「コラム」の記事一覧 - 2ページ目

マニアに愛されるクルマの当たり年! 平成11年生まれの名車&迷車5選

時代の変わり目を感じさせるモデルが多い  5月1日から新しい元号「令和」がスタートし、31年の長きに渡って続いた平成の元号が終わった。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といっ...

続きを読む...

世界中で大ヒット! SUVブームが衰えない3つの理由

世界的に売れているのは見た目の良さだけじゃない!  世界中でクロスオーバーSUVがブームです。いや、短期的なブームという段階ではありません。すでに、大きなカテゴリーとして成長しています。国産ブランドでいうとマツダやスバル...

続きを読む...

駐車場で見かける「前向き駐車でお願いします」は何のため? 守らなかったら違反になるのか

看板を掲げているコンビニ及びラーメン店に直撃取材  コンビニやファミレスなどの駐車場でよく見かける、「前向き駐車でお願いします」という看板。「前向き駐車」というのは、道路側・通路側とは反対向きに、クルマの頭から駐車スペー…

続きを読む...

並んだクルマはビジャビジャ! なぜ上海では一般車がいてもお構いなしに散水車で水を撒くのか?

信号待ちで隣にクルマがいても容赦なく散水しまくる  上海モーターショー取材のために上海に滞在していた期間は、幸いにも大きな天候悪化もなく、中国にしては珍しく青空が見える日が多かった(EVなどの普及が進む昨今では大気汚染も...

続きを読む...

最近欲しいクルマがない……と嘆く人に人生一度は乗ってほしい刺激的な90年代国産車5選

今のクルマが物足りないと感じるなら90年代車に乗るべき  現代のクルマ選びでは環境性能や先進安全装備が重視される傾向にある。クリーンな排ガスを実現するためにエンジンは高回転まで使わないようになっているし、エアバッグなどの...

続きを読む...

単なる強度じゃない! クルマの解説によくでてくる「剛性」ってなに?

「剛性」と「強度」は必ずしもリンクしない  新車の解説を見ていると、よく目にするのが「ボディ剛性が上がった」とか、「ボディ剛性を高いレベルで確保」といったフレーズ。この剛性という言葉、強度となにが違うのだろうか? いった…

続きを読む...

やはり高齢者は事故率が高い? 1位の85歳以上に続くのは19歳以下という自動車事故の年代別割合と防止策

2番目に事故が多いのは19歳以下の若年層  最近話題の高齢ドライバーによる大きな事故の問題。高齢者のドライバーは、ほかの世代のドライバーに比べ本当に事故が多いのか? そしてどれだけ危険なのかを、公的なデータを元に、ひとつ...

続きを読む...

貴重じゃないけど中古で今乗るべき! 令和には生まれない「隠れ国産名車」4選

今ならまだ安く買える唯一無二の個性をもった愛すべきクルマたち  生産が終了してしまったモデルについては当然ながら中古車でしか買うことができない。そのため、貴重なモデルなどについては新車並みの価格やそれ以上の価格で取引され…

続きを読む...

3車線で3台並びも! トラックが高速道路で通せんぼ状態になってしまうワケ

そもそも90km/hリミッターにより速度が上げられない  夜、とくに深夜に高速道路を走ると、トラックが大量に走っている。朝までに目的地に移動するため、また深夜割引利用のために多かったするのだが、その際、並走している車両に...

続きを読む...

新車時は手が出ないが中古なら半値以下! 庶民がスーパーカーに手を出すとどうなる?

値段につられて購入すると失敗する可能性大!  編集部のモテないカーマニア・ハラダから連絡が入った。 「厳密にスーパーカーと言わずとも、ポルシェやマセラティあたりを含めて、頑張れば手に入るすごいスポーツカーでオススメは何で.…

続きを読む...

まだまだスポーツモデルが元気だった! 平成10年の名&迷車7選

「ハチロクの再来か」と登場前から話題沸騰となったモデルが発売  5月1日に新たな元号、令和がスタートした。31年間続いた平成という時代は多くの大規模災害や長かった不景気などに見舞われ、激動の時世であったといえるだろう。 ...

続きを読む...

「ブレーキを踏んでいたのに加速した」との供述も! 高齢者による事故でクルマに問題がある可能性はあるのか?

踏み間違えしやすい車両の存在は考えにくい  高齢ドライバーによる交通事故が社会的に注目を集めています。また、ドライバーの年齢にかかわらずペダルの踏み間違えによる事故への対策も進んでいます。そうした対策のひとつとして、日本…

続きを読む...

MT免許を保有している高齢ドライバー御用達のセダンなのに「MT」が設定されないワケ

現代のATは性能やコスト面でのデメリットが解消されてきた  セダンに限らず、いまや乗用車のAT率は98%以上。一部のスポーツカーを除けば、ほとんどのクルマはAT車だ。国産各社の4ドアセダンでMT車が設定されているのは、ト...

続きを読む...

ホントに同じメーカーの同一車種? 初代と現行であまりに見た目が違うクルマ5選

2シーターから4ドアセダンとなったモデルも存在  名は体を表すというが、クルマの名前にはイメージが固定されがちだ。とくにロングセラーとなっているモデルではその傾向が強い。たとえば、トヨタ・クラウンは国産の高級セダンという…

続きを読む...

レクサス初のミニバンは日本でも話題沸騰! レクサスLMは日本に導入されるのか

日本市場への早期導入はレクサスにとってマイナスになる可能性も  2019年の上海モーターショーから届いたいくつもの情報のなかでも、日本市場からの注目度が高かったのは、レクサス初のミニバン「LM」のワールドプレミアでしょう...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

    イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

    他車の隣に駐めるのは駐車がしやすいためという人も 最近、駐車場で「ほか...

  2. 【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    何度も強く当てるとクルマにストレスが溜まる スーパー、コンビニ、レスト...

  3. 違反じゃないけど周囲はイラッ!  教習所では教えてくれない駐車場で守るべきクルマのマナー4選

    違反じゃないけど周囲はイラッ!  教習所では教えてくれない駐車場で守るべきクルマのマナー4選

    周囲への意思表示が重要となる ショッピングモールの駐車場やコインパーキ...

  4. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  5. この教えは無意味? 自動車教習所で習うも実戦ではほとんど役に立たないこと5つ

    この教えは無意味? 自動車教習所で習うも実戦ではほとんど役に立たないこと5つ

    緊急回避に役立つテクも教えるべき ほとんどの人が免許を取ったときにお世...

  6. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  7. 【正しく停まらないクルマ多数】停止線の正しい停止位置とは?

    【正しく停まらないクルマ多数】停止線の正しい停止位置とは?

    道路交通法では停止線の直前で停まるとなっている 交差点などに引かれてい...

  8. 【意外と知らない】右折レーン手前のゼブラゾーンの意味

    【意外と知らない】右折レーン手前のゼブラゾーンの意味

    ゼブラゾーンを跨いで走っても違反ではない 右折レーンの手前でよく見かけ...

  9. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  10. 【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    そもそも追い越し車線を走り続けると通行帯違反で反則金6000円 何なの...

Прегнил купить

Оксиметолон

https://anabolik-store.com.ua/metandrostenolon