【試乗】100台限定のルノー・ルーテシアR.S.! アクラポヴィッチマフラーの感触をサーキットで体感

レースシーンで成功を収めたアクラポビッチのエキゾーストを装着

 ホットハッチのコンパクトスポーツとして注目されているルノー・ルーテシアR.S.トロフィーに「アクラポヴィッチ仕様」の限定モデルが追加された。アクラポヴィッチとはモーターサイクルのレースライダーだったイゴル・アクラポヴィッチ氏が自身のレースキャリアを基にレースエンジンに最適なパワーとサウンドを実現するため1992年にスロベニアに設立したエンジニアリング会社の名だ。

 アクラポヴィッチ社はバイクの世界では有名であったが、4輪でも2004年にF1のトップチームにエキゾーストシステムを供給し、2008年にポルシェ997R.S.Rに装着されニュルブルクリンク24時間レースでクラス優勝を果たし、2012年にはアウディ・スポーツとタイアップしル・マン24時間レースを制覇するなど着実に実績を積み上げてきている。そして2015年には100個目の世界タイトルを獲得するなど世界的に知名度を高めているのだ。

 そのアクラポヴィッチ社がプロデュースしたエキゾーストシステムを装着しているのが、今回のモデルの特長だ。チタンとステンレスのコンポジッドにより約3kgという軽量に仕上げられたそのエキゾーストシステムは、センターチューブからテールパイプまで専用設計され、テールパイプにはカーボンのトリムを採用しスポーティに仕上げられている。その効果として極めてレーシーなサウンドが奏でられ、最高回転領域では2馬力の出力アップを果たしているという。(カタログ値は不変)

 今回、このルーテシアR.S.トロフィー・アクラポヴィッチ仕様を富士スピードウェイ・ショートコースでテストドライブすることができた。

 用意されたのは「ジョンシリウスM(限定50台のイエローカラーモデル)」の1台。ほかにも「ブラン・グラシエ(ホワイトベース)」の限定50台と計100台が限定販売されるという。

 欧州Bセグメントにカテゴライズされるルーテシアは、コンパクトながら広い室内と効率のよいラゲッジスペースを持つ優れたパッケージングで国内でも使い勝手が評価され人気が高い。そのスポーツバージョンとして羨望の的となっているのがR.S.トロフィーである。

 パワーユニットは1.6リッター直4ターボで220馬力以上の出力と2000回転から260N・mもの大トルクを発し、前輪で駆動するFFモデル。アクラポヴィッチ社のエキゾーストが装着されたことで、どれほどのパフォーマンスを体感できるのか早速コースインした。

吹き上がりと音の気持ちよさは格別

 サーキットではドライブモードは「スポーツ」や「RACE」が適するが、スポーツモードでトラクションコントロールが介入しても邪魔にならず、むしろパワーを有効に路面に伝えることができて安定して速さを引き出せる。

 コーナーアプローチでは、ハードブレーキからターンインしていくが、ブレーキフィールが安定していて制動姿勢も抜群にいい。ルーテシア本来の前後重量バランスの良さが4輪の接地性を高めている証だ。R.S.トロフィーの持つクイックなステアリング特性はそのままで、ターンイン時の操舵角は極めて少なくシャープな特性を見せる。さらに立ち上がり脱出加速時には電子制御フロントデファレンシャルロックが機能してトラクションを最大限に発揮してくれる。

 6速エフィシェントデュアルクラッチトランスミッションは、ステアリングコラム固定式パドルでマニュアル操作できるが、そのシフトプログラムも適性でブレーキ踏力に応じてシフトダウンするなど、Dレンジでも納得できるシフトプログラムが組まれている。

 エキゾーストシステムの効果を引き出すため、マニュアル変速にしてレブリミットまで回してみると、通常最高回転域で頭打ちとなるパワーの減少感がなくリミットまで気持ち良く吹き上がった。その際のサウンドはレーシングカーを彷彿させるが、けして音量は大きすぎずスマートに聞こえてくる。

 ストレスなく吹き上がり、アクセルを踏み込むことが楽しくなるが、スロットルオフ時にはフラップが開き、その時にもまたレーシーで特徴的なサウンドを周辺に響かせていた。アクセルのオン/オフ共に効果を楽しめるわけだ。

 また、車室内だけでなく外で聞くサウンドも魅力的で、サーキットに相応しいものだった。それは2馬力という数値以上に、パフォーマンスの高まりをエモーショナルに体感させてくれたのだ。

 クラス最速でもっともレーシーな雰囲気を楽しめるルーテシアR.S.トロフィー・アクラポヴィッチ。100限定の購入チャンスを逃がしたら後で後悔することになりそうだ!

ルノー ルーテシアR.S. トロフィー アクラポヴィッチ

販売台数:限定100台(ブラン グラシエ 50台/ジョン シリウスM 50台)
専用装備:
■アクラポヴィッチ製マフラー(カーボン製テールパイプトリム付)
■TROPHYデカール(F1タイプエアインテークブレード)
■ブラックパック
・ブラックF1タイプエアインテークブレード
・ブラックリアディフューザー
・ブラックフィニッシャー付サイドプロテクションモール(TROPHYロゴ入り)
・ブラックドアハンドル(ジョンシリウスMは標準車もブラック)
・ブラックRENAULT SPORTエンブレム(バックドア)
価格:ブラン グラシエ 344万円(税込)/ジョン シリウスM 359.66万円(税込)

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  3. 【衝撃】高級車の超高額オプションはクルマが買えるほどの価格!

    なんとオプション総額4桁万円の世界! 4ケタ万円級の超高級車の商談では...

  4. 高級ホテルよりも豪華! 女性もうっとりする衝撃インテリアを持つクルマ4選

    シャンパン用クーラーボックスにシアターシステム! クルマは見た目が8割...

  5. マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

    蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因 あんなに新車の...

  6. メーカー指定だとギリギリすぎ? クルマの消耗品7つと本当の交換時期

    どんなにクルマが進化しても消耗品は存在する どんなにクルマが進化しよう...

  7. えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    デートの雰囲気を盛り上げてくれる軽自動車も結構ある 今ドキ女子はと〜っ...

  8. 【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    そもそも追い越し車線を走り続けると通行帯違反で反則金6000円 何なの...

  9. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  10. なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

    今や少数派だが存在感と実力はバッチリ! 今はSUVがブームだが、その発...

generico cialis

куда вложить деньги в украине

регистрация торговой марки