• TOP > コラム

「コラム」の記事一覧

世間はオラオラ顔大流行! それでも新型ホンダN-WGNが癒やし系の顔を選んだワケ

N-WGNのコンセプト自体が毎日の生活になじむというもの  2019年7月18日に発表されたホンダNシリーズの最新作が、スーパーハイト系のホンダN-BOXに対して、ハイトワゴン系となるホンダN-WGN(エヌワゴン)。その...

続きを読む...

1種類なら入れ間違いも減るはず……なぜガソリンにはハイオクとレギュラーが存在するのか

2種類設定されているのはJIS企画で定められているから  日本のガソリンスタンドでは、赤いノズルのレギュラーガソリンと黄色いノズルのハイオクガソリンという2種類のガソリンが売られている。メーカーも、そうしたガソリンに合わ...

続きを読む...

最新車は買えないがデートを盛り上げたい金欠男子必見! 一周回ってオシャレな中古国産車5選

デートでぜひ活用してほしい! 可愛いデザインのクルマたち  通勤などのアシで選ぶクルマと、デートのために選ぶクルマでは、その条件はまったく変わってきますよね。いや、変えるべきなんです。  彼女が待っている目の前にスーッと.…

続きを読む...

毎日長距離を走るからすぐダメになる? 知られざるトラックの寿命とは

大型車はだいたい100万km/10年で買い替え  乗用車の場合、以前であれば10年10万kmなどと言われ、最近はもう少し伸びているが、大型トラックや大型バスはどれぐらいの距離や期間、使うことができるのだろうか。実際、乗用...

続きを読む...

ファミリーカーでも脱真円! クルマのハンドルに「D字型」が増えているワケ

F1のステアリングはかなり前からフラットボトムを採用  クルマのハンドル(ステアリングホイール)といえば丸いカタチというイメージだが、「Dシェイプ」、「フラットボトム」と呼ばれる下側がカットされているハンドルが増えている...

続きを読む...

じつに約半分が税金! ドライバーに重くのしかかるガソリン価格の内訳とは

ガソリン価格の内訳は明確になっているがほとんどが税金  2019年7月10日現在、レギュラーガソリンの全国平均価格は、1リッターあたり145.8円(前週の145.6円と比べ0.2円値上がり=8週振りの値上がり)と相変わら...

続きを読む...

新型スープラは伝統の直6ターボ&FR! 受け継がれるトヨタのスポーツカーに対するこだわり

新型スープラに継承されるトヨタの心意気  新型スープラの登場によって、トヨタのブランドイメージが変わったように思われているが、それ以前からトヨタはスポーツカーを精力的に作り続けてきた。現行ラインアップに名を連ねる86やス...

続きを読む...

今や当たり前の便利装備! 時代を切り拓いた初採用の国産車4選

クルコンが初めて登場したのはなんと55年前!  自動車の進化のスピードはすさまじく、日々新しい技術を採用すべく各メーカーが開発を進めているのはご存知の通り。しかし、今では多くの車種に採用されている装備も、当然ながら初めて...

続きを読む...

日本の乗客は厳しすぎる? 運転手が遅発クレームに怯える日本の路線バス運行事情

クレームを気にしすぎて安全運行に支障をきたす場合も  バス業界の事情に詳しいA氏によると、「街なかを走る一般の路線バスの運転士の多くが『遅発』にナーバスになっています」とのこと。遅発とは交通渋滞などで到着が遅れ、時刻表通.…

続きを読む...

コンパクトカーより高いのに買う価値ある? それでも高額化する軽自動車を選んで得するポイント5つ

自動車税は10年でコンパクトカーよりも23万7000円安い  今、日本で一番売れているクルマはなんでしょう? トヨタ・プリウス、日産ノート、トヨタアクア? いえ、違います。軽自動車のホンダN-BOXなのです。軽自動車はま...

続きを読む...

ズボラなオーナーは避けるのが正解! 最近多いクルマのマットカラーに潜む維持の難しさ5つ

輸入モデルを中心に純正採用も増えてきた  2トーンカラーや多層コートなど、塗装のバリエーションは増えているし、機能もいろいろと増えてきた。なかでもプレミアムモデルで注目なのが、マットカラーだ。  マッドだと泥とかの意味に...

続きを読む...

長期乗らないクルマはどうするのが正解? 放置すると「腐る」といわれるガソリンの正しい扱い方とは

しばらく給油されていないと自動でメンテナンスするモデルも  大切に乗ってきた愛車などを乗らずに長期的に保管するときに気になるのがガソリンの問題だ。  また、最近のハイブリッド車では燃費性能が大きく向上しているため、週末し.…

続きを読む...

放置するとホイールが真っ黒に! なぜブレーキダストは黒いのか?

熱せられた金属粉が主となるので黒い  クルマのディスクブレーキは、回転するローターをブレーキパッドで挟み込んで、その摩擦力で制動力を発揮する仕組みになっている。このため、制動力を発揮しようとすると、パッドがローターの表面…

続きを読む...

夫婦仲を保つためにも要チェック! 子育て中に選んではいけないクルマの条件5つ

ダメなクルマを選んでしまうと子育ての疲労とストレスが倍増  ずっと好きなクルマを乗り継いできた男性にとって、子供の誕生というのは一つの大きなターニングポイントとなるべき瞬間ですよね。奥さまはほとんどの場合、思考回路が子育…

続きを読む...

日本より長距離移動が多いのになぜ? ヨーロッパでミニバンが流行らない理由とは

ヨーロッパでミニバンは商用車のイメージ  ジュネーブショー、フランクフルトショー、パリショーなど、ヨーロッパの主要モーターショーで、ミニバンは肩身の狭い思いをしている。来場者にとって、ワクワクドキドキする商品、という感じ…

続きを読む...

1 / 10112345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

Тестостерона Пропионат

www.misterroof.net