「海外ショー」の記事一覧

なんとアメリカ専用! スバルがデトロイトで人気限定車の最新作「S209」を披露【NAIAS2019】

日本での販売は未定となるSシリーズ史上初のアメリカ専売モデル  SUBARUのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(略称STI)はデトロイトモーターショーにて、STIコンプリートカーの最高峰「S...

続きを読む...

レクサスは最強のRC Fとオープンエアを楽しめるLCコンバーチブルを初披露【NAIAS2019】

アメリカで好まれる2台のクーペのスペシャルモデル  LEXUSは、デトロイトモーターショーでコンセプトカー「LC Convertible concept」と、新型「RC F」を世界初公開した。美しい伸びやかなデザインのオ...

続きを読む...

日産がデトロイトで自動運転EVコンセプトカー「IMs」を世界初公開【NAIAS2019】

和のテイストも取り入れた最新の自動運転車  アメリカ・ミシガン州デトロイトで行われる2019年北米自動車ショー(NAIAS2019:2019年1月14日~27日)で、電気自動車(EV)コンセプトの「Nissan IMs」...

続きを読む...

インフィニティはブランド誕生30周年を記念した電動SUVのコンセプトカーを発表【NAIAS2019】

陶磁器や漆器など日本のDNAを盛り込んだ電動SUV  2019年1月14日~27日にアメリカ・ミシガン州デトロイトにあるCOBOセンターで行われる2019年北米自動車ショー(NAIAS2019)。そのプレスデー初日にイン...

続きを読む...

ついに姿を現した! 新型トヨタ・スープラがデトロイトでワールドプレミア【NAIAS2019】

GRとしてイチから開発した初のスポーツモデル  A90というコードネームが入った特徴的なカモフラージュ姿はプロトタイプとして、日本国内で頻繁にスクープされていたスープラ。先日開催された東京オートサロンでは、GT500コン...

続きを読む...

トヨタ・カローラセダンが初公開! 脱オヤジセダンのカッコ良すぎるデザイン【LAショー】

ラゲッジルームを犠牲にしないハイブリッドは使い勝手抜群  今年6月に発売を開始したカローラスポーツ。そのセダンモデルがLAオートショーで発表された。北米向けには1.8リッターハイブリッド、また1.8リッターと新開発の2リ...

続きを読む...

スバルもついにPHVを投入! EVモードの航続距離は約27km【LAショー】

日本国内への導入時期は未定  国内外で人気のクロストレック(日本名:XV)にプラグインハイブリッドモデルが新たに追加された。2リッター水平対向エンジンとリニアトロニックCVT、こちらにスタータージェネレーターとふたつの駆...

続きを読む...

トヨタ・プリウスが大幅変更! やり過ぎスタイルが大人しくインテリアはPHV風に【LAショー】

4WDのシステムにも変更が加えられた  不評の声もあった特徴的なエクステリアデザインから変更し大人しいデザインにリフレッシュ。同時にリヤコンビネーションランプ&リヤバンパーのデザインも変更された。  インテリアも...

続きを読む...

新世代マツダの第1弾! LAオートショーで新型Mazda3(アクセラ)が登場

ハッチバックとセダンで外観の共通点はボンネットのみ!  11月28日に開催されたロサンゼルスオートショーの前夜祭にて、マツダは新型Mazda3(日本名:アクセラ)を発表。現行モデルと同様にセダンとハッチバックがラインアッ...

続きを読む...

ローカルな広州モーターショーにも政府の息が! 人気のハズのドイツ車ブースが閑散としていたワケ

NEV規制を前に地元系ブースへの積極取材指令が出たか  今年の広州ショーモーターショーはどこか雰囲気が違う……、11月16日のプレスデーの朝一番に会場を訪れて筆者は最初に感じた。  そもそも広州モーターショーは、世界が注...

続きを読む...

中国広州モーターショーでの「新エネルギー車」主役化で露わになった日本メーカーの立ち後れ

もともと日系メーカーが強いエリアだがNEV全盛時に危機  11月16日から25日までの日程で、“広州国際汽車展覧会(広州モーターショー)”が開催される。筆者は開催前々日夜に広州入りし、開催前日にショー会場へプレスパスを引...

続きを読む...

ついに真打ちが登場!? フランス・パリモーターショーでカローラセダンのシルエットを発見!

これが新型アクシオになるのか!?  先にお伝えしたように、パリサロン2018のトヨタブースにはカローラツーリングスポーツが展示され話題を集めた。展示ステージの大型ビジョンにはカローラのイメージムービーが放映されたのだが、...

続きを読む...

ベトナム初の自動車メーカー「ビンファースト」がフランス・パリサロンでデビュー!

今後は電気自動車なども手がけグローバルに展開予定  パリサロン2018にブースを出展したビンファースト(VINFAST)という自動車メーカーをご存じだろうか? ベトナムの大手企業ビングループが新たに設立したメーカーで、ベ...

続きを読む...

パリサロンで初披露! スタイリッシュに生まれ変わったメルセデス・ベンツGLEクラス

新開発の足まわりで最上級SUVらしい走りを実現  従来はMクラスと呼ばれ、現行モデルの改良時にGLEと車名を変更したが、その新型モデルがパリショー2018で初公開となった。  ダイナミックさを追求したデザインはスタイリッ...

続きを読む...

質感をグッと高めたレクサスRCマイナーチェンジモデルがフランス・パリサロンに登場

運動性能もアップして走る楽しさを際立たせた  パリサロン2018のレクサスブースではマイナーチェンジしたRCが公開された。エクステリアはこれまでのスポーティクーペのイメージはそのままに、各部のデザインをリファインすること...

続きを読む...

1 / 1212345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  3. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  6. 暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    最初はよくても時間を追うと徐々に差が付いてくる 同じクルマ、そして同じ...

  7. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  8. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  9. ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ノアヴォクの326万円に対しアルヴェルは337万円とほぼ同額 ミドルサ...

  10. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

https://baden-medservice.com

https://baden-medservice.com

www.baden-medservice.com