「輸入車」の記事一覧

駐車や高速走行時の安全性をさらに向上! ボルボV60クロスカントリーが改良

価格変更はせず安全性能をさらに高めた  ボルボ・カー・ジャパンは6月11日、プレミアム・ミッドサイズクロスオーバー「V60 Cross Country」の仕様を一部変更して発売した。  価格の変更はなく「V60 Cros...

続きを読む...

ボルボ史上もっとも低価格なPHEVが誕生! プレミアムステーションワゴン「V60」が一部改良

リチウムイオンバッテリーを強化しEV航続距離を延長!  ボルボ・カー・ジャパンは6月11日、プレミアム・ミッドサイズ・ステーションワゴン「V60」を一部仕様変更。またプラグインハイブリッド(PHEV)モデルであるV60の...

続きを読む...

安全神話だけじゃない? 世界的に見れば小メーカーのボルボが日本で伸びる理由とは

2年連続で日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞  ボルボは近年、ボルボ史上最上のクルマをリリースし続けている。そのきっかけとなったのが、新世代ボルボ第一弾として、日本に2016年1月に上陸したXC90である。なにしろ1兆30...

続きを読む...

ブラックアイテムで精悍さをアップさせたプジョー2008の特別仕様車「Black Pack」発売

ブラック基調で仕立てたエクステリアがスポーティ  プジョー・シトロエン・ジャポンは6月10日、プジョーブランドのコンパクトSUV「2008」の特別仕様車「2008 GT Line Black Pack」を発売した。価格(...

続きを読む...

売れてないからダメ……は早計! 日の目を見ないけど「いいクルマ」4選

ランキング下位でも良いクルマは存在  2019年4月までの乗用車販売台数のランキングを見ていると、日産ノート、トヨタ・プリウス、トヨタ・アクアの3強は相変わらずで、日産セレナ、トヨタ・ヴィッツ、トヨタ・カローラ、トヨタ・...

続きを読む...

CセグメントSUVでは世界初! DS7クロスバックに自動駐車支援システムを搭載

クルマが縦列駐車と並列駐車を自動で行う!  プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年6月1日、DSブランドのフラッグシップSUV「DS7 CROSSBACK」に、CセグメントのSUVでは世界初となる駐車支援機能「DSパ...

続きを読む...

家でくつろぐようにクルマを買う! シトロエンがC3の特別仕様車とシトロエニストカフェをお披露目

エスプレッソを提供する日本初のシトロエニストカフェも披露  プジョー・シトロエン・ジャポン(PCJ)は2019年6月12日、東京都中央区・シトロエン中央ショールームでプレス発表会を開催した。  発表会では6月10日に登場...

続きを読む...

1000万円以下でもこの快適さ! 超VIP気分が味わえる後席をもつクルマ4選

ミニバンの王者は後席もスゴイ!  1000万円オーバーの超高級車でなくても後席でVIP感覚を味わえるクルマ、そんな観点で選んだのが以下の4車。社用車としてだけでなく、後席に家族や友人を招き入れるのに最高の、ファミリーカー...

続きを読む...

マリンボーダーでオシャレさに磨きをかけた! アパレルとコラボのシトロエン「C3」特別仕様車が登場

実車を見られるチャンスも!  プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年6月10日、シトロエンブランドのコンパクトカー「C3」に特別仕様車を追加し、全国のシトロエン販売店で発売した。  C3は2017年7月の日本デビュー...

続きを読む...

2020年モデル限定グレードも用意! 高級コンパクトSUVの筆頭格レンジローバー・イヴォークに新型が登場

便利機能と快適装備を盛り込みよりラグジュアリーに  ジャガー・ランドローバー・ジャパンは6月1日、ラグジュアリーコンパクトSUVの新型「レンジローバー・イヴォーク(RANGE ROVER EVOQUE)」の受注を開始した...

続きを読む...

日本導入から6年! 集大成とも言える職人の名を持つVWゴルフシリーズの限定車「マイスター」発売

安全装備充実で安心感をプラス  フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、同社を代表するモデル「ゴルフ」の特別仕様車「マイスター」シリーズを、3モデル5グレード設定し発売した。  ベースとなるのは、ゴルフとゴルフヴァリア...

続きを読む...

走る楽しさをさらに際立たせたプジョー208の特別仕様車「アリュール・ファンエディション」発売

安全装備などを充実させて運転が苦手な人でも安心!  プジョー・シトロエン・ジャポンは、人気のコンパクトハッチバック「208」に特別仕様車「アリュール・ファンエディション」を設定した。メーカー希望小売価格(税込み)は、23...

続きを読む...

わずか30台のみのスペシャルモデル! アルピーヌA110に限定車が登場

2色の専用ボディカラーで特別感を演出  アルピーヌ・ジャポンは、アルピーヌA110にスペシャルなボディカラーを与えた限定モデル「ノワール」と「ブルー アビス」の2モデルを設定した。各色30台限定となり、どちらも829万円...

続きを読む...

待望のディーゼルやPHVも! 人気のBMW3シリーズがラインアップを拡大して魅力度をアップ

多彩なラインアップで選択肢が広がった  ビー・エム・ダブリューは、2019年1月に発売した新型3シリーズにディーゼルエンジン、プラグインハイブリッド、ハイパフォーマンス仕様の3モデルを追加すると発表した。  今回追加とな...

続きを読む...

世界初の完全通信型ナビも搭載! 美しさと力強さを両立した新型キャデラックCT6が登場

最先端の安全機能や完全通信ナビを備えた極上モデル  ゼネラルモーターズ・ジャパンは6月15日、キャデラックの最上級セダン「キャデラック CT6」の新型モデルを発売する。メーカー希望小売価格は税込み1026万円。  新型C...

続きを読む...

1 / 9012345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  3. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  4. しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静...

  5. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  6. ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    国土交通省によれば例外はなく同じ騒音規制を適用 フェラーリやランボルギ...

  7. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  8. ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    扱いづらい特性でも急激な加速は魅力だった  排気ガスの勢いでタービンを...

  9. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  10. 50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    衝突回避・被害軽減ブレーキを含むセーフティ センスPを標準化 トヨタは...

http://baden-medservice.ru

www.profvest.com/2018/06/inarix-hyip-otzivi-obzor.html

profvest.com