「ボルボ」の記事一覧

ボルボ史上もっとも低価格なPHEVが誕生! プレミアムステーションワゴン「V60」が一部改良

リチウムイオンバッテリーを強化しEV航続距離を延長!  ボルボ・カー・ジャパンは6月11日、プレミアム・ミッドサイズ・ステーションワゴン「V60」を一部仕様変更。またプラグインハイブリッド(PHEV)モデルであるV60の...

続きを読む...

安全神話だけじゃない? 世界的に見れば小メーカーのボルボが日本で伸びる理由とは

2年連続で日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞  ボルボは近年、ボルボ史上最上のクルマをリリースし続けている。そのきっかけとなったのが、新世代ボルボ第一弾として、日本に2016年1月に上陸したXC90である。なにしろ1兆30...

続きを読む...

1000万円以下でもこの快適さ! 超VIP気分が味わえる後席をもつクルマ4選

ミニバンの王者は後席もスゴイ!  1000万円オーバーの超高級車でなくても後席でVIP感覚を味わえるクルマ、そんな観点で選んだのが以下の4車。社用車としてだけでなく、後席に家族や友人を招き入れるのに最高の、ファミリーカー...

続きを読む...

ユーティリティ性を高めたボルボV40の限定車「R-Design Final Edition」が50台限定で発売

ファミリー層にも嬉しい装備を採用!  ボルボ・カー・ジャパンは、プレミアム・ショートワゴンV40の特別仕様車「V40 T5 R-Design Final Edition」を50台限定で発売した。希望小売価格は469万円(...

続きを読む...

ボルボXC60が仕様変更で安全装備充実&価格を一部改定

R-Designは内外装も一部変更される  ボルボ・カー・ジャパンは、プレミアムミッドサイズSUV「XC60」の一部仕様変更と価格改定を行った。  今回の一部仕様変更は、先進安全装備の充実がメイン。CTA(クロス・トラフ...

続きを読む...

往年のボルボを手がけるクラシックガレージが歴代名車8台をオートモビルカウンシル2019に展示!

展示されるなかには購入できる名車も!  ボルボ・カー・ジャパンのクラシックボルボのレストアを行っている「KLASSISK GARAGE」が、4月5日(金)〜7日(日)まで3日間、千葉県・幕張メッセで開催されるオートモビル...

続きを読む...

安全第一のボルボが180km/hリミッターを世界的に採用! 速度引き下げは効果があるのか?

じつは欧米の制限速度も日本と大きく変わらない  2019年3月に入ってすぐ、ボルボカーズが衝撃的かつチャレンジングな発表をした。それは「2020年、ボルボの新車に対してグローバルに180km/hの速度リミッターを装備する...

続きを読む...

遊び疲れて家族は爆睡……な帰りの辛さを軽減! ドライバーの味方「運転支援」が秀逸なSUV4選

ドライバーを常に見守ってくれるクルマも登場  日常生活での便利さだけでなく、休日には思いっきりレジャーを楽しみたいと思わせてくれるのが、まだまだ世界的に大人気のSUVたちです。本格的なクロカンタイプではない、都会派のSU...

続きを読む...

もうここで暮らしたい……と降りたくなくなるほど超快適シートを持つクルマ5選

ずっと座っていたくなるような高性能マッサージ機能搭載車も  長距離、長時間の運転で疲れないクルマ……それは第一に基本性能、そして快適装備の充実度にある。とくに運転席(&助手席)マッサージ機能は、経験上、むしろ、ず...

続きを読む...

もっともパワフルなディーゼルエンジンを搭載したボルボXC90 D5を日本導入

最大トルクは2リッター直4ながら480N・mを誇る!  ボルボ・カー・ジャパンは、大型SUVのXC90にもっともパワフルな2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した「D5」を追加した。なお、日本市場に初めて導入され...

続きを読む...

待望のオフロード仕立てがいよいよ登場! ボルボ・V60クロスカントリー受注開始

先進安全・運転支援装備はもちろん標準装備!  ボルボ・カー・ジャパンは、V60をベースにした「V60クロスカントリー」の受注を開始した。ベースモデルに対し、最低地上高を65mmアップさせた210mmに設定。クロスカントリ...

続きを読む...

ボルボ90シリーズの先進安全・運転支援機能を最新仕様にアップデート可能なソフトウェアを販売開始

費用も約1万円とお財布に優しい!  ボルボ・カー・ジャパンは、2016年〜2018年式の90シリーズ(S90/V90/V90 Cross Country/XC90)各車向けに、先進安全・運転支援技術の最新機能を追加できる...

続きを読む...

ホントに使えるクルマはどれだ? 流行りの3列シートSUV最新車5台のマルとバツ

フル乗車すると動力性能的に不足が生じるクルマも  世界的なSUVブームのなか、SUVの3列シート車が続々と登場している。日本車ではホンダCR-V、マツダCX-8、レクサスRX450hL、日産エクストレイル、三菱アウトラン...

続きを読む...

今どきはただ座るだけじゃない! 衝撃を受けたクルマの高機能シートの世界

ドライバーの疲労の軽減にもっとも貢献するのがシート性能  年々進化するクルマの装備。運転支援系のデバイスや、コネクティッド機能を備えたITカーナビなどに注目が集まるが、ドライバーの身を預けるシートの高機能化や高性能化も著...

続きを読む...

【試乗】V90クロスカントリーで1000km走破! ロングドライブで見えたボルボの実力

大きなボディを感じさせない走りに驚いた  CARトップ読者のなかには「マリオはSUBARU基準でしか評価できないのでは?」と疑念を抱く人もいるかも知れないが、どうか安心してほしい。連載の1000kmツーリング企画のレギュ...

続きを読む...

1 / 512345

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  3. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  4. しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静...

  5. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  6. ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    国土交通省によれば例外はなく同じ騒音規制を適用 フェラーリやランボルギ...

  7. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  8. ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    扱いづらい特性でも急激な加速は魅力だった  排気ガスの勢いでタービンを...

  9. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  10. 50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    衝突回避・被害軽減ブレーキを含むセーフティ センスPを標準化 トヨタは...

www.profvest.com

http://profvest.com/

profvest.com/