最近のSUVが背面タイヤを採用しないワケ

ジムニーやGクラスなど採用車は少数

 ジムニーが大ヒットとなっているが、その理由のひとつが武骨なスタイル。その武骨さを演出するのが、後ろに背負ったスペアタイヤだろう。背面タイヤとも呼ばれ、その昔はイメージ的にもクロカンには必須の装備だったが、SUVにシフトするにつれて見かけなくなってしまった。

ほかではメルセデスのGクラスが背面タイヤをまだ採用しているが、こちらも武骨さがウリで、SUVと言うよりもクロカンテイストのほうが強いモデルではある。

 ということで、なくなってきた理由のひとつは武骨なクロカンが減って、ソフトなSUVが増えてきたから。つまりデザイン的に合わないというのがある。妄想でしかないが、今のSUVたちに背面タイヤがあったら……。確かに変だ。

 逆に武骨さを演出するには背面タイヤを採用するのが効果的で、その昔、インプレッサのスポーツワゴンに背負わせてワイルドさを演出したグラべルエックスなどはいい例だろう。

 ほかの理由としては、全体的にスペアタイヤがなくなってきている理由と同じで、軽量化による燃費の向上や、スペアタイヤというのは結局使われず、そのまま廃棄となることからの資源節約といったことがある。

ちなみに先代ジムニーでは燃費がかなり悪いことから、背面タイヤを下ろしてしまうユーザーもいたほど。やはりテンパータイヤも含めてタイヤ1本を余分に積んでいるというのは燃費には不利になるのは事実だ。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. ふんわりアクセルはNG!? 本当にエコなアクセルの踏み方とは

    ゆっくり過ぎる加速は自分自身にも社会全体でもエコじゃない 最近はガソリ...

  3. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 【意外と知らない】新品タイヤはナラシ走行をしないと寿命が短くなる!

    タイヤは装着後に「成長」するもの クルマの消耗品の中でも重要度が高く、...

  6. 暖気や慣らしは必要? クルマに10年乗るなら新車時から守るべき行為5つ

    最初はよくても時間を追うと徐々に差が付いてくる 同じクルマ、そして同じ...

  7. 【今さら聞けない】タイヤの溝に挟まった小石は取るべき?

    神経質になる必要はないがマナーの面でも取り除いたほうがいい JAFのロ...

  8. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  9. ほぼ同額のトヨタミニバン! アルファード&ヴェルファイアの最安グレードとノア&ヴォクシーの最高グレードはドッチが買い?

    ノアヴォクの326万円に対しアルヴェルは337万円とほぼ同額 ミドルサ...

  10. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

http://profvest.com/2018/08/cryptoflow-hyip-otzivi-obzor.html

profvest.com/2018/08/grant-epos-hyip-otzivi-obzor.html

https://baden-medservice.com