• TOP > コラム

「コラム」の記事一覧

タントもスペーシアもぶっちぎってN-BOXが9月に月間販売台数記録を更新……も裏にある複雑な事情

他車の動向をみても消費税率アップの駆け込み需要が影響  ホンダN-BOXといえば、軽自動車のみならず日本で一番売れているクルマとしておなじみですが、現行型にフルモデルチェンジしてからの月間販売記録が2019年9月に更新さ...

続きを読む...

トヨタが「グランエース」発表で新規車種を歓迎するはずの販売現場から上がった「動揺」の声とは

アルファード&ヴェルファイアを超える高級ミニバン  トヨタは2019年10月8日にフルサイズワゴンとなる、「グランエース」を東京モーターショーのトヨタ車体ブースに展示、そして2019年内に発売予定であることを発表した。 ...

続きを読む...

【噂の真相】なぜか修理依頼が増える! 雨の日にタイヤのパンクが多いというのは本当か?

雨の日は異物が道路脇などに溜まることでパンクの確率が高まる  9月、10月と台風による大きな被害が続いているなか、懇意にしているタイヤショップに行ったところ、雨の日や雨の翌日などは、パンクする確率が高くなるという話を聞い...

続きを読む...

乗用車でバカ売れしているのになぜ? 国産メーカーがハイブリッドの教習専用車を作らないワケ

もはやハイブリッド車は日常に溶け込んでいる  1997年に初代プリウスが登場して早20年以上。もはやハイブリッド車は特別なものではなく、すっかり日常に溶け込んでいる。車種も軽自動車からミニバン、SUV、スポーツカーに至る...

続きを読む...

大型トラックへの衝突被害軽減ブレーキ装備はすでに義務化! それでも装着車が広まらない理由とは

大型車への安全装備の採用は乗用車以上に効果がある  トラックやトレーラー、バスなどの大型車は事故を起こすと大規模になりがち。またフロントに出っ張りのないキャブオーバーということもあって、ドライバーの被害も深刻だったりする…

続きを読む...

交換サイクルは軽く10万kmを超える! 純正採用も増加している冷却水「スーパーLLC」って何?

普通に街乗りだけしているなら交換は必要なくなる!?  冷却水と言えば、LLCと呼ばれているものが使われ、車検ごとに交換というのが今までの常識。ちなみにLLCとはロング・ライフ・クーラントの略で、その昔使われていた冷却水よ...

続きを読む...

クルマの購入やメンテだけじゃない!  新車ディーラーが取り扱う意外なサービス3つ

トヨタディーラーは先見の明があった!?  新車を販売する自動車ディーラーであれば、当然新車の販売やユーザーの車両のメンテナンスがサービスの中心というのは皆さんもご存じのとおり。しかし、最近ではクルマにまつわるサービス以外...

続きを読む...

高速走行中が圧倒的に多い! パニック必至の「突然のタイヤのパンク」が起こる原因とは

高速道路上で起こる確率は一般道の2倍  クルマとタイヤが高性能になって、道路の舗装がきれいになっても、パンクが身近なトラブルであることには変わりがない。2018年度のJAFのロードサービス出動理由でも、パンクはバッテリー...

続きを読む...

ガソリン価格が高騰もエコカーは人気出ず! アメリカで大排気量ピックアップやSUVが売れるワケ

テスラも富裕層がファッション感覚で選んでいるだけ?  ロサンゼルス国際空港に降り立ち、レンタカーを借りて道路にいざ出ると、通り沿いのガソリンスタンドの価格表示を見て、今年1月に訪れた時よりもかなり高くなっていたのに驚いた.…

続きを読む...

これなら巨漢アスリートやメタボもOK! 押し込められた感なく座れる3列シートをもつクルマ3選

座りやすさや乗り降りのしやすさ、ひじ掛けの有無もポイントに  ラグビーワールドカップを見るにつけ、世のなかにはすごい体格の人がいるもんだ、とあらためて思う。いったい、あんな巨漢、体形の人は、どんなクルマに乗っているのか?…

続きを読む...

クルマのエアコンを入れると燃費が悪化! では設定温度によって燃費は変わるのか?

エアコンを入れるとエンジンに負担がかかり燃費が悪化する  エアコンと燃費は非常に密接な関係にある。その昔、エアコンを入れるとコンプレッサーを動かすのにエンジンの動力が食われて、ガクッとスピードが落ちたという経験がある方も…

続きを読む...

古いクルマのファン悲鳴! 旧車パーツの価格が高騰し続ける理由とは

パーツが数年前の2倍の価格になっているものも!  旧車が人気ということもあり、パーツ供給に注目が集まっている。パーツがないことには維持もできない。日本車についてはよく言われるようにかなり厳しい状況ではあるが、想像以上に数.…

続きを読む...

キレイに見えたのに……中古車購入時に「ハズレ」を引いて泣かないために見るべきポイント4つ

車両の状態を詳しく知ることが重要!  新車とは異なり、以前のオーナーの使い方によって同じ年式同じ走行距離でも程度が大きく異なってきてしまう中古車。それだけに中古車選びというのはなかなか難しいところだが、いくつかポイントを…

続きを読む...

出展メーカーも少ないし見どころナシ……はちょっと待て! 2019年こそ東京モーターショーに足を運ぶべき理由とは

時代の変わり目となる「新たなる」ショーの姿が見られる!  2年ごとに開催される、クルマ業界最大の歴史と規模を誇るイベントといえば、東京モーターショーですね。リーマンショックや東日本大震災以降、やや盛り下がっている傾向は否.…

続きを読む...

性能劣化じゃ済まない! エンジンオイルを交換しないと起きることとは

最悪エンジンが再起不能に……  以前は3000kmもしくは3カ月毎という時代もあったオイル交換。最近ではオイル質やエンジンの性能向上などによって、1万2000kmもしくは1年毎というのが純正指定では増えているし、ドイツ車...

続きを読む...

1 / 11812345...102030...最後 »

ウィークリーランキング