日産がデトロイトで自動運転EVコンセプトカー「IMs」を世界初公開【NAIAS2019】

和のテイストも取り入れた最新の自動運転車

 アメリカ・ミシガン州デトロイトで行われる2019年北米自動車ショー(NAIAS2019:2019年1月14日~27日)で、電気自動車(EV)コンセプトの「Nissan IMs」を発表した。

 全長4845mm×全幅(ドアミラー除く)1900mm×全高1500mm、ホイールベース2900mmのこの車両は、回転式のフロントシートと「2+1+2」の独自のシートレイアウトを持つ、乗車定員5名の新しいスタイルのクルマ。リヤシートは3名掛けとなるが、両サイドの小型アウトボードシートの背もたれを倒すとアームレストになり、背もたれをリクライニングしたりオットマンも出して「プレミア」リヤセンターシートとして快適な空間に組み替えることができる。

 駆動方式は、フロントとリヤにモーターを搭載した4WD。最高出力360kWと最大トルク800N・mを発生する。バッテリー容量は115kWhとなっており、一充電あたりの走行距離380マイル(500km以上)となる。

 路面の状況と運転モードに合わせて乗り心地とハンドリングを調整できる最新式のエアサスペンションも搭載。自動運転モードの際には、ステアリングは格納され、さらにフロント両席は内側に約15度回転させて、後部座席と会話のしやすい配置になる。自動運転走行中は、ヘッドライトとリヤのイルミネーションライトがブルーに変わり、前後それぞれのイルミネーションの中央が点滅することで歩行者や周囲のドライバーに自動運転で走行していることを知らせるということだ。

 ルーフのガラス表面や、内装各所、そしてホイールにも、日本伝統の「麻の葉」柄からインスピレーションを得た幾何学模様が取り入れているのも特徴のひとつだ。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  3. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  4. しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静...

  5. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  6. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  7. ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    国土交通省によれば例外はなく同じ騒音規制を適用 フェラーリやランボルギ...

  8. ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    扱いづらい特性でも急激な加速は魅力だった  排気ガスの勢いでタービンを...

  9. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  10. 50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    衝突回避・被害軽減ブレーキを含むセーフティ センスPを標準化 トヨタは...

mass-trans.com.ua

mass-trans.com.ua/services/international-freight-shipping/

https://mass-trans.com.ua/services/oversized-shipments/