「フェラーリ」の記事一覧

生産台数が極小の小メーカー「フェラーリ」が莫大な予算が必要なF1に参戦できるワケ

ライセンス収入が大きい上にフェラーリならではの特殊事情も!  フェラーリ社の売上の内訳を見ると、驚くべきことが判明する。確かにフェラーリは、自動車メーカーとしては非常に小さな企業だ。年間売上額は、4500億円に過ぎない。...

続きを読む...

10年落ちでも新車と同等価格のフェラーリ458! 劣化しても高額を維持する理由とは?

「需要より1台少なく作れ」のフェラーリ哲学が生む価値  編集部ハラダより、「なぜフェラーリ458は、いまだにあんなに値段が高いんでしょう」との疑問が発せられた。 ハラダ「発表から10年が経過して、新車価格付近を維持すると...

続きを読む...

必要なのは購入資金だけ!? 買えさえすればタダ同然で乗れる現代の驚きフェラーリ事情

値落ちしにくいので売却時に損しない可能性も高い  ゼロ円ではないが、フェラーリ純正メンテナンス・プログラムは、2011年7月1日以降生産のモデルに、7年間、もれなくタダでついてくる。その内容は、以下の通りだ。 <1年ごと...

続きを読む...

日本全国の跳ね馬が集結! フェラーリ・レーシングデイズ富士2018のチケットが発売中

フェラーリのすべてを満喫できる魅惑のイベント!  フェラーリのすべてを思う存分楽しめる、フェラーリ・オーナーとフェラーリ・ファンを対象にしたスペシャルサーキットイベント「フェラーリ・レーシング・デイズ富士2018」が、6...

続きを読む...

初のカーボンホイールも設定! フェラーリのスペシャルモデル「488ピスタ」が登場

ピスタはイタリア語でサーキットを意味している フェラーリ・ポルトフィーノが日本で2018年2月に上陸したばかりだが、スイス・ジュネーブモーターショーでは「488ピスタ」が世界初公開された。これまでのV8スペシャルモデルの...

続きを読む...

【世界の名車】オークション高額取引の常連フェラーリ・デイトナ

デイトナ24時間レースの活躍から愛称が付けられた  フェラーリといえば歴代、数々の名車が名を連ねているのは、改めて言う必要もないだろう。現存モデルについては、芸術品同様、非常に希少価値があるとされ、価格は億レベルだったり...

続きを読む...

総額数十億のフェラーリが両国国技館に集結! 70周年記念イベント開催

1台で約10億円の稀少なロードカーも展示された フェラーリは、2017年10月13日に、創立70周年を記念したモデル「ラ・フェラーリ・アペルタ」を日本で初公開を行った。そのほかにも70周年を記念したテーラーメイド車両の5...

続きを読む...

日本の納屋で見つかったボロボロのフェラーリになぜ2億円以上の価値があるのか?

そもそも貴重な個体で素性がハッキリしている  9月9日と10日にフェラーリの聖地であるイタリアのマラネロで開催されたフェラーリの70周年記念イベントに、1台のボロボロに見える365GTB/4、通称デイトナが姿を現した。 ...

続きを読む...

メーカー選手権のヒーローたち【フェラーリ・世界スポーツカー選手権編その2】

1962年からの国際マニュファクチャラーズ選手権では量産車が主役に  世界スポーツカー選手権として1953年に始まった、スポーツカー/レーシングカーによる選手権は、62年には国際マニュファクチャラーズ選手権へと移行する。...

続きを読む...

フェラーリの新世代FR2+2オープン「ポルトフィーノ」がフランクショーで世界初公開!

カリフォルニアの後継モデルとして登場 フェラーリのエントリーモデルにして、電動リトラクタブルハードトップを備えたFR2+2シータースーパースポーツ「カリフォルニアT」がついに世代交代。その後継車「ポルトフィーノ」が、9月...

続きを読む...

メーカー選手権のヒーローたち【フェラーリ・世界スポーツカー選手権編その1】

F1GPが始まる前はスポーツカーで活躍していたフェラーリ  フェラーリと言えば近代のグランプリ=F1GPが制定された1950年から一貫して参戦を続け、通算での参戦数、勝利数、コンストラクターズタイトル獲得回数でもライバル...

続きを読む...

800馬力のV12搭載! フェラーリの新フラッグシップ「812スーパーファスト」を日本で公開

量産モデルのなかでもっともパワフルなマシン  イタリアの名門フェラーリが、最新モデル「812スーパーファスト」を2017年5月23日に日本初公開した。812スーパーファストは、伝統的なV12気筒エンジンをフロントに搭載し...

続きを読む...

1 / 212

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  3. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  6. 暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    最初はよくても時間を追うと徐々に差が付いてくる 同じクルマ、そして同じ...

  7. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  8. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  9. ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ノアヴォクの326万円に対しアルヴェルは337万円とほぼ同額 ミドルサ...

  10. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

https://baden-medservice.com

www.baden-medservice.com

baden-medservice.com/kliniki-germanii/klinika-denglera/