「ボルボ」の記事一覧

遊び疲れて家族は爆睡……な帰りの辛さを軽減! ドライバーの味方「運転支援」が秀逸なSUV4選

ドライバーを常に見守ってくれるクルマも登場  日常生活での便利さだけでなく、休日には思いっきりレジャーを楽しみたいと思わせてくれるのが、まだまだ世界的に大人気のSUVたちです。本格的なクロカンタイプではない、都会派のSU...

続きを読む...

もうここで暮らしたい……と降りたくなくなるほど超快適シートを持つクルマ5選

ずっと座っていたくなるような高性能マッサージ機能搭載車も  長距離、長時間の運転で疲れないクルマ……それは第一に基本性能、そして快適装備の充実度にある。とくに運転席(&助手席)マッサージ機能は、経験上、むしろ、ず...

続きを読む...

もっともパワフルなディーゼルエンジンを搭載したボルボXC90 D5を日本導入

最大トルクは2リッター直4ながら480N・mを誇る!  ボルボ・カー・ジャパンは、大型SUVのXC90にもっともパワフルな2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した「D5」を追加した。なお、日本市場に初めて導入され...

続きを読む...

待望のオフロード仕立てがいよいよ登場! ボルボ・V60クロスカントリー受注開始

先進安全・運転支援装備はもちろん標準装備!  ボルボ・カー・ジャパンは、V60をベースにした「V60クロスカントリー」の受注を開始した。ベースモデルに対し、最低地上高を65mmアップさせた210mmに設定。クロスカントリ...

続きを読む...

ボルボ90シリーズの先進安全・運転支援機能を最新仕様にアップデート可能なソフトウェアを販売開始

費用も約1万円とお財布に優しい!  ボルボ・カー・ジャパンは、2016年〜2018年式の90シリーズ(S90/V90/V90 Cross Country/XC90)各車向けに、先進安全・運転支援技術の最新機能を追加できる...

続きを読む...

ホントに使えるクルマはどれだ? 流行りの3列シートSUV最新車5台のマルとバツ

フル乗車すると動力性能的に不足が生じるクルマも  世界的なSUVブームのなか、SUVの3列シート車が続々と登場している。日本車ではホンダCR-V、マツダCX-8、レクサスRX450hL、日産エクストレイル、三菱アウトラン...

続きを読む...

今どきはただ座るだけじゃない! 衝撃を受けたクルマの高機能シートの世界

ドライバーの疲労の軽減にもっとも貢献するのがシート性能  年々進化するクルマの装備。運転支援系のデバイスや、コネクティッド機能を備えたITカーナビなどに注目が集まるが、ドライバーの身を預けるシートの高機能化や高性能化も著...

続きを読む...

【試乗】V90クロスカントリーで1000km走破! ロングドライブで見えたボルボの実力

大きなボディを感じさせない走りに驚いた  CARトップ読者のなかには「マリオはSUBARU基準でしか評価できないのでは?」と疑念を抱く人もいるかも知れないが、どうか安心してほしい。連載の1000kmツーリング企画のレギュ...

続きを読む...

国産車の優位は失われた!? 高い収納力と実用性をもつ使い勝手バツグンの輸入車3選

日本車のお家芸ともいえる技アリ収納も増えてきた  収納やシートアレンジなど、「お・も・て・な・し」の心で使い勝手の良さを世界でリードしてきた日本車だが、最近では一部の輸入車において、日本車も真っ青な実質的な使い勝手、収納…

続きを読む...

【ムービー】ボルボXC40が日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞! ボルボ社長に直撃インタビュー

ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長を直撃!  2017年11月1日から2018年10月31日までに日本で発表・発売されたクルマを対象に、選考委員の投票によって代表車1台を決める、日本カー・オブ・ザ・イヤー。その開票が行...

続きを読む...

女心を鷲づかみ! 女子が選ぶ2018年登場の新型車「魅力度ランキング」TOP5

運転のしやすさや内装デザインまで総合的に評価  2018年はSUVの新型車が豊作だった反面、新型車全体の登場台数としては約30車種ほどと、ちょっと寂しい1年となってしまいました。でもその分、1台1台の完成度はとても高く、...

続きを読む...

実用度を高めたボルボV40/V40クロスカントリーの特別仕様車2モデルが発売

実用度も高めた魅力的な仕様に仕立てた  ボルボ・カー・ジャパンは、V40とV40クロスカントリーにふたつの特別仕様車を設定し、発売を開始した。  スウェーデン語で“ありがとう”を意味する「Tack Edition」は、V...

続きを読む...

輸入車はベンツ・BMW・アウディだけじゃない! 意識高い系に選んで欲しいドイツ車以外の欧州車4選

見た目だけじゃなく運動性も高いモデルが続々登場!  日本における輸入車はこれまで“ドイツ車一強”だった。しかし最近、その様相が大きく変化し始めている。スウェーデン、イタリア、フランスのクルマに、アンチドイツ車向け……とは...

続きを読む...

【ムービー】日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019 10ベストカーインタビュー! ボルボXC40編

昨年に引き続き2年連続の大賞となるか!?  まもなく日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019のイヤーカー(大賞受賞車)が決定する。これは2017年11月1日から2018年10月31日までに日本国内で発表・発売されたク...

続きを読む...

2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカー候補となる10台が決定!

今年1番のクルマに輝くのはどれか?  今年で39回目となる日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)は、イヤーカーとなる(その年に一番象徴的な)クルマを決めるため27台の新車を選出。その中から実行委員会は11月7日(水)に、...

続きを読む...

1 / 41234

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  3. 巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    クセが強すぎて1代で終わってしまったクルマも存在 クルマの系譜というの...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    走りや安全性の追求が車両価格を上げる 最近、よく耳にするのが、「最近の...

  6. 価格高騰へのカウントダウンが始まった!  いま買わないと後悔必至の昭和の名車4選

    価格高騰へのカウントダウンが始まった!  いま買わないと後悔必至の昭和の名車4選

    今後どんどん価格上昇すると見込まれるモデル 今年の4月30日をもって幕...

  7. この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    椅子はあるけれど日常的に座ることは厳しい! ミニバンだけでなく、最近は...

  8. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  9. 普通車が余裕で買える! 衝撃の高額プライスの現行軽自動車トップ5

    普通車が余裕で買える! 衝撃の高額プライスの現行軽自動車トップ5

    1位はじつに300万円近いプライスタグ! 軽自動車は本来、小さく、扱い...

  10. いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

    いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

    見た目はもちろん運動性能の面でメリットは大きい 最近は純正装着でも17...

www.profvest.com

http://profvest.com/

profvest.com/