「東京オートサロン」の記事一覧

4月28日は「ヨイツヤ」洗車の日! 今年で11回目を迎える同イベントを東京オートサロンでアピール

スタンプラリーで記念品がもらえるイベントも開催  1月11日〜13日の3日間、千葉県・幕張メッセで開催されたカスタマイズカーショー「東京オートサロン2019」。その会場内に、ブース出展していたのがオートアフターマーケット...

続きを読む...

これなら走れない道はない! クローラー仕様のジュークを展示した日産ブース【東京オートサロン2019】

ひっそりと展示されていたエルグランドはGT-R仕様!?  日産自動車は、東京オートサロン2019にて個性的なカスタムカーを展示した。もっとも注目を集めていたのが、エクストレイルとジュークの2台だろう。  ジューク・パーソ...

続きを読む...

話題のスープラはスーパーGT仕様が早くも登場! トヨタガズーレーシングブース【東京オートサロン2019】

間もなくベールを脱ぐスープラに注目が集まる!  トヨタガズーレーシングは、東京オートサロン2019にて、間もなく発表されるトヨタスープラのプロトタイプとともに、2020年に国内最高峰のツーリングカーレースであるスーパーG...

続きを読む...

ハイパフォーマンスブランド「AMR」を披露! アストンマーティンが初出展【東京オートサロン2019】

サブブランド「AMR」の世界観を表現したブースに  イギリスの高級スポーツカーメーカーであるアストンマーティンが、東京オートサロン2019に初出展した。展示したのはヴァンテージと、よりスポーティさを高めたDB11 AMR...

続きを読む...

アクティブな雰囲気に仕立てた話題のジムニーに注目のスズキブース【東京オートサロン2019】

ピックアップは市販化してほしいほどの仕上がり!  カスタムカーの祭典「東京オートサロン2019」。スズキブースで注目を集めていたのは、やはり2台のジムニーだろう。ジムニーとジムニーシエラ、双方で個性的なカスタマイズが施さ...

続きを読む...

間もなく日本発売の怪物4座クーペがお目見え! メルセデス・ベンツブース【東京オートサロン2019】

じつに639馬力/900N・mの強烈なエンジンを搭載  2019年1月11日から13日まで千葉県・幕張メッセで行われる東京オートサロン。国産メーカーと同様な規模の大きなブースを構えていたのがメルセデス・ベンツだ。  注目...

続きを読む...

オートサロン初日に募集開始の200台限定コペンクーペも展示! ダイハツブース【東京オートサロン2019】

カスタマイズを通じて遊びを提案するダイハツの試み  2019年1月11日から13日まで行われている東京オートサロン2019。各メーカー、ショップがさまざまなカスタマイズの提案をするなか、異彩を放っていたのがダイハツブース...

続きを読む...

ナンバーの詳細までクッキリ! 4K画質のドライブレコーダーがデータシステムブースに登場【東京オートサロン2019】

ハイビジョンの4倍の解像度を実現  交通トラブルによる凄惨な事件が発生して以来、ドライブレコーダーへの注目が高まり、同時に技術的進歩のスピードもグッと増している。  とくに高精細な映像を実現するための画素数の向上はめざま...

続きを読む...

SUV一色! 新型デリカD:5に注目の三菱自動車ブース【東京オートサロン2019】

「Drive your Ambition」をテーマに7台を展示  1月11日~13日に幕張メッセで行なわれている東京オートサロン2019。三菱自動車は「Drive your Ambition(ドライブ・ユア・アンビション...

続きを読む...

フォレスターとインプレッサのSTIコンセプトは必見! 走る楽しさを前面に押し出したスバル/STIブース【東京オートサロン2019】

走りのSTIがSUVやエントリーモデルをも変身させる!  スバル/STIブースのテーマは「オール・フォー・ドライブ・エキサイトメント」。スバル車に乗ったときの高揚感や走る楽しさを伝えたいという思いから作り上げられたブース...

続きを読む...

ブーステーマは「マツダの新時代」いち早く新型アクセラに触れられるチャンス!【東京オートサロン2019】

マツダ3のセダン・ハッチバックを展示!  2019年1月11日から行われている東京オートサロン2019。マツダブースのテーマはずばり「マツダの新時代」。それにふさわしく、先日北米LAショーで発表されたばかりのマツダ3、日...

続きを読む...

激速軽自動車! マツダ・ロードスターよりも速いダイハツ・コペンが登場

筑波サーキットで1分13秒のマツダロードスターより2秒も速い  ダイハツ車のトータルチューニングブランド「D-SPORT」が、今年はコペンのチューニングに力を入れているをご存じだろうか? これまでサーキット色の薄いコペン...

続きを読む...

往年の名車のベースは? 日本自動車大学校の生徒が作ったフォードGT40が凄い

フォードGT40をモチーフに現代版に仕立てた  今や東京オートサロンのひとつの名物ともなっているNATS=日本自動車大学校の学生たちが製作したカスタムカーの展示。今年も楽しみにしてNATSのブースを訪ねてみると、10台の...

続きを読む...

ハイエース&ランクルを旧車風にカスタマイズ! FLEXのオシャレすぎるラインアップ

目玉は2003年式を80年代風に仕上げたランクル いまなお根強い人気のトヨタ・ハイエースやランドクルーザーをベースに独自のカスタマイズを行う「FLEX」が東京オートサロンに6台のデモカーを展示した。なかでも注目は100系...

続きを読む...

次期WRX STIか? スバルブースで人気を集めたコンセプトカーを徹底解説【東京オートサロン2018】

大型スポイラーやディテール変更でグッとスポーティに  先日閉幕した東京オートサロン2018。SUBARUブースでひときわ多くの視線を集めていたのが「SUBARU VIZIV PERFORMANCE STI CONCEPT...

続きを読む...

1 / 912345...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  3. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. 59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    駐車監視員は60分を超えてからじゃないと放置車両扱いができない このと...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  8. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  9. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  10. 日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    整備された交通インフラやカーナビの発達も要因のひとつ 欧州では高齢者や...

www.baden-medservice.com/

baden-medservice.com

www.profvest.com/2018/06/fastearning-hyip-otzivi-obzor.html