令和に「平成の個性派」として語られること間違いなし! 秀逸デザインの現行国産車4選 (1/2ページ)

令和に「平成の個性派」として語られること間違いなし! 秀逸デザインの現行国産車4選

10年近く経つのになお色褪せない見た目のクルマも

 クルマのデザインは千差万別。といってもなんでも自由にできるというワケではなく、法規制に則って問題がないように設計されている。そのなかでも各メーカー、車種ごとに個性を打ち出そうとさまざまなデザインの車両が生み出されているのである。

 もちろん、デザインに関しては正解というものはなく、ある人はカッコいいと思うデザインでも、別の人が見たらカッコ悪いと思うこともよくあること。そこで今回は好き嫌いがわかれそうだが、ハマれば買う価値がある個性的なルックスの現行国産車をピックアップしてみた。

1)日産ジューク

 2010年に登場したコンパクトクロスオーバーSUVのジューク。登場当初はどこがヘッドライトでどこが車幅灯なのかすらよくわからず、かなり衝撃的なデビューだった。そしてあれから間もなく9年が経過しようとしているが、そのルックスは一切古さを感じさせないのは素晴らしい点と言えるだろう。個性的なデザインのクルマ

 過去にはR35GT-Rのコンポーネンツを移植した「ジュークR」や、今年の東京オートサロン/大阪オートメッセに展示された大きなクローラーを装着した「ジューク・パーソナリゼーション・アドベンチャー・コンセプト」も記憶に新しいところだ。個性的なデザインのクルマ

2)ホンダN-BOXスラッシュ

 ホンダの爆発的ヒット車種であるN-BOXから派生して登場したN-BOXスラッシュ。N-BOXの最大の特徴である両側スライドドアをスッパリ捨て去り、ルーフをチョップドさせて全高を低めたメーカー純正のカスタムビルドモデルと言ってもいいモデルだ。個性的なデザインのクルマ

 内装も真っ赤な合皮のものやサーフブルーを採用したさわやかなものまで幅広く用意され、組み合わせによってまったく異なるテイストになるというのもN-BOXスラッシュならではと言えるだろう。個性的なデザインのクルマ

 なお、ベースのN-BOXはすでに2代目にフルモデルチェンジをしているが、N-BOXスラッシュについては初代モデルを継続販売中(執筆時点で)。10年後に「レア車/珍車」のカテゴリで紹介されるのは間違いないだろうから、今から新車で購入しておくのもアリではないだろうか。個性的なデザインのクルマ

画像ギャラリー