「コラム」の記事一覧 - 10ページ目

超辛口レーシングドライバーが認めたMTを採用する「たった2台」の市販車とは

MT車の評価のポイントは操作性・操作感・耐久性の3点  これまでにも何度か述べているが、僕はMT(マニュアルトランスミッション)派ではない。長い間レーシングドライバーとして活動してきたなかで、レーシングカーをドライブする...

続きを読む...

今後義務化される新燃費基準「WLTCモード」と従来の「JC08モード」がカタログに混在するワケ

従来から発売されている現行車もWLTCモード表記は可能  最近、新車のカタログで燃費項目を見ていると、計測モードのところに「WLTC」という文字を見つけることができる。これは『Worldwide-harmonized L...

続きを読む...

ジワるクルマ多し! まもなく終わる平成を偲んで平成7年に誕生した名車&迷車7選

CARトップの筑波テストで10年破られない記録を作ったクルマも  平成の元号が間もなく終わろうとしている。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気...

続きを読む...

ドル箱商品なのになぜ? アメリカメーカーがコンパクトカーに本格参入しないワケ

アメリカのCセグメントの代表格はカローラとシビック  C/Dは「シー・ディー」、と読む。こうした表現は、自動車メーカー関係者の間では日常会話のなかでちょくちょく出てくる。また、セグメントというのは、ざっくり言えば、クルマ...

続きを読む...

安全第一のボルボが180km/hリミッターを世界的に採用! 速度引き下げは効果があるのか?

じつは欧米の制限速度も日本と大きく変わらない  2019年3月に入ってすぐ、ボルボカーズが衝撃的かつチャレンジングな発表をした。それは「2020年、ボルボの新車に対してグローバルに180km/hの速度リミッターを装備する...

続きを読む...

便利すぎて付いてないと辛い! カタログでは見落としてしまうクルマの超便利装備4選

一度使うと付いていないクルマに乗れなくなるほど便利  ほかの人にしてみればナンてことのない、ほんとにちょっとした装備なんだけれど、愛車の買い替えなどでそれがなくなってみると、どれほど便利だったかを思い知る……。そんな装備...

続きを読む...

国内品並? それとも外国産レベル? 海外生産の日本車のクオリティは大丈夫か

日本メーカーの部品でも海外生産だと作りの甘いものもある  今やグローバルな時代。自動車も世界各地に生産拠点を置いて、現地生産を行っている。日本車も例外ではなくて、日本で売られていない日本メーカーのクルマはいっぱいあるし、…

続きを読む...

じつは海の向こうの生まれ! 日本車なのに海外から輸入されているモデル4選

同じ車種でもボディタイプによって海外生産となるモデルも  日本のメーカーの車種はすべて日本国内で生産されている……と思われがちだが、じつはそのメーカーの海外にある生産拠点で作られてそれを日本に輸入する形で販売されている車...

続きを読む...

LPスタンドの閉鎖に中韓メーカーの参入? JPNタクシーがもたらす思わぬ余波 

燃費の良さが思わぬ事態を引き起こしている  2017年10月23日に、クラウンコンフォートおよびクラウンセダンの後継として、JPNタクシーが正式発売された。独特のスタイルを持ち、タクシーとして使用されることを念頭にLPガ...

続きを読む...

それでも新車を選ぶ? 中古で買うとお買い得っぷりがハンパない現行国産車4選

ファミリー御用達の大型ミニバンだって中古ならお得!  中古車の魅力といえば、やはり一番はその価格だろう。どうしても新車でないとダメという人でなければ、最初のオーナーがたった数千キロ走らせただけの車両であっても新車よりもか…

続きを読む...

年間4万7000件も撥ねられている! クルマで走行中動物が飛び出してきた場合はどうするのが正解?

無理な危険回避はより大きな事故につながる可能性が大きい  クルマを運転しているときに、突然ネコなどが飛び出してきてヒヤッとした経験はないだろうか? あるいは、クルマにはねられたと思われる動物の死体を見たことがあるという人…

続きを読む...

コンディションは折り紙付きだが価格も高め! メーカー認定中古車は買いか?

修理の技術も高まり本当の極上車を見分けるのは難しくなっている  中古車はその販売をするときには“古物商”の許可申請を行わなければならない。これが意味するものは、たとえ同年式同車種、そして同グレードであっても前オーナーの使...

続きを読む...

この後席は狭すぎる! 一見ファミリー向けなのに家族で使うには厳しいクルマ6選

一見ファミリー向けだが後席での長時間移動が厳しいモデルも存在  国産コンパクトカーの室内空間は優れたパッケージング技術によって、ボディサイズからは想像もできないほど広かったりする。それこそ軽自動車の後席でさえ、容量系、ハ…

続きを読む...

割り切った2列か? あえての3列か? 選べるコンパクトミニバンのシエンタ&フリード4車種を徹底比較

シエンタはFUNBASEの方が2列目シートの快適性に優れる  ファミリーカーとして根強い人気なのが、両側スライドドアを備えた5ナンバーサイズのコンパクトミニバンだ。かつてのモデルの3列目席はあくまで緊急席だったものの、ト...

続きを読む...

長年愛される三菱の顔! デリカの歴代モデルを振り返る

初代モデルは商用バンをベースに乗用車へ仕立てた  日本国内で独自の進化をしてきたのがワンボックスカーだ。なかでもデリカは本格派の4WD性能を備えるクルマとして個性が際立つ。さらにミニバンへと進化していくデリカ・ヒストリー...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

    イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは

    他車の隣に駐めるのは駐車がしやすいためという人も 最近、駐車場で「ほか...

  2. 【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    【噂の真相】駐車場の車止めにタイヤを当てて停めないほうが良いってホント?

    何度も強く当てるとクルマにストレスが溜まる スーパー、コンビニ、レスト...

  3. 違反じゃないけど周囲はイラッ!  教習所では教えてくれない駐車場で守るべきクルマのマナー4選

    違反じゃないけど周囲はイラッ!  教習所では教えてくれない駐車場で守るべきクルマのマナー4選

    周囲への意思表示が重要となる ショッピングモールの駐車場やコインパーキ...

  4. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  5. この教えは無意味? 自動車教習所で習うも実戦ではほとんど役に立たないこと5つ

    この教えは無意味? 自動車教習所で習うも実戦ではほとんど役に立たないこと5つ

    緊急回避に役立つテクも教えるべき ほとんどの人が免許を取ったときにお世...

  6. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  7. 【正しく停まらないクルマ多数】停止線の正しい停止位置とは?

    【正しく停まらないクルマ多数】停止線の正しい停止位置とは?

    道路交通法では停止線の直前で停まるとなっている 交差点などに引かれてい...

  8. 【意外と知らない】右折レーン手前のゼブラゾーンの意味

    【意外と知らない】右折レーン手前のゼブラゾーンの意味

    ゼブラゾーンを跨いで走っても違反ではない 右折レーンの手前でよく見かけ...

  9. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  10. 【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    そもそも追い越し車線を走り続けると通行帯違反で反則金6000円 何なの...