最近のSUVが背面タイヤを採用しないワケ

ジムニーやGクラスなど採用車は少数

 ジムニーが大ヒットとなっているが、その理由のひとつが武骨なスタイル。その武骨さを演出するのが、後ろに背負ったスペアタイヤだろう。背面タイヤとも呼ばれ、その昔はイメージ的にもクロカンには必須の装備だったが、SUVにシフトするにつれて見かけなくなってしまった。

ほかではメルセデスのGクラスが背面タイヤをまだ採用しているが、こちらも武骨さがウリで、SUVと言うよりもクロカンテイストのほうが強いモデルではある。

 ということで、なくなってきた理由のひとつは武骨なクロカンが減って、ソフトなSUVが増えてきたから。つまりデザイン的に合わないというのがある。妄想でしかないが、今のSUVたちに背面タイヤがあったら……。確かに変だ。

 逆に武骨さを演出するには背面タイヤを採用するのが効果的で、その昔、インプレッサのスポーツワゴンに背負わせてワイルドさを演出したグラべルエックスなどはいい例だろう。

 ほかの理由としては、全体的にスペアタイヤがなくなってきている理由と同じで、軽量化による燃費の向上や、スペアタイヤというのは結局使われず、そのまま廃棄となることからの資源節約といったことがある。

ちなみに先代ジムニーでは燃費がかなり悪いことから、背面タイヤを下ろしてしまうユーザーもいたほど。やはりテンパータイヤも含めてタイヤ1本を余分に積んでいるというのは燃費には不利になるのは事実だ。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  3. 巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    クセが強すぎて1代で終わってしまったクルマも存在 クルマの系譜というの...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    走りや安全性の追求が車両価格を上げる 最近、よく耳にするのが、「最近の...

  6. この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    椅子はあるけれど日常的に座ることは厳しい! ミニバンだけでなく、最近は...

  7. 価格高騰へのカウントダウンが始まった!  いま買わないと後悔必至の昭和の名車4選

    今後どんどん価格上昇すると見込まれるモデル 今年の4月30日をもって幕...

  8. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  9. 普通車が余裕で買える! 衝撃の高額プライスの現行軽自動車トップ5

    1位はじつに300万円近いプライスタグ! 軽自動車は本来、小さく、扱い...

  10. いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

    見た目はもちろん運動性能の面でメリットは大きい 最近は純正装着でも17...

http://profvest.com/2018/08/cryptoflow-hyip-otzivi-obzor.html

profvest.com/2018/08/grant-epos-hyip-otzivi-obzor.html

https://baden-medservice.com