「コラム」の記事一覧 - 20ページ目

いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

280馬力勢に憧れを抱く人が多数  欲しいクルマはあるにしても、最近ではクルマに憧れをもつというのも減ってきたように思う。買えなくても見ているだけでいい、いつかはお金を貯めて買えたらいいなぁ、などの夢ではなく、現実的にな...

続きを読む...

日本では新車が売れない時代!  それでも日本の自動車メーカーが業績好調なワケ

世界市場での自動車販売台数は右肩上がりで成長中  日本では「新車が売れない」と言われて久しい。最近、話題となった日産自動車はルノー傘下に入る以前の1999年の段階で有利子債務が2兆円を超え、企業存続の危機を迎えていた。し...

続きを読む...

普通車が余裕で買える! 衝撃の高額プライスの現行軽自動車トップ5

1位はじつに300万円近いプライスタグ!  軽自動車は本来、小さく、扱いやすく、安く、経済的なクルマであるはずなのだが、近年、性能や先進安全支援機能の装備などによって高騰しているのが現実だ。  ここでは、値段を知ったらぶ...

続きを読む...

日本のドライバーは欧米に比べてマナーが悪い? 海外の運転事情

アメリカもドイツも追い越し車線は追い越し専用が徹底  横並びのデッカイ赤色灯がチッカチカで、ワァ〜〜〜ン。 「前のラムトラック、右の路肩に寄りなさい」  フリーウエイ10号線。もう少しでニューメキシコ州からアリゾナ州に入...

続きを読む...

売れ筋の小型SUVでも三菱4年ぶりの新型車「エクリプス クロス」が苦戦するワケ

過去の不祥事の影響が少なからず残っている  エクリプス クロスが正式発売となったのは2018年3月1日。2016年に発覚した燃費不正問題以降初となる、三菱自動車の新規投入車となったことでも話題となった。  自販連(日本自...

続きを読む...

高級ホテルよりも豪華! 女性もうっとりする衝撃インテリアを持つクルマ4選

シャンパン用クーラーボックスにシアターシステム!  クルマは見た目が8割! なんて言う人もいますが、やっぱりその見た目に見合うインテリアも大事ですよね。ドアを開けた瞬間に「うわぁ〜」と思わずため息が漏れてしまうか、「えっ…

続きを読む...

親しまれた名前と決別! 自動車メーカーが伝統の車名を捨てる理由とは

伝統の名前と決別した3車種の事例から考える  伝統的な車名が消えることがある。長年のファンは悲しむが、消滅するにはそれなりの理由があるものだ。後継モデルの車格が変わることで名前が変わったり、そもそも同カテゴリーのモデルか…

続きを読む...

今年も個性的なクルマが多数登場! 独断で選ぶ2018年の外観デザイントップ3&ワースト3

1位に輝いたのはあのコンパクトオフロード車!  2018年もまもなく終わり。今年もずいぶんいろいろなニューモデルが登場して、われわれクルマ好きを楽しませてくれました。自動車メーカーさん、本当にありがとう。でも今年は13年...

続きを読む...

日本車は没個性なんてウソ! 歴史に残る超個性的なクルマ5選

その後に影響を与えた先駆者的なモデルも多い  日本車は個性がなく、デザインも走りも薄味だと言われている。が、ユニークな発想で、個性的なクルマも少なくないのだ。昭和の時代、3ナンバーの普通車は贅沢品だった。税金や保険料はメ.…

続きを読む...

いま世界各国のメーカーが「ワイド&ロー」をデザインテーマにする理由とは

本能的にカッコよく見えるデザイン  新型モデルの登場時など「ワイド&ロー」という言葉を使って、その魅力をアピールしているケースは多い。たとえば、2018年10月にマイナーチェンジを発表したホンダNSXのニュースリリースに...

続きを読む...

究極ダイエットの激レア車!  走り命で思いっきり軽量化した強烈な国産スポーツモデル3選

モータースポーツのベース車という主旨で誕生したモデルたち  スポーツ走行で愛車を速くしたいと思ったら、一番手っ取り早いのはパワーアップだろう。パワーさえあれば少々のミスも加速で取り戻すことができるし、長い直線があるコース…

続きを読む...

デキの悪さが楽しい!? 知られざる旧車の魅力をオーナーが激白

現代車以上に「人馬一体」の走りが楽しめる  旧車に乗って30年以上。個人的な意見も大いに含めて、旧車の魅力について改めて考えてみよう。「今のクルマはつまらない」などの嘆きも聞こえてくるが、具体的にはどうなのだろうか。  ...

続きを読む...

サンデードライバーに多し! 知らずに周囲へ迷惑をかけてしまうNG運転8選

道交法を守っていればいいというわけではない!  年末年始の帰省の時期は、普段クルマを運転する機会が少ない人が長距離ドライブをすることも多くなる。そうした人たちによく見られる、好ましくない運転の例やトラブルと、いくつかリス…

続きを読む...

華がなくて不人気! それでも買うべき中身をもった100万円以下中古スポーツ3選

スポーツ車の中古は値上がり傾向だが2桁万円で買えるものもある  スポーツカー受難の時代と言われ続けて早幾年。マツダ・ロードスターやトヨタ86/スバルBRZなど、頑張ればなんとか手が届きそうなスポーツカーも存在はしているも...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

    イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

    他車の隣に駐めるのは駐車がしやすいためという人も 最近、駐車場で「ほか...

  2. 【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    何度も強く当てるとクルマにストレスが溜まる スーパー、コンビニ、レスト...

  3. 違反じゃないけど周囲はイラッ!  教習所では教えてくれない駐車場で守るべきクルマのマナー4選

    違反じゃないけど周囲はイラッ!  教習所では教えてくれない駐車場で守るべきクルマのマナー4選

    周囲への意思表示が重要となる ショッピングモールの駐車場やコインパーキ...

  4. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  5. この教えは無意味? 自動車教習所で習うも実戦ではほとんど役に立たないこと5つ

    この教えは無意味? 自動車教習所で習うも実戦ではほとんど役に立たないこと5つ

    緊急回避に役立つテクも教えるべき ほとんどの人が免許を取ったときにお世...

  6. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  7. 【正しく停まらないクルマ多数】停止線の正しい停止位置とは?

    【正しく停まらないクルマ多数】停止線の正しい停止位置とは?

    道路交通法では停止線の直前で停まるとなっている 交差点などに引かれてい...

  8. 【意外と知らない】右折レーン手前のゼブラゾーンの意味

    【意外と知らない】右折レーン手前のゼブラゾーンの意味

    ゼブラゾーンを跨いで走っても違反ではない 右折レーンの手前でよく見かけ...

  9. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  10. 【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    そもそも追い越し車線を走り続けると通行帯違反で反則金6000円 何なの...