「ポルシェ」の記事一覧

ターボだらけの今となっては超激レア! 思いっきりNAエンジンを楽しめる輸入車3選

車種はわずかしか存在しないが珠玉のエンジンもある!  輸入車を含め、日本で買えるクルマのエンジンを改めて見ると、ターボやスーパーチャージャーといった過給機を持たないNA(自然吸気)エンジンがメッキリ減ったことに驚く。  ...

続きを読む...

復活させるならスープラよりもコレ! 蘇ればヒット間違いなしのクルマ5選

いまは消滅してしまったカテゴリーのクルマも存在  トヨタから新型スープラが登場した。17年ぶりに復活したスープラは、伝統を感じさせる部分を色濃く残しながら、より純度の高いスポーツカーとなっている。そしてスープラのようにメ...

続きを読む...

100km/hまで5.1秒! 新型ターボエンジンを搭載したポルシェ・マカンSの予約受注がスタート

最新のインフォテイメントシステムも搭載  ポルシェジャパンは、よりパワフルなエンジンを搭載した新型マカンSの予約受注を開始した。859万円(税込み)。  新たに搭載される3リッターV6ターボガソリンエンジンは、先代モデル...

続きを読む...

ドイツの名門ポルシェがディーゼルからの撤退を表明したワケ

あまりに厳しいCO2排出量の規制が電動化に拍車をかける  昨年ポルシェがディーゼルからの撤退を表明した。そして2019年は欧州で、2020年には日本国内でも電気自動車(EV)タイカンが市販される予定だ。  ポルシェのよう...

続きを読む...

昭和の少年が恋い焦がれたクルマたち! スーパーカーブームを作り上げた名車6選

カッコいいクルマを定義づけたスーパーカーたち  1970年代後半、当時、多くの男の子たちを熱狂させたスーパーカーブーム。「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもので、この頃、スーパーカーの洗礼を受けた少年たちはオジサンになっ...

続きを読む...

ミッションEがいよいよ現実に! ポルシェ初のEVスポーツモデルの名称が「タイカン」に決定!

名称はポルシェエンブレムに由来する!  ポルシェは、来年からポルシェ初の電気自動車の生産が開始される。現在開発が進む、「ミッションE」と呼ばれるコンセプトモデルの正式名称を「タイカン(Taycan)」に決定した。  この...

続きを読む...

高性能スポーツ車の代名詞「ポルシェ」はなぜスーパーカーと呼ばれないのか?

比較的安価なモデルから用意する独自のポジショニングを築く  ポルシェはなぜスーパーカーと呼ばれないのか。そう編集部から訊かれて考えたのは、じゃあ今の時代、スーパーカーって呼ばれているクルマってあったっけ? ということでし…

続きを読む...

世界中のクルマ好きが認める驚異の存在! ポルシェ911がここまで愛され続けるワケ

圧倒的な個性を歴代保ち続けている  ほかのクルマとは間違えようのないデザインだったり、タルガやカブリオレのようなオシャレなモデルからGT系のような硬派なものまで揃うラインアップの幅広さだったり、ポルシェ911の人気の理由...

続きを読む...

電気自動車でもスーパーカー並の動力! ポルシェ「ミッションEクロスツーリスモ」を初公開

より現実味を帯びたクロスオーバータイプのスタイルで登場  ポルシェはスイス・ジュネーブモーターショーで「ミッションEクロスツーリスモ」と「911 GT3 RS」を発表。未来と現在を象徴する2台の高性能モデルを披露した。 ...

続きを読む...

東京電力のeチャージポイント対象車としてポルシェのPHVが追加

自宅で充電するだけでお得にポイントゲット!  ポルシェジャパンは電動車両の普及を促進する活動として、東京電力エナジーパートナーが展開する「eチャージポイント」の対象車両に、ポルシェの全プラグインハイブリッドモデルが加入す.…

続きを読む...

【試乗】まわりのクルマが止まって見える! ポルシェ911 GT2 RSの速さは瞬間移動のよう

ランボルギーニのタイムを破ったニュル最速の量産車  ノルドシュライフェ(ニュルブルクリンク北コース)で最速の量産車であること。それはポルシェにとって必然であり、常に保持しなければならないタイトルである。ポルシェがそれを公…

続きを読む...

ポルシェはアジア初公開のカイエンと日本初公開のパナメーラを展示【東京モーターショー2017】

過去の名車356スピードスターも並び世界感を表現  2017年10月25日に開幕した第45回東京モーターショー2017、の東4ホールに出展しているポルシェ。初日の午前9時半から行われたプレスカンファレンスでは、ポルシェジ...

続きを読む...

メーカー選手権のヒーロー達【ポルシェ908】

3リッターフラット6を搭載した純レーシングマシン  1970年のル・マン24時間において、そのシーズンにデビューした917がポルシェに、悲願だったル・マン初制覇をもたらしたことは前回紹介したとおりだが、今回はその、4.5...

続きを読む...

1 / 41234

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  3. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. 59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    駐車監視員は60分を超えてからじゃないと放置車両扱いができない このと...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  8. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  9. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  10. 日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    整備された交通インフラやカーナビの発達も要因のひとつ 欧州では高齢者や...

www.makc.kz/catalog/li/audi/

makc.kz

makc.kz