いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

見た目はもちろん運動性能の面でメリットは大きい

 最近は純正装着でも17インチ、さらには19インチも当たり前。扁平も45や35なんていうのも珍しくない。軽自動車でも15インチを装着しているモデルは多い。つまりホイールは大きくて、タイヤは薄いが主流ということになる。

 大昔はスポーツカーでも14インチで、80扁平というのが普通だったし、純正の場合、インチ数も扁平も運輸省(現在の国土交通省)の認可が必要だった。しみじみ、いい時代になったものである。

 今一度、大径低扁平のメリットを整理して見ると、まずはなんといっても見た目のよさであり、これは商品力につながるもの。見慣れてしまったというのはあるが、あらためて14インチの70タイヤというのを見たりするとどこかもっさい感じがする。

 そして見た目以外では、まず走行安定性の向上がある。タイヤが低扁平になれば、それだけタイヤ自体のよじれが少なくなり、安定性が増す。ハンドリングもよじれの分、シャープになる。

 また低扁平のタイヤは、ほとんどがワイドトレッドになるので、グリップ力自体も増す。自動車メーカーが採用を進めるのはこれらの点があるからだろう。

乗り心地や騒音というデメリットもある

 ただし、低扁平のタイヤはサイド部分が薄く、タイヤ自体のクッションが弱くなるため、乗り心地が悪くなるのは当然だし、騒音についてもハンディとなる。自動車メーカーとしても、この点は仕方がないでは済ますことはできず、開発時にはタイヤメーカーも巻き込んで、見た目と性能をどこでバランスさせるか。仕様を煮詰めるのに苦労している。

 よく言われる、本当にそのクルマのポテシンャルを引き出したいなら、タイヤもディーラーで補修部品として取り寄せてもらい交換するのがベストというのはこれが理由だ。銘柄やサイズがまったく同じタイヤでも、新車装着のタイヤ(OEタイヤ)と市販のタイヤ(リプレイスタイヤ)とはコンパウンドが違うことは多い。

 最後に自分でインチアップする場合の注意点だが、空気圧の指示はあくまでも純正サイズのもの。外径は同じでインチアップするとタイヤ内部の空気量が減るので、その分空気圧は高める必要がある。実際の空気圧は係数をかけて出せるので、ぜひ把握しておいてほしい。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  3. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  4. しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静...

  5. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  6. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  7. ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    国土交通省によれば例外はなく同じ騒音規制を適用 フェラーリやランボルギ...

  8. ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    扱いづらい特性でも急激な加速は魅力だった  排気ガスの勢いでタービンを...

  9. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  10. 50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    衝突回避・被害軽減ブレーキを含むセーフティ センスPを標準化 トヨタは...

avanafil generico costo

куда вложить деньги в украине 2018

levitra compresse