であり続けている。欧州では電動化トレンドが盛んといっても、...

続きを読む...

もはやコンパクトカーは存在意義を失う! それほど完成度の高いイマドキ軽自動車4選

新発売の2台が採用した上級車クラスの装備は圧巻  今、軽自動車が熱い。日本独自のカテゴリーとはいえ、各社が熾烈な争いを繰り広げているのだ。何しろ、2017~18年の2年連続、日本で一番売れたクルマは、軽自動車のホンダN-...

続きを読む...

新型トヨタRAV4と新開発4WDの世界観を表現したウェブムービーとテレビCMが公開

E-Fourの恩恵でベートーヴェン交響曲第9番を奏でることに成功  トヨタ自動車は、新型RAV4の発売に合わせて「タフでラフに使えるSUV」の世界観を伝えるウェブムービーとテレビCMを公開した。  ウェブムービーでは「世...

続きを読む...

ハイブリッドは走りでエンジン車には勝てないと言い切るレーシングドライバーを納得させたHV3台とは

もっとも走りの良いハイブリッドはトヨタ車 ガソリンエンジンにプラスして電気モーターやバッテリーを搭載するHV(ハイブリッド)車は車両重量が増して運動性能面では不利という話をしたばかりだが、それでも時代はHVを求めており多...

続きを読む...

日産GT-Rの2020年モデルは何が進化した? NYで開発のキーマンを直撃インタビュー!

NISMOはパワーではなくバランスを求めた  ニューヨークショー2019の前夜祭で世界初公開されたGT-R2020モデル。ほぼ同時刻で日本でもお披露目されたが、Quanaodepでは独占でGT-Rのキーマンである田村宏...

続きを読む...

日産がドル箱のコンパクト&ミニバン市場で巨人トヨタに勝てるワケ

一番の要因はe-POWERの追加だ  日産自動車は2018年の年間販売台数において、日本自動車販売連合会の統計によると、日産ノートが13万6324台で乗用車ブランド通称名別順位の1位となった。また、ミニバンの日産セレナも...

続きを読む...

レーダーブレーキサポートII搭載! スズキSX4 S-CROSSが一部改良で安全装備を充実

オーディオもグレードアップで快適なドライブを実現  スズキはクロスオーバーモデル「SX4 S-CROSS」の仕様を一部変更し、衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備を追加して発売した。  SX4 S-CROSSはハンガリーに...

続きを読む...

あおり運転被害にも有効! これからの高齢ドライバー必須の「つながる国産実用車」4選

事故の際に救急や消防への連絡を行ってくれる機能も  クルマの未来感を強く感じさせる機能のひとつが、専用通信機を搭載したコネクティッドカーと呼ばれるクルマに装備される、ナビに連動したオペレーターサービス&ヘルプネッ...

続きを読む...

スバル・レヴォーグだけがナゼ売れる? 人気薄のステーションワゴン市場で気を吐く理由

大ヒット車レガシィ・ツーリングワゴンのDNAを受け継ぐ  日本車のステーションワゴン市場は縮小してすでに久しい。トヨタ・カローラフィールダーやホンダ・シャトルなど、小型の実用タイプのワゴンは比較的堅調な販売を記録している...

続きを読む...

乗ればいいクルマなのに乗ってもらえない! デザイン酷評で評価されなかった残念なクルマ4選

玄人ウケはするも市場での評価はイマイチ  国産車に置いては各分野のスペシャリストが大勢集まって作られており、もはや性能的に明らかに劣るようなモデルはリリースされることはまずないと言える。その一方で、エクステリアデザインに…

続きを読む...

1 / 16012345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    そもそも追い越し車線を走り続けると通行帯違反で反則金6000円 何なの...

  2. サンデードライバーに多し! 知らずに周囲へ迷惑をかけてしまうNG運転8選

    サンデードライバーに多し! 知らずに周囲へ迷惑をかけてしまうNG運転8選

    道交法を守っていればいいというわけではない! 年末年始の帰省の時期は、...

  3. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  4. 意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    パーツの交換やアイテム装着などは確認してから実効 ベタベタの車高やはみ...

  5. 【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    間違いなく高いオイルを入れたほうがいい メンテナンスフリー化やブラック...

  6. 【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    オープンカーもデートに向かないクルマだった! 「次のデート何したい?」...

  7. 前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    街中で見かけないほど売れていないクルマも マイナーチェンジってのは、な...

  8. 【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    初代プリウスやインサイトは13年超でも重課なし! 今年も自動車税の通知...

  9. スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    現在考えれば重要なモデルもあるが当時は受け入れられず! スバルファンで...

  10. 【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    ステアリングはダイレクトだがピーキーさはない STIと聞けば、スバルフ...

купить анаболики украина

Метан

Купить Авана 50