• TOP > コラム

「コラム」の記事一覧

改造車は中古市場で嫌われる? 下取り額や売却価格が安いというウワサは本当か

オンリーワンで仕立てられたクルマは万人受けしにくい  クルマを手放すときは少しでも高く売りたいというのが人情。しかし、カスタマイズが施されている車両はノーマルの状態の車両よりも買い取り額が下がるという話を聞いたことはない…

続きを読む...

高級車なんて望んじゃいない! 女性が乗りたくない「カンベンしてよ」なクルマ5つ

男性には当たり前でも女性は敏感  仕事でもプライベートでも、親しい関係でもそうでなくても、男性の愛車に乗せていただくからには、多少のことには目をつむる覚悟を女性はしているものです。だって、やっぱりクルマの移動は便利ですか…

続きを読む...

旧車のフルレストアに潜む危険! 美しさと引き替えに失われるものとは

再塗装によりダメージを受ける場合も  旧車趣味のなかでも、フルレストアというのは憧れというか、別格の扱いだ。ちまちまと直すのもいいが、ボディ、そしてエンジン、ミッション、駆動系などのすべてをリフレッシュ。新車のようにする…

続きを読む...

e-POWERとプロパイロット効果で止まらぬ勢い! 日産は巨人トヨタに勝てるのか?

全体の販売台数では約4倍の開きがある  2018年度の国内販売において、日産ノートが13万1760台で登録車トップに立ったことを覚えているでしょうか。日産車としては1968年度のブルーバード以来50年ぶりのトップというこ...

続きを読む...

ツウでも唸るレアなモデル! 乗れたら幸運な中古限定車4選

実車を見たことがないという人も多いはず  すでに販売が終了してしまったモデルは中古車で探すしかないが、そのなかでもとくに希少価値が高いのが特別仕様車や限定車といったものだ。期限限定だったり台数限定だったりと欲しくても手に…

続きを読む...

今さら聞けない! 最近新車の解説などでよく聞く「EGR」ってなに?

排気ガスを吸気に混ぜて再度シリンダーに入れるのがEGR  EGRとはエンジン・ガス・リサキュレーションの頭文字から取ったもので、日本語にすれば、排気ガス再循環という意味になる。メカに興味がある方は目にしたことがあるだろう...

続きを読む...

速く走るならMTよりAT! レーシングドライバーが語るイマドキATの完成度と最強の2ペダルとは

F1やスーパーGTもパドルシフトが増えてAT化に近づいている  何度も書いてきたが、僕自身はどちらかというとAT(オートマチックトランスミッション)派だ。3ペダルのMT(マニュアルトランスミッション)車のほうがスポーティ...

続きを読む...

GT-Rだけじゃない! 日本人が弱い「R」の付くクルマ10選

ホンダもRの付くクルマは多い  日本人が大好きなRなクルマ。探せば探すほど出てくる感じだ。その1ではトヨタと日産を中心に紹介したが、今回はホンダなどを見てみることにしよう。 1)ホンダ・シビックRS  RSは初代シビック...

続きを読む...

問題視される「松本走り」から考える! 対向車が迫っているときの右折はどのタイミングまで大丈夫?

直進車や左折車を妨害しないタイミングなら右折しても問題ない  2019年5月8日の大津市での保育園児が犠牲となった交通事故以来、対向車線の直進車より右折車優先(?)の「松本走り」に注目が集まっているが、テレビのワイドショ...

続きを読む...

安心&完成度の高いチューニング車! メーカー製カスタマイズモデルは買い得なのか

カスタマイズモデルがグッと身近な存在になった  ひと昔前まではクルマのカスタマイズといったら、クルマを購入してから行うものというのが当然の行為だった。それだけに納車待ちの間に雑誌を見ながら、どんなパーツを装着しようかと妄…

続きを読む...

3兆円の大プロジェクト! 高速道路リニューアルって一体何? 本当に必要?

50年はビルで例えれば建て替えも検討する年数  このところ盛んに、「高速道路リニューアルプロジェクト」のCMを見る。あれは一体何なのか? 簡単に言えば、NEXCO3社が進めている、老朽化した部分の修繕工事だ。  日本最初...

続きを読む...

メーカーに直撃! 幅が広すぎてわからない今流行の自動車ジャンル「SUV」の本当の定義とは

トヨタは「スポーツ用多目的車」「多目的スポーツ車」などと回答  相変わらず世界的に人気があるSUV。もともとはジープやレンジローバー、トヨタのランクルや日産サファリなどの、悪路に強く、多くの荷物を積めるクルマのカテゴリー...

続きを読む...

新車なのに測ったらパワーが出てない? カタログ値と実測値でエンジン馬力が異なるワケ

測定方法の違いから数値が異なってしまう  いまや新車のカタログを見るときには、燃費の項目を気にしているというユーザーが多数派かもしれないが、やはり諸元表の華といえば、最高出力(馬力)や最大トルクというドライバーもまだまだ…

続きを読む...

毎年GW恒例のニスモ鯉のぼりに異変!? スーパーGT第2戦は9万人超えの大盛況!【吉田由美コラム】

過去最大級の賑わいで周辺道路も大混雑!  今年のスーパーGT第2戦富士スピードウェイでのレース「FUJI GT 500km RACE」は10連休もの大型GWの真っただ中。通常、レースは週末の2日間に開催されることが多いの...

続きを読む...

付いていたはずの装備がない! 実際にあった中古車購入の「事件簿」8選

最近はかなり減ってきたがそれでも悪徳業者は存在  中古車にはメリットが多くあり、いい買い物をすれば、満足度は新車以上のこともある。ただし反対もしかりで、失敗すると大変なことに……。実際、中古車を買う際「じつはハズレなんじ...

続きを読む...

1 / 9112345...102030...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  3. 【衝撃】高級車の超高額オプションはクルマが買えるほどの価格!

    【衝撃】高級車の超高額オプションはクルマが買えるほどの価格!

    なんとオプション総額4桁万円の世界! 4ケタ万円級の超高級車の商談では...

  4. 高級ホテルよりも豪華! 女性もうっとりする衝撃インテリアを持つクルマ4選

    高級ホテルよりも豪華! 女性もうっとりする衝撃インテリアを持つクルマ4選

    シャンパン用クーラーボックスにシアターシステム! クルマは見た目が8割...

  5. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  6. メーカー指定だとギリギリすぎ? クルマの消耗品7つと本当の交換時期

    メーカー指定だとギリギリすぎ? クルマの消耗品7つと本当の交換時期

    どんなにクルマが進化しても消耗品は存在する どんなにクルマが進化しよう...

  7. えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    デートの雰囲気を盛り上げてくれる軽自動車も結構ある 今ドキ女子はと〜っ...

  8. 【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    そもそも追い越し車線を走り続けると通行帯違反で反則金6000円 何なの...

  9. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  10. なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

    なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

    今や少数派だが存在感と実力はバッチリ! 今はSUVがブームだが、その発...

Тестостерона Пропионат

www.misterroof.net