「コラム」の記事一覧 - 65ページ目

【意外と知らない】オートマの「N」ニュートラルは何に使う?

クルマによっては頻繁にNを使うと痛む可能性も  マニュアルトランスミッション(MT)のニュートラルは頻繁に使うからわかりやすいけど、オートマチックトランスミッション(AT)のニュートラル(Nレンジ)は確かに何のためにある...

続きを読む...

マルティニカラーのあのクルマに挑んだラリーカー達

王者ランチャに戦いを挑んだ国産グループA  速くなり過ぎたグループBが、アクシデントが続出し安全性を担保できないことから1986年限りでWRCの表舞台から姿を消し、グループSの構想もとん挫。結果的に87年からはグループA...

続きを読む...

【ついに解禁】カメラとモニターで後方視認する「ミラーレス車」に危険はないのか?

車幅が狭くなり空気抵抗が減るという点がメリット  既報の通り、国際的な車両型式認証の相互承認制度(IWVTA)の象徴ともいうべき「ミラーレス」車の生産が解禁される。これまでドアミラー(一部はフェンダーミラー)によって後方...

続きを読む...

【これぞ名機】歴史に残る国産エンジン5選!

多くのファンに愛され続ける5機のエンジンたち  古くからクルマの「心臓部」と呼ばれるエンジン。  スタイリングや操縦性、駆動システムや室内パッケージングなど、クルマの魅力として挙げられるさまざまな要素のなかでも、やはりも...

続きを読む...

まさかの直ドリか!? 直線道路に横たわるトラック事故を目撃

フェルディナンド・ヤマグチが見かけた驚きの横転事故  2ヶ月ぶりのご無沙汰です。フェルディナント・ヤマグチです。 「週刊で書く」、と編集の方と固い握手を交わしたにも係わらず、気が付けば隔月掲載のスローペース。深く反省して...

続きを読む...

三菱スタリオン・マツダRX-7がWRCに出ていた1980年代のラリーシーン

グループ4からグループBへとWRCの主役が移行  1981年、当時世界のモータースポーツを統括していたFISA(国際自動車スポーツ連盟。FIA=国際自動車連盟の下部組織で93年にはFIAに吸収され、以後は世界モータースポ...

続きを読む...

楽しみ方は無限大! ルノー カングーとの付き合い方「乗用編」

カングージャンボリー2016で3台に突撃取材  ルノー カングーの使い方は人それぞれ。2016年5月15日に行われた「ルノー カングージャンボリー2016」をみると、さまざまな使い方をされていることがわかる。そこで、多く...

続きを読む...

【今さら聞けない】日本の車道が左側通行の理由とは

世界は右側通行が主流かと思いきや3割も左側通行がある  日本のモータリゼーションが活発になったのは1950年代からですが、戦後まもなく左側通行が道路交通法によって規定されています。ほとんど自家用車などなかった時代、当時は...

続きを読む...

速くなりすぎたグループBの後を継いだグループAマシン

WRCの主役に抜擢されたグループA グループ4からWRCの主役を継承したグループB(Gr.B)のラリーマシンだったが、時代はあっけなく終焉を迎えることになった。速くなり過ぎたことでアクシデントが続出。とうとう1986年に...

続きを読む...

【意外と知らない】自動車メーカーエンブレムの由来「国産メーカー編その2」

トラックメーカーまで一挙にご紹介  前回の「国産メーカー編その1」に引き続き国産メーカーのエンブレム、ブランドシンボルの由来を大調査! 普段何気なく目にしているシンボルマークも、その形に込められた意味を知るとこれから見る.…

続きを読む...

50代感涙! スーパーカーブームを盛り上げた名車3選

サーキットの狼に登場したスーパーカー3台を紹介  昭和50年に発刊された漫画「サーキットの狼」をきっかけに、一大ブームへと発展していったスーパーカー。1977年に東京晴海で行われた日本初のスーパーカーショーには45万人を...

続きを読む...

【意外と知らない】雨の日に前が見えない「油膜」の正体って何?

意外なことに雨を弾く撥水剤が原因のひとつ  雨が降ると、フロントガラスがモヤモヤ。最悪なのは雨の夜で、街の明かりがギラギラするばかりで、前方視界は最悪。これ、フロントガラスに付いた油膜が原因だ。そもそも油膜とはなんぞやと…

続きを読む...

【意外と知らない】自動車メーカーエンブレムの由来「国産メーカー編その1」

 メーカーの顔だけに込められた意味や思いは深い  クルマの顔とも言えるフロントマスクの中心に陣取ることが多いメーカーのエンブレム。そのメーカーを表す象徴とも言えるエンブレムだが、その由来をご存知だろうか? 今回は各メーカ.…

続きを読む...

【今さら聞けない】座れないほど狭いスポーツカーのリヤシートって何?

北米の保険料率が理由だったのは昔の話で今は商品力  スポーツカーとスポーツクーペの違いにリヤシートの有無が挙げられることもある。フェラーリやランボルギーニのような2シーターこそスポーツカーである! と。そういうと、「後席...

続きを読む...

【目立ち度MAX】ドイツ車だらけの祭典でたった1台・ルノー車を選んだワケとは?

「af.impスーパーカーニバル」に参加したルノー・メガーヌR.S.  2016年5月15日に大阪市舞洲スポーツアイランドで開催されたカスタムカーの祭典「af.impスーパーカーニバル」。輸入車スタイルアップ誌「af.i...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  3. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. 59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    駐車監視員は60分を超えてからじゃないと放置車両扱いができない このと...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  8. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  9. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  10. 日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    整備された交通インフラやカーナビの発達も要因のひとつ 欧州では高齢者や...