「ルノー」の記事一覧

カルロス・ゴーン問題で注目されるのは日産ばかり!  三菱とルノーは果たしてどうなる?

ルノー・日産・三菱自の三社は電動化技術のトップランナー  日産自動車のカルロス・ゴーン前会長をめぐる事案は、いくつもの案件とあまたの思惑が指摘されるものであり、互いの主張も真っ向としている。現時点ではその内容を理解するこ…

続きを読む...

販売台数でルノーを上まわる日産! それでも提携を続ける意味とは?

アライアンスにカルロス・ゴーンという個人は関係ない  本稿執筆時点で、日産前CEO、カルロス・ゴーン容疑者は東京拘置所に拘留されており、一連の事案について、未だに解明されていない。こうした状況で、日産の今後を考察するのは...

続きを読む...

ルノーブースではまもなく導入のメガーヌR.S. MTモデルを先行公開【東京オートサロン2019】

ファン待望のメガーヌR.S. MTモデルは2月発表予定!  2019年1月11日に開幕した、東日本最大級のカスタマイズカーイベント、東京オートサロン2019。来場したら必ず訪れてほしいのが、西館にあるルノーブースだ。  ...

続きを読む...

【試乗】100台限定のルノー・ルーテシアR.S.! アクラポヴィッチマフラーの感触をサーキットで体感

レースシーンで成功を収めたアクラポビッチのエキゾーストを装着  ホットハッチのコンパクトスポーツとして注目されているルノー・ルーテシアR.S.トロフィーに「アクラポヴィッチ仕様」の限定モデルが追加された。アクラポヴィッチ...

続きを読む...

国産車の優位は失われた!? 高い収納力と実用性をもつ使い勝手バツグンの輸入車3選

日本車のお家芸ともいえる技アリ収納も増えてきた  収納やシートアレンジなど、「お・も・て・な・し」の心で使い勝手の良さを世界でリードしてきた日本車だが、最近では一部の輸入車において、日本車も真っ青な実質的な使い勝手、収納…

続きを読む...

【ムービー】超絶進化を体感! ルノー・メガーヌR.S.の強烈な旋回性能を試した

FFらしからぬ軽快なコーナリングを可能にする!  早速手に入れたユーザーを対象に、新型ルノー・メガーヌR.S.の実力を存分に味わってもらうことを目的としたイベント「新型メガーヌR.S.ドライビングアカデミー」が開催された...

続きを読む...

ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラーの限定車をイメージしたオシャレなニットが12名に当たる!

ひとつだけ白くなったロサンジュがオシャレ!  ルノー・ジャポンは、メガーヌ スポーツ・ツアラーの限定車発売に合わせて、ファッションブランド「エディフィス」とコラボレーションしたスペシャルパターンニットのプレゼントキャンペ...

続きを読む...

あまりに地味でフツーなのに走ると楽しすぎるクルマ3選

ハッキリ言って遅いが操る楽しさは格別 「走りが楽しい」と聞くと頭に思い浮かべがちなのはスポーツカーだろう。もちろん走行性能を第一に磨き上げて生み出された車種であるから走りが楽しいのは当然で、走りが楽しくないスポーツカーほ…

続きを読む...

ルノー・トゥインゴGTが全日本ラリーに初参戦! 希有なRRコンパクトの走りやいかに(動画あり)

ガチガチの競技車ではなく走って楽しいマシンに仕上げた  日本のラリー競技の最高峰「全日本ラリー選手権」。シーズンの最終戦である第10戦・新城ラリー2018が11月2日〜4日に渡り、愛知県新城市を舞台に開催された。  なか...

続きを読む...

【ムービー】公道封鎖して全開走行! 新型ルノー・メガーヌR.S.が示した驚異の走り!!

公道閉鎖をしたコースを中谷明彦さん全開で駆け上がる! 2013年から長野県・高峯高原にあるチェリーパークラインを閉鎖して行われている浅間ヒルクライムが2018年は群馬県嬬恋市に会場を移して開催された。ご存じの方も多いと思...

続きを読む...

フォーカルのオーディオで極上サウンドが味わえる「ルノー トゥインゴ テンポ」が登場!

わずか150台のみが上質なサウンドを堪能できる ルノー・ジャポンはリヤエンジン・リヤドライブを採用するコンパクトカー「トゥインゴ」に、フランスのオーディオメーカーの“フォーカル”サウンドセットを搭載した限定車を発表した。...

続きを読む...

限定車「ルノー キャプチャー S-EDITION」発売! 15足のみの特別なスニーカーも当たる!

スタイリッシュな限定カラーはわずか50台のみ! ルノー・ジャポンはキレイなブルーとグレーの2トーンを纏った限定車「キャプチャー S-EDITION」を設定し、50台限定で販売する。価格は282万9000円(税込み)。また...

続きを読む...

名門ルノー・スポールが手がけてよりスポーティになったルーテシアの限定車「GT-Line」発売

ブルーの車体色にシルバーのアクセントがオシャレ  ルノー・ジャポンは、ルーテシアをよりスポーティに仕立てた限定車GT-Lineを50台限定、244万円で発売した。  エクステリアデザインは、モータースポーツやルノー車のス...

続きを読む...

【ムービー】ルノー・スポールの「トップガン」がメガーヌR.S.を徹底解説!

どの速度域でも安心して踏むことができる ルノー メガーヌR.S.の日本導入に合わせて、ルノー・スポールでF1を除く競技車両や市販車両のテストドライブを担当しているロラン・ウルゴンさんが来日した。 Quanaodepでは...

続きを読む...

【ムービー】新型ルノー・メガーヌR.S.の卓越したコーナリングは「足」に秘密あり!

4輪操舵とダブルダンパーがもたらす珠玉の走り  ルノーのホットモデル、新型メガーヌR.S.がついに日本上陸を果たした。先代は3ドアだったが、新型は5ドア化され、エンジンも2リッターターボから1.8リッターターボへとダウン...

続きを読む...

1 / 1112345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  3. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  6. 暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    最初はよくても時間を追うと徐々に差が付いてくる 同じクルマ、そして同じ...

  7. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  8. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  9. ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ノアヴォクの326万円に対しアルヴェルは337万円とほぼ同額 ミドルサ...

  10. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

http://baden-medservice.com/

http://www.baden-medservice.com/

baden-medservice.com