「輸入車」の記事一覧

SUVらしさを際立たせたプジョー3008&5008の特別仕様車「CROSSCITY」発売

人気のオプションパッケージを標準化  プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーブランドの人気SUVは「3008」と「5008」に、よりSUVらしいパフォーマンスを楽しむことができる装備などを満載する特別仕様車「CROS...

続きを読む...

輸入車はベンツ・BMW・アウディだけじゃない! 意識高い系に選んで欲しいドイツ車以外の欧州車4選

見た目だけじゃなく運動性も高いモデルが続々登場!  日本における輸入車はこれまで“ドイツ車一強”だった。しかし最近、その様相が大きく変化し始めている。スウェーデン、イタリア、フランスのクルマに、アンチドイツ車向け……とは...

続きを読む...

ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラーの限定車をイメージしたオシャレなニットが12名に当たる!

ひとつだけ白くなったロサンジュがオシャレ!  ルノー・ジャポンは、メガーヌ スポーツ・ツアラーの限定車発売に合わせて、ファッションブランド「エディフィス」とコラボレーションしたスペシャルパターンニットのプレゼントキャンペ...

続きを読む...

上質な本革シートを採用したフォルクスワーゲン・ゴルフ トゥーランの限定車「プレミアム」が販売中

人気のオプションパッケージも標準化  フォルクスワーゲンは、7人乗りコンパクトミニバンのゴルフ トゥーランに、質感や機能性を向上させた限定車「ゴルフ トゥーラン TDI Premium」を設定し、300台限定で販売してい...

続きを読む...

【ムービー】日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019 10ベストカーインタビュー! アルファロメオ・ステルヴィオ編

SUVなのにまるでスポーツカーのようなハンドリング性能  2018年12月7日、日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019が決定する。この賞は数多くのノミネート車から選ばれた10台の「10ベストカー」の中から選出される...

続きを読む...

生産台数が極小の小メーカー「フェラーリ」が莫大な予算が必要なF1に参戦できるワケ

ライセンス収入が大きい上にフェラーリならではの特殊事情も!  フェラーリ社の売上の内訳を見ると、驚くべきことが判明する。確かにフェラーリは、自動車メーカーとしては非常に小さな企業だ。年間売上額は、4500億円に過ぎない。...

続きを読む...

ニュル最速SUV! アルファロメオ ステルヴィオに最強モデル「クアドリフォリオ」が登場!

SUVの世界最速タイム7分51秒7を樹立する性能 FCAジャパンはアルファロメオのSUVモデル「ステルヴィオ」に『クアドリフォリオ』を設定し、11月28日から全国のディーラーで受注を開始した。価格は税込み1167万円。 ...

続きを読む...

【ムービー】日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019 10ベストカーインタビュー! BMW・X2編

SUVらしからぬクーペスタイルが特徴  栄えある日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019が、2018年12月7日に発表される。その1台は、全27台のノミネート車から、選考委員の投票によって10台に絞られた、10ベスト...

続きを読む...

あまりに地味でフツーなのに走ると楽しすぎるクルマ3選

ハッキリ言って遅いが操る楽しさは格別 「走りが楽しい」と聞くと頭に思い浮かべがちなのはスポーツカーだろう。もちろん走行性能を第一に磨き上げて生み出された車種であるから走りが楽しいのは当然で、走りが楽しくないスポーツカーほ…

続きを読む...

【試乗】新型BMW Z4は国宝級の直6エンジンと最高のFRシャシーで理想的なスポーツカー!

典型的なFRスポーツのデザインだがドライバーは前方に移動  ふたり乗りのオープンカーなんて、まったく実用性がない単なる遊びグルマだと思っている人が多いと思う。だが、クルマ好きにとってオープン2シーターはある種の憧れのスポ...

続きを読む...

【ムービー】日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019 10ベストカーインタビュー! ボルボXC40編

昨年に引き続き2年連続の大賞となるか!?  まもなく日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019のイヤーカー(大賞受賞車)が決定する。これは2017年11月1日から2018年10月31日までに日本国内で発表・発売されたク...

続きを読む...

リタイヤ組の両親に勧めるならこのクルマ! 150万円以下でも先進安全装備充実な中古車3選

現行モデルでタマ数が豊富なモデルも  現在販売されている新車のほとんどに装着、もしくはオプション設定されている先進安全装備。うっかりよそ見をしてしまったときなどに効果を発揮する衝突被害軽減ブレーキや、駐車場などでのアクセ…

続きを読む...

ルノー・トゥインゴGTが全日本ラリーに初参戦! 希有なRRコンパクトの走りやいかに(動画あり)

ガチガチの競技車ではなく走って楽しいマシンに仕上げた  日本のラリー競技の最高峰「全日本ラリー選手権」。シーズンの最終戦である第10戦・新城ラリー2018が11月2日〜4日に渡り、愛知県新城市を舞台に開催された。  なか...

続きを読む...

小さなボディをSUV風に仕立てたフォルクスワーゲン cross up!が300台限定で発売

上級グレードをベースに先進装備なども充実  フォルクスワーゲンは、スモールカー「up!」をSUV風に仕立てたクロスオーバータイプの限定車「cross up!」を300台限定で発売した。209万8000円。  エクステリア...

続きを読む...

大メーカーじゃないのにメルセデス・ベンツが世界最先端の技術を誇るワケ

世界で初めてガソリンエンジン車を作った誇りと小回りの利く規模  ダイムラー社のメルセデス・ベンツは、電動化や自動運転化へ積極的に取り組んでいる。たとえば、AMGの車両においても、最新の直列6気筒ガソリンエンジン+ISG(...

続きを読む...

1 / 7812345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  2. ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

    ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

    走りも使い勝手も期待値の一歩上を行く完成度 2017年のフルモデルチェ...

  3. えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    デートの雰囲気を盛り上げてくれる軽自動車も結構ある 今ドキ女子はと〜っ...

  4. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  5. 国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    埋もれるような豪雪エリアや凍結した坂道などはチェーンが有効 国土交通省...

  6. 【噂の真相】雪道で4WDが威力を発揮するのは発進だけって本当?

    【噂の真相】雪道で4WDが威力を発揮するのは発進だけって本当?

    発進以外に加速や巡航時の安定性にも効果がある 日本の積雪地では4WDが...

  7. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  8. 【疑問】左折後の道路が2車線の場合どっちの車線に入ってもいいの?

    【疑問】左折後の道路が2車線の場合どっちの車線に入ってもいいの?

    道交法上は「できる限り道路の左側端に沿って」との記述 左折後、次の交差...

  9. 【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    他メーカーへの流出を避けたり海外での販売促進など理由は多い 日系ブラン...

  10. 【意外と知らない】メーターに表示される警告灯の意味

    【意外と知らない】メーターに表示される警告灯の意味

    意味を知れば大きなトラブルに成る前に対処できる クルマに乗って、イグニ...

http://baden-medservice.com

www.profvest.com/2018/06/inarix-hyip-otzivi-obzor.html

profvest.com