「コラム」の記事一覧 - 30ページ目

何の商品? モータースポーツマシンに貼られた超有名なロゴ5つの正体とは

かつてのF1では銀行がスポンサーになったことも!  レーシングマシンのカッコの良さは、機能美を追求したボディの造形の美しさに加え、カラフルでインパクトのあるスポンサーロゴの効果も大きい。そうしたレーシングマシンのスポンサ...

続きを読む...

まるでアニメか映画の世界! 実在する宇宙船のような衝撃デザインのクルマ7選

デザインスケッチどおりに作られたクルマも  クルマというのは機能も大切だが、デザイン性も重要だ。極端なことを言ってしまうと、走りなどの機能に遜色があっても、デザインが良ければ話題になったり、売れたりすることもある。今回は…

続きを読む...

ハイブリッド大国ニッポン! 各メーカー「百花繚乱」のシステムの仕組みと特徴を解説

ホンダは車種によって別のハイブリッド方式を採用  トヨタのハイブリッドシステム(THS、のちにTHSII)は、1997年に初代プリウスが登場して以来、基本的なシステム構成は同じだ。  パラレル式とシリーズ式を組み合わせた...

続きを読む...

燃費や低排出ガスなんて貼る? カッコ悪い日本のステッカーのコピー品がタイで流行しているワケ

日本国内でも販売されていない非売品ステッカーが売られている  下の写真のステッカーは筆者がバンコクを訪れたときの定番散歩ルートにある、クローントム市場(通称:泥棒市場)の、さまざまなカー用品を扱う商店がひしめく場所にある…

続きを読む...

和製ハマーからナンパ師御用達のデートカーまで「平成8年生まれ」の衝撃国産車10台

ボックスティッシュ置き場もある衝撃のデートカーも登場  平成の元号が間もなく終わり、令和がスタートする。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気な...

続きを読む...

前3人がけから後ろ向きまで! 実際に存在したクルマの「珍シート」6選

フロント横3人がけはトラック以外ほとんど見なくなった  シートはシート。座り心地やデザインは別として、その形などは変わることはない。と思いきや、その固定概念をぶち破るべく、史上さまざまな試みがされてきた。そのユニークシー.…

続きを読む...

どいつもこいつもヘビー級のこのご時世に貴重な存在! 「軽さが命」のスポーツモデル4選

なんと500kgを切る究極のライトウェイトスポーツも存在  最近の自動車は先進安全装備など過去の車両には備わらなかった装備が標準で搭載されるようになり、衝突安全の兼ね合いからも車両重量は増加の一途をたどっている。とはいえ...

続きを読む...

令和になる前に振り返る! 平成の30年間に巻き起こったクルマのブーム8選

シーマ現象とまでいわれたあのブームも平成初期に起こった  平成もいよいよおしまい。未来に期待しつつも、30年間を振り返って見るとクルマ業界もいろいろなことがあった。ブームというのもそのなかのひとつで、さまざまなものが流行...

続きを読む...

神装備じゃない! 最強の先進安全・快適装備3つに潜む弱点とは

あくまで支援であって過信は禁物な装備も 自動運転も見えてきた今、自動車はどんどんハイテク化が進んでいる。ドライバーの負担を軽減したり、事故を防止するための安全装備も充実してきた。しかしまだ発展途上で、あと一歩進化してほし…

続きを読む...

ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

扱いづらい特性でも急激な加速は魅力だった  排気ガスの勢いでタービンを回し、その回転力でコンプレッサーを回して吸入空気を圧縮して、実質的に排気量アップと同じ効果を生み出すターボチャージャー。  ターボの容量が大きければ、.…

続きを読む...

空車なのに乗せてくれない? 停まりたくても停まれないタクシー停車事情

タクシーが止められる場所にもルールが存在する  東京などの大都市では街なかを走るタクシーの台数も多く、道端で利用したい人が手を挙げると、空車のタクシーが停まって利用することができる、「流し営業」というスタイルがメインとな…

続きを読む...

乗車定員だけで選ぶと後悔必至! クルマをフル乗車で使う人が見るべき本当のポイント6選

後席のシート幅は130cm以上あると窮屈さを感じにくい  家族が仲良しで、家族全員でドライブに出掛ける機会が多い、あるいは友達が多く、みんなでわいわい1台のクルマで盛り上がりながらドライブする機会が多い……そんなケースの...

続きを読む...

トヨタ車の多くがメーカーシンボルではなく車種独自エンブレムを採用するワケ

そもそもラインアップが多く登録車の50%近くがトヨタ車  世界的に、自動車メーカーのブランドロゴをフロントグリルに目立つよう配する傾向が強まっている。それに対し、トヨタのクラウンやノア/ヴォクシー/エスクァイア、アルファ...

続きを読む...

スポーツモデル=燃費が悪いは思い込み! 走り楽しくお財布にも優しいマル得国産スポーツ車5選

本格2シータースポーツなのにリッター20kmを超えるモデルも 「最近では燃費を重視するあまりクルマを走らせる楽しみが奪われている」なんて主張するクルマ好きも少なくない。一方で、燃費一桁km台のスーパースポーツを心おきなく...

続きを読む...

新車は「本店ディーラー」にいった方がお得に購入できるという噂は本当か?

本店は窮屈な販売活動を強いられているケースも  メーカー系新車ディーラーは、各地の有力企業(必ずしも自動車関係ではない)が、メーカーから決められた地域(たとえば各都道府県内など)においての販売代理権を与えられ、オーナーと…

続きを読む...

ウィークリーランキング

купить стероиды в киеве

виагра купить

жиросжигатели