• TOP > インタビュー

「インタビュー」の記事一覧

パワーユニットもレストアして完全復活したダイハツP-5のキーマンにインタビュー【大阪オートメッセ2019】

きちんと走れる状態にまで完全レストア!  インテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2019」。3ホールのダイハツブースには、同社社員で構成される「ダイハツ技術会」が、当時の開発エンジニアへのヒアリングなどを経て約3...

続きを読む...

トヨタ2000GTがバラバラ状態で展示された驚きの理由とは【大阪オートメッセ2019】

バラしたのではなくこの状態で入手した  新型スープラ=GRスープラの日本初公開で注目された今年の大阪オートメッセ。そのGRスープラが展示されたトヨタブースのすぐ隣の大阪トヨペットブースには、スープラの遠い先祖(?)、19...

続きを読む...

残念ながら発売は未定! 上質仕立てのダイハツ・コペンスポーツプレミアムの魅力とは【大阪オートメッセ2019】

手作業で塗り上げたスペシャルなボディカラーに注目  2月9日(土)より11日(月・祝)までインテックス大阪で開催中の「大阪オートメッセ2019」。3ホールのダイハツブースでは、3台の新たなるコペンがメインステージに展示し...

続きを読む...

これは発売希望! 趣味を満喫できる新型スズキ・ジムニー&シエラのカスタムは注目の的!【大阪オートメッセ2019】

ジムニーの本能を呼び覚ます本格オフロード仕様  インテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2019」。3ホールにあるスズキ・ブースのメインステージには、昨年7月に20年ぶりのフルモデルチェンジを果たして以来、仕様によ...

続きを読む...

発売が待ち遠しい! ダイハツ・コペンGRスポーツコンセプトのキーマンを直撃【大阪オートメッセ2019】

トヨタ車以外で初となるGRのDNAを受け継ぐモデル  2月9日(土)より11日(月・祝)までインテックス大阪で開催中の「大阪オートメッセ2019」。3ホールのダイハツブースでは、3台の新たなるコペンがメインステージに展示...

続きを読む...

日本への導入はいつ? 大注目の新型マツダ3はカスタムスタイルで魅力を発信【大阪オートメッセ2019】

話題の新型モデルながら乗り込みも可能!  2月9日(土)より11日(月・祝)までインテックス大阪で開催中の「大阪オートメッセ2019」。3ホールにあるマツダブースのメインステージとその手前には、昨年11月にロサンゼルス自...

続きを読む...

SUVでも走りを追求! ホンダ ヴェゼルのモデューロXコンセプトの開発陣にインタビュー【大阪オートメッセ2019】

ベースモデルの装備をあえて外しハンドリング性能を追求  2月9日(土)より11日(月・祝)までインテックス大阪で開催中の「大阪オートメッセ2019」。3ホールのHonda/無限ブースの入り口には、1月31日に発売されたヴ...

続きを読む...

約40kgも軽量化! 200台限定が惜しいダイハツ・コペンクーペの開発者にインタビュー【大阪オートメッセ2019】

低コストながら強度などを確保することに成功  2月9日(土)より11日(月・祝)までインテックス大阪で開催中の「大阪オートメッセ2019」。3ホールのダイハツブースでは、3台の新たなるコペンがメインステージに展示している...

続きを読む...

丸目のレトロなクルマに乗りたい! CARトップ3月号カバーガール・矢島舞美チャンの笑顔にドキドキ

彼氏とドライブするなら夜景を見に行きたい!  惜しまれつつも解散してしまった人気アイドルグループ「℃-ute(キュート)」のリーダーを務め、現在はソロの歌手や女優などでマルチに活躍している矢島舞美ちゃん。実家にあるハイブ...

続きを読む...

【ムービー】初のビッグマイナーチェンジ! レクサスRC Fの開発責任者にインタビュー

サーキット走行を存分に楽しんでもらうための大幅改良  レクサスの操る楽しさの象徴であり、究極の走りを体現したFモデル。スポーツクーペのRCに設定されたRC Fは、2014年の登場依頼、初めてのビッグマイナーチェンジを行っ...

続きを読む...

【ムービー】なぜ日本では売らない? スバル WRX STIベースの「S209」開発責任者を直撃インタビュー

日本のファン待望のS209はアメリカでしか売らないのか?  デトロイトショーで公開されたSUBARU WRX STIをベースにした、スバルテクニカインターナショナル(STI)のコンプリートモデル、S209。これまでのSシ...

続きを読む...

【ムービー】ついにベールを脱いだ新型トヨタスープラ! 開発責任者の多田哲哉さんにインタビュー

リバイバルを作りたいわけではないが伝統は感じてほしい  デトロイトモーターショーでついに姿を現した、トヨタスープラ。プレスカンファレンスも今回のショーで一番メディアの数が多かったのでは? と思うほどの注目ぶりだった。そん…

続きを読む...

【ムービー】2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー「スモールモビリティ部門賞」ダイハツ ミラ トコット受賞インタビュー

ちょっと不思議な車名にコダワリあり  2018-2019日本・カー・オブ・ザ・イヤーの特別賞である、スモールモビリティ部門賞を獲得したダイハツ ミラ トコット。受賞式が終了した直後に、開発を行った車両開発本部 製品企画部...

続きを読む...

【ムービー】2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー「エモーショナル部門賞」BMW X2受賞インタビュー

見た瞬感エモーショナル賞だと思ったモデル  2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーのエモーショナル部門賞に輝いたBMW X2。受賞式が終わった直後に、広報部の前田雅彦さんに直撃インタビューを行った。  このクルマを...

続きを読む...

「まったく別のクルマに見せたかった」スズキ・スペーシアギアの開発エンジニアに直撃インタビュー

参考出品のカスタマイズ仕様がギア誕生きっかけのひとつに  2017年12月にフルモデルチェンジしたばかりのスズキの背高軽ワゴン「スペーシア」に、タフでアクティブなSUVデザインを採用した「ギア」が仲間入りし、12月20日...

続きを読む...

1 / 912345...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  3. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. 59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    駐車監視員は60分を超えてからじゃないと放置車両扱いができない このと...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  8. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  9. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  10. 日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    整備された交通インフラやカーナビの発達も要因のひとつ 欧州では高齢者や...

baden-medservice.com

http://www.baden-medservice.com

baden-medservice.com/uslugi-i-ceny/transportnye-uslugi/