あの忌まわしきギラギラよさらば! そもそもフロントガラスに油膜を発生させない方法とは

あの忌まわしきギラギラよさらば! そもそもフロントガラスに油膜を発生させない方法とは

意外にもボディのワックスが原因のひとつに!

 フロントウインドウに付く、油膜というのはイヤなものである。雨が降ると、水滴が変に張り付いたりするし、夜ともなればまわりの明かりがギラギラとして視界は激悪になる。ワイパーを動かしても伸びるだけで落とすことはできないし、油膜取りウォッシャー液なるものも売られているが、よほど軽いものでないと、一発でスッキリと落とすのは無理。頑固なものになると、専用のコンパウンドで削り落とすしかないから始末が悪い。油膜

 油膜の原因はなにかというと、ボディに塗ったワックス分が雨などで流れ落ちて付着したもの。ほかには、自動車の排気ガスに含まれる油分も原因のひとつだ。油膜

 そもそも油膜を発生させないようにするためには、固形などのワックスを使わないことで、代わりにコーティング剤を使うといい。ワックスは塗装面にただ付着しているだけなので落ちやすく、コーティングは化学的に定着しているので落ちにくく、落ちたとしても油ではないので油膜の原因にもならない。ちなみに油膜という点からワックスは避けるというだけで、ツヤなどの効果そのものを否定している訳ではないのであしからず。油膜

 そして付着そのものを防止するという点では撥水剤を塗っておくといいだろう。水滴そのものを付着させないので、もし油を含んだ水が流れてきても、そのまま落ちて行くだけなので油膜にはならない。油膜

 いずれにしても、基本となるのは定期的にウインドウは拭くこと。最近はセルフ給油が主流で、ガソリンスタンドで窓を拭いてもらう機会が減っているが、マメに拭くことで固着前の軽い段階で、油膜以外の汚れの付着なども防げるので習慣づけてほしい。油膜

画像ギャラリー