「輸入車」の記事一覧

フォーカルのオーディオで極上サウンドが味わえる「ルノー トゥインゴ テンポ」が登場!

わずか150台のみが上質なサウンドを堪能できる ルノー・ジャポンはリヤエンジン・リヤドライブを採用するコンパクトカー「トゥインゴ」に、フランスのオーディオメーカーの“フォーカル”サウンドセットを搭載した限定車を発表した。...

続きを読む...

メルセデス・ベンツ VS 日産! 駐車の恐怖から解放される最強の自動駐車はどっちだ?

スムースさなら日産だがメルセデス・ベンツは車外から操作可能!  運転が苦手だなと思っている人のなかでも、とくに苦手なのが「駐車」だと言う人が多いですよね。先日、東京モーターフェスというイベントで「女性向けビギナードライバ…

続きを読む...

新型メルセデス・ベンツAクラス発表! 人間の言葉を理解するMBUXを搭載

スポーティさが際立つ引き締まったプロポーションに注目  メルセデス・ベンツ日本は、2018年10月18日、新型Aクラスを発表した。  この日、東京・新橋にある「新虎通りCORE(コア)」で新型Aクラスの発表会が行われた。...

続きを読む...

限定車「ルノー キャプチャー S-EDITION」発売! 15足のみの特別なスニーカーも当たる!

スタイリッシュな限定カラーはわずか50台のみ! ルノー・ジャポンはキレイなブルーとグレーの2トーンを纏った限定車「キャプチャー S-EDITION」を設定し、50台限定で販売する。価格は282万9000円(税込み)。また...

続きを読む...

【ムービー】キャデラックXT5&エスカレードに試乗! 超個性的な見た目と裏腹の走りとは

キャデラック好きの国沢さんがSUV2モデルを評価  これぞアメ車という雰囲気を漂わせるブランド、キャデラック。だが最近はドイツ車のような質感の高い走りが特徴となっている。  今回試乗するのはそのなかのSUV、エスカレード...

続きを読む...

【試乗】人気のCセグメントSUV「VWティグアン」に待望のディーゼルモデルが追加!

ドイツ車らしい力強さをもつがもう少し個性が際立ってほしい ディーゼル排気ガス不正問題が起きるまで日本の圧倒的な輸入車販売台数No.1だったVWながら、 いまだに低空飛行中。2013年度は7万2000台売れたのに、2017...

続きを読む...

パリサロンで初披露! スタイリッシュに生まれ変わったメルセデス・ベンツGLEクラス

新開発の足まわりで最上級SUVらしい走りを実現  従来はMクラスと呼ばれ、現行モデルの改良時にGLEと車名を変更したが、その新型モデルがパリショー2018で初公開となった。  ダイナミックさを追求したデザインはスタイリッ...

続きを読む...

【試乗】キャデラックXT5&エスカレードは強烈なデザイン個性と裏腹に「意外に普通」の走り

これぞアメリカンSUV! エスカレードのど迫力っぷり  今やクルマ好きの間じゃ大人気のSUVながら、改めて説明するまでもなくアメリカで育ったジャンルである。SUVの販売台数を見ると圧倒的にアメリカが多い。ということで今回...

続きを読む...

先代よりもグッとスポーティさを増した新型メルセデス・ベンツBクラスがワールドプレミア

Sクラス譲りの最先端安全装備を備える  3代目となる新型Bクラスがパリサロン2018で披露された。新型のコンセプトはスポーツツアラーとされ、よりスポーティなモデルとして生まれ変わっている。  インテリアは大型ワイドスクリ...

続きを読む...

約20年ぶりに復活したBMW8シリーズクーペがフランス・パリサロンに登場

日本への導入も検討されているラグジュアリークーペ  BMWのフラッグシップとなるラグジュアリークーペの8シリーズがパリサロン2018で公開。その美しいスタイルは来場したプレス関係者からも熱い視線を集めていた。  開発者は...

続きを読む...

ノーマルよりも少しだけ刺激を求める人へ! メルセデスAMG A35 4MATIC誕生

AMGの世界観を手軽に味わえるエントリーモデル  AクラスのエントリーAMGとして新しく追加されるのがA35 4MATIC。今後追加されるであろうトップモデルであるA45 4MATICと通常のAクラスの中間に位置づけられ...

続きを読む...

【試乗】新開発の1.5Lターボ&48V電気システムを搭載! メルセデス・ベンツCクラスが大幅改良

小排気量でも心配ない力強さと低燃費を両立させている  メルセデス・ベンツCクラスがモデルチェンジを受け進化した。といってもフルモデルチェンジではなく大幅改良を施した年次改良だが、構成部品のおよそ半分にあたる6500個所の...

続きを読む...

じつに7年ぶりのフルモデルチェンジ! 7世代目BMW 3シリーズついに登場

ボディサイズ拡大で室内空間もより快適に  BMWはCセグメントセダンの世界的ベンチマークである3シリーズをパリサロン2018でワールドプレミアした。7世代目となる新型はおよそ7年ぶりとなるフルモデルチェンジだ。  ボディ...

続きを読む...

フォルクスワーゲン・ポロが仕様変更! 新たなオプションとインテリアカラーを設定

最新のメーターやスマホのワイヤレス充電機能が選べる  フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、日本で2018年3月にフルモデルチェンジしたばかりのコンパクトモデル、ポロの一部仕様変更を行った。  変更点は、インテリアカ...

続きを読む...

1 / 7412345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  3. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  4. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  5. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  6. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  7. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  8. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  9. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  10. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

http://baden-medservice.com

www.profvest.com/2018/06/inarix-hyip-otzivi-obzor.html

profvest.com