「BMW」の記事一覧

いいことばかりではない? トヨタ・スープラ&BMW・Z4から考える共同開発のデメリットとは

逆の個性を持つトヨタとBMWだからこそ共同開発に意味がある  トヨタ86とスバルBRZという、同一の車体/駆動系によるスポーツカー開発には当初驚いたが、所有者は満足しているのではないだろうか。しかも、ブランドロゴや車名の...

続きを読む...

話題のBMW 8シリーズに注目度バツグンのカブリオレが追加設定! 1グレードのみで1838万円

ルーフを閉じていても流麗なボディラインは健在!  ビー・エム・ダブリューは、最上級ラグジュアリークーペの8シリーズをベースにしたオープンモデルとなる「8シリーズカブリオレ」を全国の正規ディーラーにて発売開始した。メーカー...

続きを読む...

この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

椅子はあるけれど日常的に座ることは厳しい!  ミニバンだけでなく、最近はSUVにも3列シート車が続々登場している。しかし、その3列目席、“大人が乗る”前提なら、ミニバンならM&Lクラスボックス型以上、SUVではマ...

続きを読む...

日本市場専用エンジンも用意! BMW新型3シリーズの予約受け付けがスタート

BMW初となるAIを活用したドライバーズサポートシステム搭載  ビー・エム・ダブリューは、1975年の初代登場より40年以上も愛され続けている3シリーズの新型モデルを日本市場にて発売すると発表。プレ・オーダーシステム(p...

続きを読む...

ハズレを掴むと運転しづらくストレス! 家族で使うなら選ぶべき女性でも運転しやすいSUV5選

ボディサイズや視界に使い勝手などを加味して総合的に判断  世界中で依然として、空前のSUVブームが続いています。古くからあるクロカン4WDというよりは、デザインや走り重視のクロスオーバーSUVがそのブームを牽引しています...

続きを読む...

BMW X2にパフォーマン性を重視したスポーティモデル「M35i」登場

もう1台は経済性もバッチリなディーゼルエンジン搭載車を追加  ビー・エム・ダブリューは、Xモデルの高い悪路走破性と都会的なエクステリアデザインを備えたBMW X2のラインアップを拡充した。スポーティさを際立たせたMパフォ...

続きを読む...

0-100km/h加速3.3秒! サーキット走行で本領発揮するBMW M5コンペティション登場

足まわりやエキゾーストにも手を加えた本格派モデル  ビー・エム・ダブリューは、5シリーズセダンをベースにBMW M社が手を加えたハイパフォーマンスモデル「M5」をベースにハイパフォーマンス仕様に仕立てた「M5コンペティシ...

続きを読む...

元レーシングドライバーが斬る! 続々登場のパワーエリートSUVはスポーツカー並に走れるのか?

ランボルギーニやポルシェなども激速SUVを続々リリース  世界的にSUVが大ブームになっているが、最近はSUVをネットで検索すると「スポーツ ユーティリティ ビークル」の略だと出てくる。そうじゃあないだろう。SUVは元来...

続きを読む...

BMWの新車プレオーダーシステムが本格化! その第1弾として新型BMW i3がスタート

多くの新車の先行予約が今後オンラインで可能になる予定  ビー・エム・ダブリューは、昨年11月にスタートしている新プロジェクト「BMWプレ・オーダー」。日本で発売予定の新型BMW X7の先行予約をオンラインで行えるというも...

続きを読む...

【ムービー】2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー「エモーショナル部門賞」BMW X2受賞インタビュー

見た瞬感エモーショナル賞だと思ったモデル  2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーのエモーショナル部門賞に輝いたBMW X2。受賞式が終わった直後に、広報部の前田雅彦さんに直撃インタビューを行った。  このクルマを...

続きを読む...

高級ホテルよりも豪華! 女性もうっとりする衝撃インテリアを持つクルマ4選

シャンパン用クーラーボックスにシアターシステム!  クルマは見た目が8割! なんて言う人もいますが、やっぱりその見た目に見合うインテリアも大事ですよね。ドアを開けた瞬間に「うわぁ〜」と思わずため息が漏れてしまうか、「えっ…

続きを読む...

【ムービー】日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019 10ベストカーインタビュー! BMW・X2編

SUVらしからぬクーペスタイルが特徴  栄えある日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019が、2018年12月7日に発表される。その1台は、全27台のノミネート車から、選考委員の投票によって10台に絞られた、10ベスト...

続きを読む...

【試乗】新型BMW Z4は国宝級の直6エンジンと最高のFRシャシーで理想的なスポーツカー!

典型的なFRスポーツのデザインだがドライバーは前方に移動  ふたり乗りのオープンカーなんて、まったく実用性がない単なる遊びグルマだと思っている人が多いと思う。だが、クルマ好きにとってオープン2シーターはある種の憧れのスポ...

続きを読む...

1 / 1012345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  3. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. 59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    駐車監視員は60分を超えてからじゃないと放置車両扱いができない このと...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  8. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  9. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  10. 日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    整備された交通インフラやカーナビの発達も要因のひとつ 欧州では高齢者や...

http://baden-medservice.com/

baden-medservice.com

http://baden-medservice.com/