あの忌まわしきギラギラよさらば! そもそもフロントガラスに油膜を発生させない方法とは

意外にもボディのワックスが原因のひとつに!

 フロントウインドウに付く、油膜というのはイヤなものである。雨が降ると、水滴が変に張り付いたりするし、夜ともなればまわりの明かりがギラギラとして視界は激悪になる。ワイパーを動かしても伸びるだけで落とすことはできないし、油膜取りウォッシャー液なるものも売られているが、よほど軽いものでないと、一発でスッキリと落とすのは無理。頑固なものになると、専用のコンパウンドで削り落とすしかないから始末が悪い。

 油膜の原因はなにかというと、ボディに塗ったワックス分が雨などで流れ落ちて付着したもの。ほかには、自動車の排気ガスに含まれる油分も原因のひとつだ。

 そもそも油膜を発生させないようにするためには、固形などのワックスを使わないことで、代わりにコーティング剤を使うといい。ワックスは塗装面にただ付着しているだけなので落ちやすく、コーティングは化学的に定着しているので落ちにくく、落ちたとしても油ではないので油膜の原因にもならない。ちなみに油膜という点からワックスは避けるというだけで、ツヤなどの効果そのものを否定している訳ではないのであしからず。

 そして付着そのものを防止するという点では撥水剤を塗っておくといいだろう。水滴そのものを付着させないので、もし油を含んだ水が流れてきても、そのまま落ちて行くだけなので油膜にはならない。

 いずれにしても、基本となるのは定期的にウインドウは拭くこと。最近はセルフ給油が主流で、ガソリンスタンドで窓を拭いてもらう機会が減っているが、マメに拭くことで固着前の軽い段階で、油膜以外の汚れの付着なども防げるので習慣づけてほしい。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  3. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  4. しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静...

  5. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  6. ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    国土交通省によれば例外はなく同じ騒音規制を適用 フェラーリやランボルギ...

  7. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  8. ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    扱いづらい特性でも急激な加速は魅力だった  排気ガスの勢いでタービンを...

  9. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  10. 50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    衝突回避・被害軽減ブレーキを含むセーフティ センスPを標準化 トヨタは...

депозиты в банках украины

кредит под залог киев

comprare on-line viagra