「ランボルギーニ」の記事一覧

憧れだったスーパーカーに乗れる! おもしろレンタカーがランボルギーニ・ガヤルドのレンタルを開始

7時間約5万円で夢のスーパーカーオーナー気分を味わえる! 通常のレンタカー店にはない、人気のスポーツカーからスーパーカーまで取り揃える、株式会社はなぐるまが運営する「おもしろレンタカー」。今回、野田本店に最高速度325k...

続きを読む...

昭和の少年が恋い焦がれたクルマたち! スーパーカーブームを作り上げた名車6選

カッコいいクルマを定義づけたスーパーカーたち  1970年代後半、当時、多くの男の子たちを熱狂させたスーパーカーブーム。「三つ子の魂百まで」とはよく言ったもので、この頃、スーパーカーの洗礼を受けた少年たちはオジサンになっ...

続きを読む...

200km/hまで9.3秒! ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーが登場!

価格は約3560万円で夏ごろからデリバリー開始 0-100km/h加速を3.1秒、200km/hに到達するまで9.3秒という数値を叩き出す「ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」のジャパンプレミアが5月...

続きを読む...

ランボルギーニ初のターボエンジンを採用! スーパーSUV「ウルス」が日本で公開

クラス最高スペックのエンジンを積み、最高時速は305km! ランボルギーニと聞いて頭に思い描くのは、低いぺったんこなボディにドアが上に跳ね上がるガルウイングのスーパーカーかもしれない。しかし昨今のSUVブームに合わせるか...

続きを読む...

ニュル量産車史上最速! ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテが日本上陸

フォージドコンポジットを使用し徹底的な軽量化を実施  世界の自動車開発の聖地ともいわれるドイツにあるニュルブルクリンク北コース(ノルドシュライフェ)。ハイパフォーマンスカーに関しては、この地でのラップタイムが盛んに争われ…

続きを読む...

【噂の真相】ランボルギーニはフェラーリへの怒りから生まれた会社って本当?

自分で作ったほうがいいものが作れるというのが正しいと言われる  スーパーカー世代の方ならヨダレモノのランボルギーニ。比較的新しいメーカーであるというのはご存じだろう。そもそもスーパーカー作りを始めたのは、フェラーリへの怒…

続きを読む...

ランボルギーニがヒストリックカーショーにミウラとカウンタックのレストア車を展示

ランボルギーニモデルのコンクール・デレガンスを行うことも発表  2017年4月5日から9日にかけてドイツで開催されたヒストリックカーイベント「テクノクラシカ」にランボルギーニのレストア部門「ランボルギーニ・ポロストリコ」...

続きを読む...

捕まっても本望!? ランボルギーニ・ウラカンのパトカーがイタリア警察に納車

最高速度は325km/hに達する!  ランボルギーニはウラカンの警察用モデル「ウラカン・ポリツィア」をイタリアのハイウェイパトロールへ納車した。2004年5月からイタリア警察高速隊に採用されているランボルギーニのパトカー...

続きを読む...

【ニュル史上最速!】ポルシェ918を超えたランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ登場!

ミッドに搭載するV10エンジンから631馬力を発揮する!  ドイツ・ニュルブルクリンクで市販車スーパー・スポーツカー史上最速ラップを叩きだしたランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテがスイス・ジュネーブショーで公開され...

続きを読む...

ランボルギーニがクラシックカーショーに350GTを蘇らせて展示

サーキット走行も可能なレベル  フランス・パリで行われた世界最高峰クラシックカーイベント「レトロモビル」にランボルギーニは処女作である350GTを展示した。これはランボルギーニのクラシックカー部門「ポロストリコ」として初...

続きを読む...

ランボルギーニ・カウンタックやミウラなどを手掛けたパオロ・スタンツァーニ氏が逝去

ブガッティEB110を生み出したエンジニア  多くの人を魅了したスーパーカー、ランボルギーニ・ミウラの生みの親パオロ・スタンツァーニさんが他界した。1936年7月20日に生まれのスタンツァーニさんは、1963年にランボル...

続きを読む...

ランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドールS」を発表

フロント・リヤのデザインを変更し空力性能アップ  イタリアの名門ランボルギーニは、次世代フラッグシップモデル「アヴェンタドールS」を発表した。アヴェンタドールSは空力性能を重視した新デザインに変わるほか、サスペンションを...

続きを読む...

ランボルギーニ・デイ開催! 最新チェンテナリオからミウラやカウンタックまでズラリ集結

圧巻のパレードランには街ゆく人も仰天!  ランボルギーニとって2016年は記念すべき年だ。創立者であるフェルッチオ・ランボルギーニが生誕100周年かつ誰もが憧れたのことのあるランボルギーニ・ミウラが誕生から50周年を迎え...

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  3. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  6. 暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    最初はよくても時間を追うと徐々に差が付いてくる 同じクルマ、そして同じ...

  7. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  8. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  9. ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ノアヴォクの326万円に対しアルヴェルは337万円とほぼ同額 ミドルサ...

  10. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

baden-medservice.com/rak-zheludka-klinika/

www.profvest.com

profvest.com