アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」のカタログモデルがいよいよ発売開始

アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」のカタログモデルがいよいよ発売開始

ハイパフォーマンス仕様のクアドリフォリオは2018年内導入予定

 FCAジャパンは、新型SUV「アルファロメオ・ステルヴィオ」に「2.0 TURBO Q4スポーツパッケージ」、「2.0 TURBO Q4ラグジュアリーパッケージ」、「2.0 TURBO Q4」の3モデルを設定し、2018年10月27日より販売を開始した。また、ハイパフォーマンスモデルの「クアドリフォリオ」については2018年内にも導入予定とのこと。ステルヴィオ

 ステルヴィオは、新開発のジョルジオ・プラットフォームを使用したジュリアの高い走行性能を受け継ぐSUVだ。今回のモデルは、ステルヴィオの導入限定車であった「ファースト・エディション」と同じ、2リッター直列4気筒ツインスクロールターボエンジンを搭載しており、最高出力280馬力、最大トルク400N・mを発揮するパワフルな1台。可変トルク配分機構を持つ4WDシステム「アルファロメオQ4」がその駆動力を支えている。ステルヴィオ

 2.0 TURBO Q4スポーツパッケージは、エクステリアに鮮やかなレッドのブレーキキャリパー、19インチ5ホールアルミホイールを装備。インテリアにはスポーツレザーシート、スポーツレザーステアリング、レザーインストルメントパネル&ドアパネル、アルミニウムパネルなどを備え、内外装ともにスポーティで走行性の高さを予感させる装いとしている。ステルヴィオ

 2.0 TURBO Q4ラグジュアリーパッケージは、18インチ10ツインスポークアルミホイールで足もとを華やかに演出。インテリアには、レザー仕上げのインストルメントパネル&ドアパネル、ウッドパネル、肌触りの良いプレミアムレザーシートとプレミアムレザーステアリングを採用し、素材や質感を重視した上質な空間を作り上げている。ステルヴィオ

 ベースモデルとなる2.0 TURBO Q4(受注生産)は、バイキセノンヘッドライトや18インチアルミホイール、アダプティブクルーズコントロール、車載インフォテインメントシステム「Connectシステム」、パワーテールゲートなどの、充実の装備を多数搭載した利便性の高さがポイントだ。

 ボディカラーは新色の「モンテカルロブルー」を含む、「アルファホワイト」、「アルファレッド」、「ストロンボリグレー」、「ブルカノブラック」の全5色を設定。

なお、希望小売価格(税込)は下記の通り。
2.0 TURBO Q4スポーツパッケージ/ラグジュアリーパッケージ 691万円
2.0 TURBO Q4 655万円

画像ギャラリー