• TOP > インタビュー

「インタビュー」の記事一覧

【ムービー】日本導入はいつ? トヨタ新型カローラツーリングスポーツの開発キーマンにインタビュー

日本の道路環境に合わせて鋭意開発中!?  フランス・パリモーターショーで発表された新世代カローラの第2弾、ワゴンボディの「カローラツーリングスポーツ」。ハッチバックのカローラスポーツがもつスタイリッシュさを受け継ぎ、ホイ...

続きを読む...

CARトップ9月号の表紙を飾った大原優乃チャンのキュートな笑顔をスペシャル動画でお届け!

クルマは詳しくないのでいろいろ教えてほしいです!  CARトップ9月号の表紙を飾ってくれたのは、グラビアアイドルやタレントとしてマルチに活躍している大原優乃チャン。免許を取ったら丸っこい軽に載って女子ふたり旅をしてみたい...

続きを読む...

【ムービー】もっと電気で走る楽しさを! 三菱アウトランダーPHEV大幅改良に込めた開発陣の思いを直撃

開発に携わった人の熱い想いをお届け!  新設計の駆動用バッテリーとエンジンを搭載したことで、PHEVシステムを大幅アップデートさせた三菱アウトランダーPHEV。その改良ポイントについて、開発陣にお話を伺った。インタビュア...

続きを読む...

【ムービー】クルマの免許が取りたい! 人気アイドル浅川梨奈チャンの撮影オフショット動画

彼氏には身の丈にあったクルマに乗ってほしいですね!  アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」のメンバーでもあり、グラビアアイドルや女優として活動している浅川梨奈チャン。原付の免許取得に4回挑戦して4回失敗してしまった...

続きを読む...

【ムービー】免許は持ってないけどクルマ好き! SKE48惣田紗莉渚チャンの笑顔をお届け!

ワイルドスピードで見たスープラがカッコよくて好きです!  現在好評発売中のCARトップ11月号で表紙を飾ってくれたのは、国民的アイドルグループ「SKE48」のメンバー・惣田紗莉渚チャン。F1観戦をしたことがあったり、映画...

続きを読む...

生産性向上よりも徹底して高品質を追求したトヨタ・新型センチュリーのデザインへのこだわりとは

最高峰の名にふさわしい至高のデザインを  初代の誕生からおよそ半世紀に亘り、後席のVIPが快適にくつろげることを最優先とし、そのための乗り心地のよさや静粛性を追求してきたセンチュリー。その思想は決してブレることなく、歴史...

続きを読む...

【ムービー】ますます魅力的になったマツダ・ロードスターの開発キーマン2人にインタビュー

乗るとわかるエンジンを改良したことのすごさ マツダ・ロードスターの改良モデルが6月に登場した。ソフトトップモデルは、限定車としてキャラメルトップを採用し、ATのシフトタイミングなどを見直した。リトラクタブルハードトップを...

続きを読む...

ダイハツ・ミラ トコットの優れた走りを作り上げた女性エンジニアのワザ!

女性の求める「運転のしやすさ」は男性とは違う 「自分にちょうどいい、欲しいと思うクルマがない」と訴える若い女性たちの声に気づき、女性社員たちによる“現代女性の感性変化を調査する”プロジェクトを立ち上げたダイハツ。その中で...

続きを読む...

「守るべき伝統と打ち破る伝統」新型トヨタ・クラウン開発陣が込めた想いとは

伝統を守りながらも伝統を打ち破らなければならない  トヨタの創業者である豊田喜一郎氏の「日本人の頭と腕だけで、国産車を作る」という熱い想いを原点に、1955年に初代が誕生したトヨタ・クラウン。その後も時代ごとの先進技術を...

続きを読む...

世界に出しても通用するデザインを! 新型トヨタ・クラウンのデザイナーがこだわったポイントとは

クラウンは社内でも特別な存在で手間や苦労を惜しむ者はいない  歴史を守ること。そして歴史を変えること。そんな矛盾するふたつの要素を両立させる。15代目となる新型クラウンのデザイン開発は、その高いハードルに挑んだプロジェク...

続きを読む...

開発のキーマンが日本人を長年魅了するカローラの最新モデルに込めた思いとは

伝統を守りながら、新たなる領域への挑戦  時代ごとに求められる新たな価値を創出し、変化することで歴史を築いてきたカローラ。カローラのDNAとも言えるその精神性は、12代目となる新型でも健在だ。目指したのは、カローラならで...

続きを読む...

従来のカローラ像を変えるデザインを! トヨタ新型カローラ スポーツのデザイナーにインタビュー

歴代随一のスポーティさといつまでも愛せる大人のデザインを!  1966年に初代が誕生し、2016年には50周年という節目を迎えたカローラ。2001年まで33年間連続で国内年間販売台数の首位を維持し続けるなど、まさに日本の...

続きを読む...

カラーは機能に特化し表面処理にも意味を持たせる! 新型スズキ・ジムニーのデザインへのこだわりとは

ジムニーの原点に立ち戻って機能に特化 “世界最強のオフローダー”スズキ「ジムニー」が7月5日、20年ぶりにフルモデルチェンジし4代目へと進化した。そのデザインへのこだわりについて、四輪デザイン部四輪インテリア課の日向 隆...

続きを読む...

2代目に似たのは機能美を追求した結果! 新型スズキ・ジムニーのエクステリアデザイナーにインタビュー

トレンドを意識したデザインとは真反対の方向を向いた 7月5日、20年ぶりに世代交代し4代目へと進化した“世界最強のオフローダー”スズキ・ジムニー。2代目以前に原点回帰した感の強いエクステリアデザインについて、四輪デザイン...

続きを読む...

「信頼できるSUVに新しい価値を加えたい」スバル新型フォレスターの開発エンジニアにインタビュー

歴代の価値をしっかり守りながら、新たな価値を創造  1997年に初代がデビューし、今ではスバルのグローバル最量販モデルにまで成長したフォレスター。その第5世代となる新型がいよいよ正式デビュー。今回のフルモデルチェンジで開...

続きを読む...

1 / 712345...最後 »

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  3. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  4. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  5. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  6. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  7. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  8. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  9. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  10. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

baden-medservice.com

http://www.baden-medservice.com

baden-medservice.com/uslugi-i-ceny/transportnye-uslugi/