「海外ショー」の記事一覧

より大胆に遊び倒せるデザインを採用! スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプトが示す世界観とは

非日常を存分に味わうための新たな提案  スバルが今回のジュネーブショーでお披露目した「ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト」。このヴィジヴシリーズの最新作は、一見すると流行のSUVクーペのデザインスタディといった趣だが、は...

続きを読む...

やっぱりスープラはレースありき! LM-GTEに続き新型スープラGT4が登場した理由を直撃

続々公開されるスープラだがジュネーブではGT4を展示  ジュネーブショーのプレスカンファレンスは15分置きのスケジュールでひっきりなしに行なわれるので、すべてを追う事は事実上不可能である。そんななかトヨタは、「デジタルプ...

続きを読む...

ホンダが航続距離わずか200kmのEV「ホンダe」を登場させるワケ

コンセプトカーながら95%は市販モデルと同じ  ホンダはジュネーブショーに先駆けて「2025年までに欧州で発売する4輪商品すべてを電動車両に置き換えること目座す」と発表した。すでにディーゼルモデルは姿を消し、ハイブリッド...

続きを読む...

スバルの新たなデザインがスタート! VIZIV ADRENALINE CONCEPTは完全ニューモデルの可能性大

スバルの新デザインコンセプトを採用した初めてのクルマとなる  SUBARU(スバル)は、スイス・ジュネーブで開催中の第89回ジュネーブ国際モーターショーにおいて、コンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALI...

続きを読む...

これぞモーターショーの原点! 「オフロードに急勾配」まるでアトラクションのような屋内試乗コース多数のシカゴショー

アメリカの天候も関係し屋内のコンテンツが充実  シカゴショーの特徴のひとつが、かなり規模の大きい屋内試乗コースを構えるブランドが多いということ。ここではランドローバー、ラム、ジープブランドの試乗コースを紹介しよう。ほかに…

続きを読む...

アメリカ人はクルマ好き! モーターショーに感じる日本との深度の差

ニューモデルでもないのに関係者がクルマ談義に華を咲かせる  シカゴショーは2019年2月9日が一般公開となり、その前の7日と8日がプレスデーということで、メディア取材に対応していた。しかし完成車メーカーをメインとしたプレ...

続きを読む...

かつてはベージュや深紅! シカゴショーで感じたアメ車の内装色へのコダワリ

最近のアメ車は欧州車のような黒い内装色が増えていた  シカゴショーの会場内にある各メーカーブースをまわっていて気がついたのが、展示車に明るい色調の内装色を使ったものが多いことである。とくにアメリカンブランド車ではその傾向…

続きを読む...

新車の目玉はスバル・レガシィぐらい! それでもシカゴショーに人が集まるワケ

デトロイトの開催時期変更を受けて注目度が増す可能性のシカゴ  2月9日からの一般公開を前に、7日・8日はシカゴショーのプレスプレビューデーであった(いずれも現地時間)。”全米一の集客数を誇る”と聞き、また2020年からい...

続きを読む...

デトロイトショーに初出展した謎の自動車メーカー! マヒンドラ&マヒンドラとは

いきなりメインフロアにブースを出展したインドのメーカー  1月開催が最後というのに、メルセデスベンツ、BMW、アウディの出展とりやめもあり、どうにも寂しい内容となったのが今回のデトロイトショー。しかし、そのなかで今回初出...

続きを読む...

【ムービー】なぜ日本では売らない? スバル WRX STIベースの「S209」開発責任者を直撃インタビュー

日本のファン待望のS209はアメリカでしか売らないのか?  デトロイトショーで公開されたSUBARU WRX STIをベースにした、スバルテクニカインターナショナル(STI)のコンプリートモデル、S209。これまでのSシ...

続きを読む...

なんとアメリカ専用! スバルがデトロイトで人気限定車の最新作「S209」を披露【NAIAS2019】

日本での販売は未定となるSシリーズ史上初のアメリカ専売モデル  SUBARUのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(略称STI)はデトロイトモーターショーにて、STIコンプリートカーの最高峰「S...

続きを読む...

レクサスは最強のRC Fとオープンエアを楽しめるLCコンバーチブルを初披露【NAIAS2019】

アメリカで好まれる2台のクーペのスペシャルモデル  LEXUSは、デトロイトモーターショーでコンセプトカー「LC Convertible concept」と、新型「RC F」を世界初公開した。美しい伸びやかなデザインのオ...

続きを読む...

日産がデトロイトで自動運転EVコンセプトカー「IMs」を世界初公開【NAIAS2019】

和のテイストも取り入れた最新の自動運転車  アメリカ・ミシガン州デトロイトで行われる2019年北米自動車ショー(NAIAS2019:2019年1月14日~27日)で、電気自動車(EV)コンセプトの「Nissan IMs」...

続きを読む...

インフィニティはブランド誕生30周年を記念した電動SUVのコンセプトカーを発表【NAIAS2019】

陶磁器や漆器など日本のDNAを盛り込んだ電動SUV  2019年1月14日~27日にアメリカ・ミシガン州デトロイトにあるCOBOセンターで行われる2019年北米自動車ショー(NAIAS2019)。そのプレスデー初日にイン...

続きを読む...

ついに姿を現した! 新型トヨタ・スープラがデトロイトでワールドプレミア【NAIAS2019】

GRとしてイチから開発した初のスポーツモデル  A90というコードネームが入った特徴的なカモフラージュ姿はプロトタイプとして、日本国内で頻繁にスクープされていたスープラ。先日開催された東京オートサロンでは、GT500コン...

続きを読む...

1 / 1312345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  3. 巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    クセが強すぎて1代で終わってしまったクルマも存在 クルマの系譜というの...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    走りや安全性の追求が車両価格を上げる 最近、よく耳にするのが、「最近の...

  6. 価格高騰へのカウントダウンが始まった!  いま買わないと後悔必至の昭和の名車4選

    価格高騰へのカウントダウンが始まった!  いま買わないと後悔必至の昭和の名車4選

    今後どんどん価格上昇すると見込まれるモデル 今年の4月30日をもって幕...

  7. この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    椅子はあるけれど日常的に座ることは厳しい! ミニバンだけでなく、最近は...

  8. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  9. 普通車が余裕で買える! 衝撃の高額プライスの現行軽自動車トップ5

    普通車が余裕で買える! 衝撃の高額プライスの現行軽自動車トップ5

    1位はじつに300万円近いプライスタグ! 軽自動車は本来、小さく、扱い...

  10. いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

    いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

    見た目はもちろん運動性能の面でメリットは大きい 最近は純正装着でも17...

https://baden-medservice.com

https://baden-medservice.com

www.baden-medservice.com