「その他」の記事一覧

燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

燃費よりも走りを重視した潔いモデルが登場  クルマのエンジンというのは、早い話、吸入空気量が多ければ多いほどパワーが出る。大排気量車やターボ車がパワフルなのも、その理屈があるため。吸入空気量が多いということは、それに見合…

続きを読む...

アルピーヌA110を見て・触れて・味わえるチャンス! 六本木に期間限定でギャラリーがオープン

「ピュア」「リネージ」2台のアルピーヌA110がお出迎え  1960年代にフランスのアルピーヌが登場させたA110。ラリーシーンで活躍したこともあり、1970年代に生産終了となったにも関わらず、現在でもオリジナルA110...

続きを読む...

自動で車線変更やコーナーで減速するクルマも! いまもっとも自動運転に近い市販車5選

将来的には自動運転につながる機能を持つ市販車も存在  2020年までに自動運転車をローンチする、といったフレーズをそこかしこで見かけるようになった。自動運転はすでに夢の技術ではなく、具体性のあるテクノロジーだ。もちろん、...

続きを読む...

デトロイトショーに初出展した謎の自動車メーカー! マヒンドラ&マヒンドラとは

いきなりメインフロアにブースを出展したインドのメーカー  1月開催が最後というのに、メルセデスベンツ、BMW、アウディの出展とりやめもあり、どうにも寂しい内容となったのが今回のデトロイトショー。しかし、そのなかで今回初出...

続きを読む...

レーシングドライバーが選ぶ! MTで楽しめる歴代軽自動車ランキングTOP5

軽自動車にはMTを超えるトランスミッションが搭載されていない  はじめに断っておくが、僕はMT(マニュアルトランスミッション)派ではない。「中谷シフト」とか「マシンガンシフト」と呼ばれるようなMTを操る特殊テクニックを披...

続きを読む...

右ハンドルもラインアップ! カタログモデルのアルピーヌA110の詳細をチェック

走りに特化したピュアと快適性も備えたリネージの2本立て フランスの名門「アルピーヌ」が復活したことをご存じの方も多いだろう。日本に先行導入された“A110プルミエールエディション”と呼ばれる初回モデルは世界限定1955台...

続きを読む...

【試乗】アルピーヌA110の超軽量ボディに心酔! まるで軽飛行機のような自在感(動画あり)

まるで初代のように軽さを武器にワインディングを駆け抜ける  僕ら昭和世代の男の中で、アルピーヌA110の名を聞いて興奮しない者はいないと思う。雪のモンテカルロラリーを激走するシーンはあまりにも有名で、実物のA110を見た...

続きを読む...

販売台数50台に対して1021人からオーダー! 注目のアルピーヌA110抽選会に潜入

フランス大使立ち会いの元に厳選なる抽選が行われた 世界限定1955台のアルピーヌA110プルミエール・エディションが6月22日、日本に上陸した。しかし、日本の割り当ては50台ということで、応募者多数の場合は抽選となること...

続きを読む...

初回限定50台は完売必至! いよいよ日本に上陸したアルピーヌA110の詳細をチェック

まずは限定車から発売しカタログモデルは年内に導入 「アルピーヌ」と聞いてもピンとくる方は少ないだろう。1955年に設立したフランスの自動車メーカーで、ラリーやル・マン24時間耐久レースといったモータースポーツに参戦するク...

続きを読む...

ライバルはポルシェ718ケイマン! 新型アルピーヌA110は790万円で50台限定発売

わずか1110kgの車重で軽快な走りを味わえる! クルマ好きなら思わず「おっ!」と思わせる名車が復活を遂げた。フランスの名門「アルピーヌ A110」がついに日本へ上陸。その発表会が東京・港区になるフランス大使館で行われ日...

続きを読む...

見た目は82年前から変えないこだわり! 木製のモーガンが日本正規導入へ

3輪のスリーホイラーは本当にスリリングな1台 1936年から今でもイギリスで作られているクルマがある。信じがたいかもしれないが、アッシュ材(木)、アルミ、革という3つの素材を使用し手作業で組み上げられている。……そのクル...

続きを読む...

アルピーヌA110のレーシングモデルを発表! 市販モデルには2台のモデルを設定

走りを極めた「ピュア」は走りが楽しみ! 日本でも2018年中に導入が予定されているアルピーヌ。スイス・ジュネーブショーでA110に「ピュア」「レジェンド」と名付けられた2台と、レーシングモデルを発表した。 「ピュア」は一...

続きを読む...

新型BMW M5を上まわる性能のアルピナB5の衝撃! 【東京モーターショー2017】

ディーゼルエンジン搭載のセダンも同時発表  BMWをベースに、ハイパフォーマンスモデルを数多く世に送り出してきたアルピナ。今回の東京モーターショーでジャパン・プレミアを2台発表。そのほかにも3台展示し、計5台のラインアッ...

続きを読む...

東京モーターショー2017コンパニオン画像集! 「ハーレーダビッドソン編」

アメリカンバイクにピッタリのワイルド系衣装でお出迎え  2017年10月25日に開幕した第45回東京モーターショー2017(TMS2017)。アメリカのバイクメーカー、ハーレーダビッドソンのブースでは、タンデムシートに乗...

続きを読む...

【世界の名車】消滅が噂されるランチアの代表作「デルタ」

グループA時代の世界ラリー選手権で6年連続チャンピオンを獲得  時代の移り変わりとともにさまざまなメーカーが誕生し、消えていく。それはある意味では自然な流れといえなくもないけれど、そのブランドをこよなく愛した人達にとって...

続きを読む...

1 / 41234

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  3. 巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    クセが強すぎて1代で終わってしまったクルマも存在 クルマの系譜というの...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    走りや安全性の追求が車両価格を上げる 最近、よく耳にするのが、「最近の...

  6. 価格高騰へのカウントダウンが始まった!  いま買わないと後悔必至の昭和の名車4選

    価格高騰へのカウントダウンが始まった!  いま買わないと後悔必至の昭和の名車4選

    今後どんどん価格上昇すると見込まれるモデル 今年の4月30日をもって幕...

  7. この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    椅子はあるけれど日常的に座ることは厳しい! ミニバンだけでなく、最近は...

  8. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  9. 普通車が余裕で買える! 衝撃の高額プライスの現行軽自動車トップ5

    普通車が余裕で買える! 衝撃の高額プライスの現行軽自動車トップ5

    1位はじつに300万円近いプライスタグ! 軽自動車は本来、小さく、扱い...

  10. いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

    いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

    見た目はもちろん運動性能の面でメリットは大きい 最近は純正装着でも17...

www.baden-medservice.com/predostavljaem-apartamenty-v-centre-baden-badena-v-roskoshnom-parke/

https://baden-medservice.com

Лечение в Баден Бадене