「ランボルギーニ」の記事一覧

200km/hまで9.3秒! ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーが登場!

価格は約3560万円で夏ごろからデリバリー開始 0-100km/h加速を3.1秒、200km/hに到達するまで9.3秒という数値を叩き出す「ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」のジャパンプレミアが5月...

続きを読む...

ランボルギーニ初のターボエンジンを採用! スーパーSUV「ウルス」が日本で公開

クラス最高スペックのエンジンを積み、最高時速は305km! ランボルギーニと聞いて頭に思い描くのは、低いぺったんこなボディにドアが上に跳ね上がるガルウイングのスーパーカーかもしれない。しかし昨今のSUVブームに合わせるか...

続きを読む...

ニュル量産車史上最速! ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテが日本上陸

フォージドコンポジットを使用し徹底的な軽量化を実施  世界の自動車開発の聖地ともいわれるドイツにあるニュルブルクリンク北コース(ノルドシュライフェ)。ハイパフォーマンスカーに関しては、この地でのラップタイムが盛んに争われ…

続きを読む...

【噂の真相】ランボルギーニはフェラーリへの怒りから生まれた会社って本当?

自分で作ったほうがいいものが作れるというのが正しいと言われる  スーパーカー世代の方ならヨダレモノのランボルギーニ。比較的新しいメーカーであるというのはご存じだろう。そもそもスーパーカー作りを始めたのは、フェラーリへの怒…

続きを読む...

ランボルギーニがヒストリックカーショーにミウラとカウンタックのレストア車を展示

ランボルギーニモデルのコンクール・デレガンスを行うことも発表  2017年4月5日から9日にかけてドイツで開催されたヒストリックカーイベント「テクノクラシカ」にランボルギーニのレストア部門「ランボルギーニ・ポロストリコ」...

続きを読む...

捕まっても本望!? ランボルギーニ・ウラカンのパトカーがイタリア警察に納車

最高速度は325km/hに達する!  ランボルギーニはウラカンの警察用モデル「ウラカン・ポリツィア」をイタリアのハイウェイパトロールへ納車した。2004年5月からイタリア警察高速隊に採用されているランボルギーニのパトカー...

続きを読む...

【ニュル史上最速!】ポルシェ918を超えたランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ登場!

ミッドに搭載するV10エンジンから631馬力を発揮する!  ドイツ・ニュルブルクリンクで市販車スーパー・スポーツカー史上最速ラップを叩きだしたランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテがスイス・ジュネーブショーで公開され...

続きを読む...

ランボルギーニがクラシックカーショーに350GTを蘇らせて展示

サーキット走行も可能なレベル  フランス・パリで行われた世界最高峰クラシックカーイベント「レトロモビル」にランボルギーニは処女作である350GTを展示した。これはランボルギーニのクラシックカー部門「ポロストリコ」として初...

続きを読む...

ランボルギーニ・カウンタックやミウラなどを手掛けたパオロ・スタンツァーニ氏が逝去

ブガッティEB110を生み出したエンジニア  多くの人を魅了したスーパーカー、ランボルギーニ・ミウラの生みの親パオロ・スタンツァーニさんが他界した。1936年7月20日に生まれのスタンツァーニさんは、1963年にランボル...

続きを読む...

ランボルギーニのフラッグシップモデル「アヴェンタドールS」を発表

フロント・リヤのデザインを変更し空力性能アップ  イタリアの名門ランボルギーニは、次世代フラッグシップモデル「アヴェンタドールS」を発表した。アヴェンタドールSは空力性能を重視した新デザインに変わるほか、サスペンションを...

続きを読む...

ランボルギーニ・デイ開催! 最新チェンテナリオからミウラやカウンタックまでズラリ集結

圧巻のパレードランには街ゆく人も仰天!  ランボルギーニとって2016年は記念すべき年だ。創立者であるフェルッチオ・ランボルギーニが生誕100周年かつ誰もが憧れたのことのあるランボルギーニ・ミウラが誕生から50周年を迎え...

続きを読む...

【発表時には完売】ランボルギーニ・チェンテナリオ・ロードスターが発表

ボディの曲線美を強調するため特別なシルバーを採用  約2億1700万円で発売前に完売してしまったランボルギーニ・チェンテナリオ。アメリカ・カリフォルニアでチェンテナリオのロードスターモデルを発表した。クーペモデルに続くロ...

続きを読む...

【意外と知らない】ポルシェやランボルギーニが作っていた「アレ」とは?

両社ともに農業界のスーパーカーだった!  スポーツカーメーカーの巨頭、ポルシェとフェラーリのエンブレムの跳ね馬のルーツが同じであることは、クルマ好きには有名だが、ポルシェとランボルギーニにも、意外な共通点がある。それは両…

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. 日産の2大電動車「ノートe-POWER」と「リーフ」5年乗ったらどっちがお得か計算してみた

    日産の2大電動車「ノートe-POWER」と「リーフ」5年乗ったらどっちがお得か計算してみた

    今回の比較車両の場合単純な車両本体価格の差は131万円だが…… 日産の...

  2. こんな凄いクルマが今なら普通に買える! この先名車になること間違いなしの国産車5選

    こんな凄いクルマが今なら普通に買える! この先名車になること間違いなしの国産車5選

    今ならまだ購入しやすいので置き場所があるなら買い! 名車と呼ばれるクル...

  3. お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    お金がないクルマ好き必見! 名車なのに底値で買える不遇のスポーツカー3選

    わずか一桁万円から手に入れられるクルマも! 最近はスポーツカー受難の時...

  4. 「チョイ乗り」が多いとクルマを傷めるというのは本当か?

    「チョイ乗り」が多いとクルマを傷めるというのは本当か?

    とくにエンジンには負担が大きくなる クルマに乗っていると「チョイ乗り(...

  5. 「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    「高いほどいい」「新品ならなんでもOK」は間違い! 軽視しがちなタイヤ選びのポイント5つ

    安全を買うと考えて安いからと純正より性能を落とさない タイヤは路面と接...

  6. クルマが古く見える原因! くすんだヘッドライトカバーの透明度を復活させる方法とは

    クルマが古く見える原因! くすんだヘッドライトカバーの透明度を復活させる方法とは

    プロに頼むのが一番だが、虫除けスプレーを使う裏技も! 樹脂製のヘッドラ...

  7. MTやV6エンジンは今後乗れない? 近い将来消えゆく可能性のあるクルマの技術6選

    MTやV6エンジンは今後乗れない? 近い将来消えゆく可能性のあるクルマの技術6選

    電動化と自動運転化がクルマの常識を変える! エンジンを積んで、トランス...

  8. 【意外と知らない】今ドキの新車に「ならし」は不要なのか?

    【意外と知らない】今ドキの新車に「ならし」は不要なのか?

    機械モノである以上やらないよりやったほうがいい その昔、新車を買ったと...

  9. 1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

    1度も使ったことのない人も多数! 改めて確認するとじつは便利なワイパーの機能

    1度だけ作動させるMISTや間欠の時間を変更するダイヤルなども 本格的...

  10. イケてるオヤジはコレに乗れ! 100万円で買えるチョイ悪が似合う中古輸入車3選

    イケてるオヤジはコレに乗れ! 100万円で買えるチョイ悪が似合う中古輸入車3選

    総額100万円でイケてる輸入車 ちょっと悪そうな雰囲気がカッコいいとさ...

baden-medservice.com/rak-zheludka-klinika/

www.profvest.com

profvest.com