最近のSUVが背面タイヤを採用しないワケ

ジムニーやGクラスなど採用車は少数

 ジムニーが大ヒットとなっているが、その理由のひとつが武骨なスタイル。その武骨さを演出するのが、後ろに背負ったスペアタイヤだろう。背面タイヤとも呼ばれ、その昔はイメージ的にもクロカンには必須の装備だったが、SUVにシフトするにつれて見かけなくなってしまった。

ほかではメルセデスのGクラスが背面タイヤをまだ採用しているが、こちらも武骨さがウリで、SUVと言うよりもクロカンテイストのほうが強いモデルではある。

 ということで、なくなってきた理由のひとつは武骨なクロカンが減って、ソフトなSUVが増えてきたから。つまりデザイン的に合わないというのがある。妄想でしかないが、今のSUVたちに背面タイヤがあったら……。確かに変だ。

 逆に武骨さを演出するには背面タイヤを採用するのが効果的で、その昔、インプレッサのスポーツワゴンに背負わせてワイルドさを演出したグラべルエックスなどはいい例だろう。

 ほかの理由としては、全体的にスペアタイヤがなくなってきている理由と同じで、軽量化による燃費の向上や、スペアタイヤというのは結局使われず、そのまま廃棄となることからの資源節約といったことがある。

ちなみに先代ジムニーでは燃費がかなり悪いことから、背面タイヤを下ろしてしまうユーザーもいたほど。やはりテンパータイヤも含めてタイヤ1本を余分に積んでいるというのは燃費には不利になるのは事実だ。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  2. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  3. ビッグネームでもダメ! クルマはいいのにデザインで売れない残念な現行車5選

    走りと機能を追究したのに見た目で勝るライバルに負けたモデルも 1950...

  4. じつは日本車ってスゴイんです! 今でも語り継がれる国産スーパーカー5選

    世界に誇れる日本メーカーの底力がこれだ スーパーカーにカテゴライズされ...

  5. 日本カー・オブ・ザ・イヤーからスバルとスズキが辞退! その是非を問う

    COTYの原点に立ち返れば選ぶ側が決めるべきこと 毎年恒例のイベントに...

  6. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  7. 愛すべき負け組! 売れないのが残念すぎる魅力的なクルマ3選

    走りや機能面がいくらよくてもクルマは売れないこともある ミニバン:ホン...

  8. マイナーチェンジも不発! テコ入れしても売れない国産現行車5選

    売れ筋ジャンルにもかかわらず売れないモデルも 発売されても売れ行きがい...

  9. 使うのは昭和のオヤジのみ! 時代と共に消えていった自動車用語7選

    クルマ自体が進化したために使われなくなった言葉も  昭和は遠くになりに...

  10. 【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    他メーカーへの流出を避けたり海外での販売促進など理由は多い 日系ブラン...

http://profvest.com/2018/08/cryptoflow-hyip-otzivi-obzor.html

profvest.com/2018/08/grant-epos-hyip-otzivi-obzor.html

https://baden-medservice.com