【試乗】ホンダ新型CR-Vは誰が乗っても満足できる徹底マルチSUV

1.5リッターターボ車には待望の7人乗りも用意

 約7年ぶりのフルモデルチェンジで、さらにでっかく、アメリカンなデザインになって帰ってきたホンダ新型CR-V。グローバルでは年間で70万台以上が売れている人気のミドルサイズSUVだけに、新型の開発課程では「守るべきもの・打破すべきもの・極めるべき強み・原点回帰」というキーワードが掲げられ、イギリスのカントリーロードやスペインの高地、ドイツのアウトバーンやオーストリアの山岳地など、徹底した走り込みを行ってきたのだとか。気合い入ってます!

 そして大きなトピックとなるのが、まずガソリン仕様だけでなくハイブリッド仕様が登場したこと。ガソリンが190馬力/240N・mの1.5リッター直噴ターボエンジン、ハイブリッドは145馬力/175N・mの2リッターアトキンソンサイクルエンジンに、2モーターのSPORT HYBRID i-MMDを組み合わせ、25.8km/L(JC08モード)というクラストップの低燃費となっています。

 また、ガソリン仕様だけでなくハイブリッド仕様でもAWDが選べること、2列5人乗りに加えてガソリン仕様には3列7人乗りが設定されたことも、新型CR-Vの新たな強みと言えますね。

 まずは室内からチェックしてみると、とても感心したのが乗降性の良さ。一般的なセダンと比べると160mm高く、コンパクトSUVのヴェゼルと比べても60mm高いアイポイントを確保しながら、ヨイショと飛び乗るような感覚がない前席。チョイ乗りが多くて頻繁に乗り降りするような使い方でも、これなら疲れにくいと思います。

 そしてさらに良いのが後席。ドアがほぼ直角まで開き、ドア開口部も先代より100mm拡大されているので、頭や足がスムースに移動できるのです。また、ドアカットの位置やサイドシル形状の工夫で、洋服の裾が汚れにくくなっているという配慮にも感心。これならドレスアップした日でも安心だし、子どもやお年寄りも乗り降りしやすそうです。

 そして室内空間は、5人乗り仕様は後席が固定式。でも足もとはゆったりとしていて、視界も開放的で気持ちのいい空間です。7人乗り仕様は2列目シートに150mmのスライド機能がつき、3列目を使わない時は5人乗り仕様と同等の広さで座れます。3列目への乗り込みは、2列目シートのストラップを引いて背もたれをたたみ、座面ごと前に倒せばアクセスしやすいスペースが出現。2列目シートの下に足を入れる空間がないので、かなり体育座り的な姿勢にはなるものの、リクライニング機能があるので身長190cmの人でも座れるようになっているとのこと。ただ、やはり長距離よりは「ちょっとそこまで」の移動向けという印象でした。

 さて、改めて運転席に座ってみると、新型CR-Vは最先端のSUVなんだなぁと実感させてくれる演出がたくさん。たとえば、プレミアムSUVにはよくあるシートメモリー機能が、あらかじめ設定しておけばキーでロック解除しただけで自分のシート位置に自動調整完了。これなら乗り込む段階からスムースですよね。我が家のクルマは乗り込んでからスイッチを押すタイプなので、羨ましい限り。シートヒーターは座面だけでなく背もたれも温めてくれるタイプだし、そうしたきめ細かなおもてなしはさすがです。

 ボディサイズが全長4605mm、全幅1855mmと決して小さくはない新型CR-Vだけど、高いアイポイントのおかげで遠くまで見渡せ、ボンネットの両端が確認できるため車両感覚もつかみやすく、狭い道での取り回しはそれほど難儀する印象ではないですね。最小回転半径が5.5mmあるので、さすがにUターンでは気を遣ったけれど、慣れてくればストレスを感じるほどではなさそう。

重さを感じさせないハイブリッドの上質な乗り味

 最初に走らせたのはガソリン仕様のFFモデルで、低速からの伸びやかな加速フィールと軽快な身のこなしに、思わずテンションが上がります。ハンドリングが機敏すぎず穏やかすぎず、とても素直で爽快。欲しいところでいつでもパワーが操れる感覚で、山道などでも力強くメリハリある走りが楽しめます。後席ではちょっと乗り心地がカタめとはいえ、前席では適度な落ち着き感があり、高速道路でもしっかりとした安定感があって好印象でした。

 次にハイブリッド仕様のAWDを走らせると、ガソリン仕様に比べて車両重量が最大350kgほど重くなるというのに、驚くほどスムースで軽やか。その軽やかさにプラスして、丁寧な挙動から伝わる上質感もあります。速度や路面状況などによって、EV/ハイブリッド/エンジンの3つのドライブモードを頻繁に切り替えてくれるので、常に適した走行状態がシームレスに提供されるところがハイブリッドならでは。高速道路でも悠々とリラックスしてクルージングできました。

 山道でちょっと路面が荒れたところでは、重さゆえのドタバタ感が出てしまうシーンもあったものの、ハイブリッドのみに施された「アクティブサウンドコントロール」によって、ドライバーの意思にリニアなエンジンサウンドが響く演出があるなど、ホンダらしいスポーティな走りが楽しめます。

 また今回、AWDの実力を試せるような悪路は走りませんでしたが、リアルタイムで前後にトルク配分をするシステムにおいて、後輪のトルク容量を先代比1.5倍にアップしたとのこと。最低地上高も210mm確保してあり、雪道などでの走破性はさらに高まっていることでしょう。

 そんなアクティブなユーザーならラゲッジの使い勝手も気になるところですね。5人乗り仕様は、6:4分割で後席を倒せばスッキリとフラットなスペースに早変わり。荷室側にあるレバーを引くだけというのも簡単です。499リットルと容量もたっぷりで、最大荷室長は1830mm。海も山も余裕でイケそうです。

 7人乗り仕様は、3列目をストラップで5:5分割で倒すと、やや段差ができてしまいますが、フロアボードの高さを変えればほぼフラットなスペースに。二段の棚としても使えるので、これはこれで便利でしょう。

 初代から、都会派SUVの先駆け的存在と言われてきたCR-V。でも実際は、「見た目以上にちゃんと使える」というのがユーザーからの評価でした。こうして見てきた新型CR-Vは、多様化したSUVニーズにしっかり応えるべく、7人乗りやハイブリッド×AWDの登場で、「見た目以上に“いろいろ”ちゃんと使える」SUVに大きく進化していると感じたのでした。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  3. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. 59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    駐車監視員は60分を超えてからじゃないと放置車両扱いができない このと...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  8. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  9. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  10. 日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    整備された交通インフラやカーナビの発達も要因のひとつ 欧州では高齢者や...

www.swiss-apo.net

swiss-apo.net/en/products/orlistat

www.pillsbank.org/it/comprare/kamagra-fizzy-tabs