「ポルシェ」の記事一覧

ドイツの名門ポルシェがディーゼルからの撤退を表明したワケ

あまりに厳しいCO2排出量の規制が電動化に拍車をかける  昨年ポルシェがディーゼルからの撤退を表明した。そして2019年は欧州で、2020年には日本国内でも電気自動車(EV)タイカンが市販される予定だ。  ポルシェのよう...

続きを読む...

昭和の少年が恋い焦がれたクルマたち! スーパーカーブームを作り上げた名車6選

カッコいいクルマを定義づけたスーパーカーたち  1970年代後半、当時、多くの男の子たちを熱狂させたスーパーカーブーム。「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもので、この頃、スーパーカーの洗礼を受けた少年たちはオジサンになっ...

続きを読む...

ミッションEがいよいよ現実に! ポルシェ初のEVスポーツモデルの名称が「タイカン」に決定!

名称はポルシェエンブレムに由来する!  ポルシェは、来年からポルシェ初の電気自動車の生産が開始される。現在開発が進む、「ミッションE」と呼ばれるコンセプトモデルの正式名称を「タイカン(Taycan)」に決定した。  この...

続きを読む...

高性能スポーツ車の代名詞「ポルシェ」はなぜスーパーカーと呼ばれないのか?

比較的安価なモデルから用意する独自のポジショニングを築く  ポルシェはなぜスーパーカーと呼ばれないのか。そう編集部から訊かれて考えたのは、じゃあ今の時代、スーパーカーって呼ばれているクルマってあったっけ? ということでし…

続きを読む...

世界中のクルマ好きが認める驚異の存在! ポルシェ911がここまで愛され続けるワケ

圧倒的な個性を歴代保ち続けている  ほかのクルマとは間違えようのないデザインだったり、タルガやカブリオレのようなオシャレなモデルからGT系のような硬派なものまで揃うラインアップの幅広さだったり、ポルシェ911の人気の理由...

続きを読む...

電気自動車でもスーパーカー並の動力! ポルシェ「ミッションEクロスツーリスモ」を初公開

より現実味を帯びたクロスオーバータイプのスタイルで登場  ポルシェはスイス・ジュネーブモーターショーで「ミッションEクロスツーリスモ」と「911 GT3 RS」を発表。未来と現在を象徴する2台の高性能モデルを披露した。 ...

続きを読む...

東京電力のeチャージポイント対象車としてポルシェのPHVが追加

自宅で充電するだけでお得にポイントゲット!  ポルシェジャパンは電動車両の普及を促進する活動として、東京電力エナジーパートナーが展開する「eチャージポイント」の対象車両に、ポルシェの全プラグインハイブリッドモデルが加入す.…

続きを読む...

【試乗】まわりのクルマが止まって見える! ポルシェ911 GT2 RSの速さは瞬間移動のよう

ランボルギーニのタイムを破ったニュル最速の量産車  ノルドシュライフェ(ニュルブルクリンク北コース)で最速の量産車であること。それはポルシェにとって必然であり、常に保持しなければならないタイトルである。ポルシェがそれを公…

続きを読む...

ポルシェはアジア初公開のカイエンと日本初公開のパナメーラを展示【東京モーターショー2017】

過去の名車356スピードスターも並び世界感を表現  2017年10月25日に開幕した第45回東京モーターショー2017、の東4ホールに出展しているポルシェ。初日の午前9時半から行われたプレスカンファレンスでは、ポルシェジ...

続きを読む...

メーカー選手権のヒーロー達【ポルシェ908】

3リッターフラット6を搭載した純レーシングマシン  1970年のル・マン24時間において、そのシーズンにデビューした917がポルシェに、悲願だったル・マン初制覇をもたらしたことは前回紹介したとおりだが、今回はその、4.5...

続きを読む...

ポルシェファン垂涎! 本社やミュージアムを見学してポルシェで走りまくる豪華ツアー

7月と10月に開催するポルシェを満喫できるツアー  ポルシェ ジャパンはポルシェ トラベルクラブと協力した「ポルシェ トラベルクラブ ジャパン ツアー 2017」を、JTBコーポレートセールスから販売する。このツアーは、...

続きを読む...

新型ポルシェ・パナメーラ発表! ニュルのタイムは997型911GT3を上まわる

乗れて積めても走りはポルシェそのもの  ポルシェジャパンが東京都内にて新型ポルシェ パナメーラの新車発表会を行なった。2代目となるパナメーラはすべてを一新。先代モデルと共通するのは、「ポルシェエンブレム」「車名」「スポー...

続きを読む...

【海外試乗】電動化してもポルシェはポルシェ! パナメーラ 4 Eハイブリッド

飽くなき追求を続けるポルシェの意思が体現されたモデル  アシッドグリーン(ライム色)に塗られたブレーキキャリパーがアイコンとなるPHEV、パナメーラ 4 Eハイブリッドに南アフリカの最南端の都市、ケープタウンで乗った。 ...

続きを読む...

1 / 41234

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  3. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  6. 暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    最初はよくても時間を追うと徐々に差が付いてくる 同じクルマ、そして同じ...

  7. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  8. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  9. ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ノアヴォクの326万円に対しアルヴェルは337万円とほぼ同額 ミドルサ...

  10. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

baden-medservice.com

www.baden-medservice.com

Лечение рака кожи в Германии