「マクラーレン」の記事一覧

マクラーレン570Sスパイダーにサーキット走行向けのオプションパッケージを設定

クーペで好評のパッケージがスパイダーにも満を持して登場  マクラーレン・オートモーティブは、スポーツシリーズ唯一のオープンモデル「マクラーレン570S スパイダー」に、サーキット走行でパフォーマンスを最大限引き出すことの...

続きを読む...

伝説のF1ドライバー「セナ」の名を冠したマクラーレンのレーシングカーが発表

価格は約1億5千万円で世界75台限定 マクラーレンは3月6日から開催しているスイス・ジュネーブモーターショーで、かつてF1で3度のワールドチャンピオンを獲得し、レース中の事故で他界した伝説のレーシングドライバー、アイルト...

続きを読む...

オープンでもまごうことなきスーパースポーツ! マクラーレン570S スパイダーが日本上陸

イギリスのスーパーカーメーカー、マクラーレンは「570S  スパイダー」を日本(アジア)で初披露した。こちらは2017年6月のイギリスで開催されたグッドウッド(モータースポーツイベント)でワールドプレミアしたモデル。価格...

続きを読む...

0-100km/h加速は2.9秒! マクラーレン720Sが3338万3000円で登場

スイスでの世界初公開からわずか12時間後に日本で実車を披露!  モータースポーツで多くの記録を出しているマクラーレン。そのノウハウを市販車にフィードバックしているマクラーレン・スーパーカーシリーズの第2世代が日本でも発表...

続きを読む...

【日本初公開】マクラーレン570GTは快適&実用的なスーパーカー

高い走行パフォーマンスとコンフォート性を両立  今シーズンホンダのパワーユニットを搭載し、F1に参戦するマクラーレン。そのグループ企業であり、スーパーカーの開発を手がけるマクラーレン・オートモーティブは、ジュネーブ国際モ...

続きを読む...

実用性に優れたマクラーレン570GTがジュネーブショーで初公開

グランドツーリング用に仕立てたマクラーレンのGTモデル登場!  世界5大モーターショー(日本・ドイツ・アメリカ・スイス・フランス)のひとつに数えられているのが、毎春、スイスで行われるジュネーブ国際モーターショーだ。そこに...

続きを読む...

マクラーレンのデザインに潜む機能美と独創性そして人間工学

 最終回は、マクラーレン675LTのプロジェクトマネージャーのマーク・ゲイトン氏とチーフデザイナーのロバート・メルヴィル氏が来日したのを機に、彼らの話をもとに、マクラーレンが考えるクルマ作りについて解説してみよう。 ■パ...

続きを読む...

マクラーレンのターゲットはイタリア製「スーパーカー」とドイツ製「スポーツカー」

 日本に導入が開始されて3年経ったマクラーレン。今年に入り日本市場には、スーパーシリーズの675LTやスポーツシリーズを次々にローンチ。さらには、正規ディーラーも3店舗目となる福岡店を5月にオープンし、その後の4店舗、5...

続きを読む...

創立者の遺志を引き継ぎ誕生したマクラーレン初の市販モデル「F1」

■マクラーレン創立者の遺志とスタッフからの敬意 前回はマクラーレンの創設者、不屈の人、ブルース・マクラーレンの話をした。 今回はその娘であるアマンダ・マクラーレンが語ったエピソード。ブルース・マクラーレンの死からレーシン...

続きを読む...

F1だけでは語り尽くせないマクラーレンのスゴさ

■その1:レーシングドライバーのマクラーレンを知る  マクラーレンと聞いて、貴方は何をイメージされるだろうか。 スーパーカー? フォーミュラ1(F1)? ブルース・マクラーレン? もちろん、そのいずれもマクラーレンを代表...

続きを読む...

1 / 212

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  3. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  4. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  5. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  6. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  7. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  8. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  9. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  10. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

www.baden-medservice.com/nedvizhimost-v-baden-badene/

www.baden-medservice.com/

profvest.com/