カルロス・ゴーン問題で注目されるのは日産ばかり!  三菱とルノーは果たしてどうなる?

ルノー・日産・三菱自の三社は電動化技術のトップランナー

 日産自動車のカルロス・ゴーン前会長をめぐる事案は、いくつもの案件とあまたの思惑が指摘されるものであり、互いの主張も真っ向としている。現時点ではその内容を理解することも評価することも難しい。

 とはいえ、この一件によって世界トップの規模であるルノー・日産・三菱自のアライアンスが、どうなっていくのかはいくつか予想ができることもあれば、まったく予想できない領域もある。稀代のリーダーシップを持つカルロス・ゴーン氏によりまとまってきたアライアンスは、どうなっていくのだろうか。とくに三菱自動車の今後は気になるところだ。

 ルノー・日産・三菱自アライアンスの誕生は2016年であり、2017年秋には中期計画が発表されているように、すでにスケールメリットを活かすプロジェクトは動き出している。具体的にはプラットフォームやパワートレインといった開発コストのかかる領域における共通化・共有化が主なところだ。すでにルノー日産ではプラットフォームの共通化は進んでいるが、そこに三菱自動車を加えることで、さらなるシナジーを創出しようというわけだ。

 さらに、そこにはダイムラーも部分的に仲間に加わっているから興味深い。三菱自動車にとっては、かつての親会社であり因縁の関係といえるかもしれないが……。

 また、ルノー・日産・三菱自といえば、いずれも電動車両においてはトップランナーといえるメーカーだ。ルノーと日産はピュアEVに積極的であるし、三菱自動車がアウトランダーで実用化したPHEV(プラグインハイブリッド)技術は、アライアンスのなかでもリスペクトされているという。

 いずれにしても、大容量・高出力バッテリーや高効率モーターは電動車両に欠かせないデバイスである。いまや世界最大級の自動車メーカーアライアンスであり、電動車両もリードする各社がモーターやバッテリーといった部品を共通化するメリットは大きい。テクノロジーの進歩、コストダウンの両面でメリットがある。さらにプラグインの電動車両においてはインフラ整備も重要で、アライアンスの効果はそうした面でも期待できる。

間違いなく三社のアライアンスを継続したほうがメリットは大きい

 ところで、自動車業界の技術トレンドといえば「CASE(コネクテッド・オートノマス・シェアリング・エレクトリック)」の4要素なのは言うまでもないが、その点においてもルノー・日産・三菱自アライアンスは抜かりない。

 ちょうど一年ほど前の2018年1月には三社によるベンチャーキャピタルファンド「アライアンス・ベンチャーズ(Alliance Ventures)」を設立している。出資比率はルノー40%、日産40%、三菱自動車20%で、CASEに代表されるモビリティへのオープンイノベーションへ優先的に投資するもので、すでに全個体バッテリーを開発する企業へ投資、アライアンスとしての活用を狙っている。

 こうした動きもあり、三社に利害関係は一致していると見るのが妥当だ。強力なリーダーシップを失ったからといって、すぐにバラバラになるとは思えない。むしろ、生き残るためにはアライアンスによる世界トップレベルの規模を維持していくほうが、各社にとっても好都合のはずだ。スケールメリットを失えば、ほかのライバルに蹴落とされる可能性もある。「日産の利益はルノーに吸い上げられている」といった見方もあるが、ここで手を切って日産単独の規模になってしまったときに、いまの価値を守れるとは限らない、むしろ疑問だ。

 スケールメリットでいえば、もっともアライアンスのメリットを享受できるのは三菱自動車となるはずだ。グローバルでも150万台前後の生産台数に過ぎない同社が単独で生き残れるような時代ではない。アライアンスメンバーであることによる購買力、そしてCASEのような規模も重要な先進技術の獲得など、三菱自動車にとってはメリットが大きい。現時点では、アライアンスから独立する意義は感じられない。

 アライアンスの他二社(ルノー・日産)にしても年間150万台規模の仲間がいることは部品や技術の共通化においてコストダウンなどの面で利となるわけで、わざわざ手を切る必要もない。企業ごとのカラーなどマインドの面での軋轢がないわけではないだろうと予想されるが、ソロバンをはじけばそうした感情にプライオリティを置いている場合ではなくなるはずだ。その意味では、自動車業界が大きく変動する、これからしばらくにおいて、このアライアンスが簡単に空中分解状態になるとは考えづらい。

 ただし、年間1000万台を超える規模の自動車メーカーアライアンスが、ソロバン勘定だけでつながっていけるとも思えない。強いリーダーシップが必要となるだろう。アライアンス内の力関係を調整することで新たなリーダーを生み出すのか、それとも実績のあるリーダーをスカウトしてくるのか。現時点では勢いのあるルノー・日産・三菱自アライアンスだが、その未来が明るいかどうかは、どのような人物が次のリーダーになるかにかかっている。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  3. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  4. しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静...

  5. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  6. ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    国土交通省によれば例外はなく同じ騒音規制を適用 フェラーリやランボルギ...

  7. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  8. ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    扱いづらい特性でも急激な加速は魅力だった  排気ガスの勢いでタービンを...

  9. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  10. 50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    衝突回避・被害軽減ブレーキを含むセーフティ センスPを標準化 トヨタは...

levitra generico prezzo in farmacia

ставки по депозитам

куда лучше вложить деньги