これなら走れない道はない! クローラー仕様のジュークを展示した日産ブース【東京オートサロン2019】

ひっそりと展示されていたエルグランドはGT-R仕様!?

 日産自動車は、東京オートサロン2019にて個性的なカスタムカーを展示した。もっとも注目を集めていたのが、エクストレイルとジュークの2台だろう。

 ジューク・パーソナライゼーション・アドベンチャーコンセプトは、なんとタイヤを雪道などで本領を発揮するクローラーへチェンジ。インテリジェント4×4(トルクベクタリング付き)により、高い悪路走破性を発揮する。

 通常ならば展示用で、走行できないことが多いのだが、このジュークはなんと実際に走行することが可能。スキー場などとのコラボレーションで、走行シーンを見てみたいものだ。個性的なカラーリングを実現するパーソナライゼーションを進化させ、マットホワイト+マットブラックの2トーンに、フローセントグリーンのアクセントがオシャレだ。

 もう1台のエクストレイルは、プロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手とコラボレーションしたスペシャル仕様。マットブラックのボディカラーに、ゴールドのアクセントカラーは大坂なおみ選手のチョイスとなっている。

 注目したいのは、ブースの端にひっそりと展示されていたエルグランド。スポーツプレミアムコンセプトと名付けられており、なんと随所にNISSAN GT-Rのパーツが奢られているというスペシャル仕様だ。

 ボディカラーはGT-Rの2017年モデルから登場したアルティメイトシャイニーオレンジ。ピアノブラックで彩られたフロントマスクまわり、リヤスポイラーやリアガーニッシュなどでスポーティさを高めている。

 足もとは、なんとGT-R専用の20インチタイヤ&ホイール、そしてブレンボ製ブレーキまで流用されている。流石にパワートレインまでの流用はされていないが、これだけでもインパクトは十分。

 インテリアも、GT-Rで採用している専用カラーのセミアニリンレザーシートを採用。スポーツと上質さを両立した、新たな提案と言えるだろう。

オーテックはオーダーメイドプログラムを発表!

 そのほか、プレミアム感を極めるサブブランドとして、ファクトリーカスタムを手がけるオーテックジャパンが手がける「オーテック」シリーズも登場。新たにラインアップへ加わった、エクストレイルが披露された。

 同時に発表となったのは、プレミアムパーソナライゼーションというプログラム。これは、インテリアを自分好みにカスタマイズできるというオーダーメイドプログラム。車種によって異なるが、ホワイト/タン/ブラック/ブラウンなどのシートカラーからチョイスできるほか、ステアリングのステッチまで選択することが可能。

 まさに、自分だけの1台を手に入れることが可能になるプログラムだ。まずはセレナとノートからスタートし、エクストレイルも追ってスタートする予定だ。

 また、第4のオーテック車の提案として、リーフも参考出展されていた。こちらも発売が待ち遠しい1台だろう。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  3. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  4. しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静...

  5. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  6. ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    国土交通省によれば例外はなく同じ騒音規制を適用 フェラーリやランボルギ...

  7. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  8. ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    扱いづらい特性でも急激な加速は魅力だった  排気ガスの勢いでタービンを...

  9. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  10. 50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    衝突回避・被害軽減ブレーキを含むセーフティ センスPを標準化 トヨタは...

orlistat generico

рейтинг банков по депозитам

взять кредит под залог недвижимости в украине