フランスのライフスタイルにインスパイア! 160台限定のルノー カングー プラティークが登場

フランスのライフスタイルにインスパイア! 160台限定のルノー カングー プラティークが登場

シンプルながら個性が際立つエクステリアに注目

これまでも多くの限定車が発売されてきたルノー カングーに、フランス語で“実用的”を意味する「プラティーク」の名付けられた限定車が160台のみ発売される。MTモデルが251万9000円、EDC(AT)が261万9000円となっている。

広い室内空間が所有する人の用途に合わせて、さまざまな使い方ができるルノー カングーは、本国はもちろん日本でも多くの人に愛されている。その証として2018年で10回目の開催となった「カングー ジャンボリー」には、1373台が集結するほどだ。

今回発売される「プラティーク」は、フランスで暮らす人々からアイデアを得たモデルだ。フランス人の多くは、家具を修理したり、オリジナルで棚やガーデンチェアを作ったりと、自分の暮らしをデザインしながらライフスタイルを楽しんでいる。

専用ボディカラーの「グリ メタン」を採用し、シルバー&ブラックのフロントバンパー、ブラックリヤバンパー、鉄ホイールにブラックのホイールセンターキャップとホイールボルトカバーを装備。シンプルながら個性際立つエクステリアをもつ。

さらに音質の良いフランスのハイクオリティオーディオブランド「FOCAL」のサウンドシステムを採用。こちらはツイーターを含む6スピーカーで、臨場感のある音楽を楽しむことができるというのだから、広い室内でも抜かりない空間を用意するあたりが、フランス人らしい演出だ。カングー

ちなみに今回の限定車は冒頭にも記したとおり、EDCのほかにMTも設定される。じつはカングーのMTはクルマ好きの中でも注目されている1台。直4ターボということもあって、低回転からトルクフルで扱いやすく、クラッチにもクセがなく乗りやすい点にも注目だ。ちなみに設定台数は、EDCが120台、6速MTは40台となっている。

画像ギャラリー