四国を堪能! スズキ・クロスビーを満喫! 長距離ドライブ旅のススメ

四国へのドライブ旅は上陸する前から楽しい

 本州の遠方から四国に入るには空路が早くてラクだが、旅情を満喫するなら、道すがらいろいろな発見がある陸路、それも自分でハンドルを握るクルマ旅が面白い。

 感動は瀬戸内海を渡るときから始まる。アクセスするルートは3つだ。まずは東日本や関西からのアクセスに便利な、本州から四国に渡る東側ルートの神戸淡路鳴門自動車道。兵庫県の神戸市と淡路島を結ぶ明石海峡大橋は、中央支間長(塔と塔の距離)が1991mと世界一長い吊橋だ。主塔の高さは海上約300mで、東京タワーに匹敵する。淡路島を縦断して徳島県に渡るのは、鳴門海峡にかかる大鳴門橋だ。

 2つめは、中央ルートである瀬戸中央自動車道。岡山県倉敷市-香川県坂出市間の通称・瀬戸大橋は、1988年に本州と四国を初めて結び、今年30周年だ。途中渡る橋は計6つ。下津井瀬戸大橋の鷲羽山トンネルは、上段を道路、下段を鉄道が通る世界初の四つ目トンネルとして完成。与島橋は道路・鉄道併用のトラス橋として世界最大級を誇る。

 さらにもうひとつ、瀬戸内しまなみ海道の愛称で知られる西ルートは、広島県尾道市と愛媛県今治市を結んでいる。計7つの橋で構成され、大三島橋は海峡部で唯一のアーチ橋であるとともに、本四連絡橋で最初に完成した橋。吊橋では因島大橋がもっとも古く、完成当時は日本最長を誇った。来島海峡大橋は世界初の3連吊橋である。

 初めて走る本四連絡橋は、まるで空を飛んでいるように爽快。途中のPAや道の駅から橋を見上げれば、その巨大構造物は圧倒的なスケールで迫り、造り上げた人間の凄さを改めて実感できる。

 また、曲線美の吊橋、直線美の斜張橋、さらにトラス橋やアーチ橋と、橋は構造によって異なる表情を楽しませる。そして海を超えると、四国へやってきたことを実感するのだ。

 さて、待っているのはその名のとおり、4つの国。阿波、土佐、伊予、讃岐の旧国名は今もグルメや地名、芸能などにみることができる。四国は日本の主要4島でもっとも小さいが、4県はそれぞれが伝統に根ざした独自の存在感を放っている。

 また、北は瀬戸内海、南は太平洋というふたつの海。陸は中央を四国山地が貫き、それを境に温暖少雨の瀬戸内海式気候と、さらに暖かいが、台風も多い太平洋側気候に分かれる。風土も個性的な文化を作り上げた重要な要素だ。

 山川にも自然の現風景が残る花鳥風月、太古から近代に至る歴史ロマンにも、ほかの地域にない魅力が光る。さあ、四国の魅力を発見しよう。

渦潮に阿波踊り! 魅力たっぷりの徳島県

 徳島県は阿波国(あわのくに)。すぐ思い浮かぶのは阿波おどりだ。お盆の開催時期には毎年約130万人もの人出がある一大イベントだ。県全土が熱狂の坩堝と化す本場の阿波おどりは、ぜひ一度見てみたいもの。ただ、その願いが叶わなくても、「阿波おどり会館」でその魅力に触れることができる。

 ミュージアムでは衣装や道具、昔のポスターなどを展示し、阿波おどりの歴史と文化をわかりすく紹介。客席数250の専用ホールでは、昼は会館の専属連、夜は有名連による阿波おどりの公演を目の前で楽しめるのだ。踊りに飛び入り参加も可能。徳島市のシンボル・眉山の麓に位置し、ロープウェイの山麓駅も併設する。

 徳島県もうひとつの自慢は、鳴門海峡の渦潮だ。春と秋の大潮で最大になり、20mにおよぶその直径は世界最大級。すさまじい轟音を立てて流れることから、鳴門(鳴る瀬戸)の名が生まれたともいわれる。その迫力を大鳴門橋の「県立渦の道」や観潮船で体験するなら、潮見表で見頃の時間を確認しておこう。

 激しい潮流は、身の締まった鳴門鯛や鳴門ワカメなどの恵みも与えてくれる。徳島県にはほかにも鳴門金時、阿波尾鶏に牛・ポーク、柑橘類など自慢の食材がいっぱいだ。

 そんな渦潮を楽しんだ際に立ち寄ってほしいのが、大毛島の大鳴門橋たもとにある鳴門公園内のお茶園展望台だ。江戸時代の徳島藩主・蜂須賀氏が鳴門の渦潮を楽しむために茶屋を設けた場所であり、展望台からは鳴門海峡や淡路島の雄大な絶景を堪能できる。

 また、四国では道でお遍路さんを見かけることが多い。これは讃岐で生誕した弘法大師・空海がたびたび修行した地に寺院を選び、開創したと言われる霊場、四国八十八ヶ所を巡拝すること。一番札所から番号順に回る「順打ち」なら、徳島県が最初の地になる。その一番札所に当たるのが、竺和山・一乗院の霊山寺だ。

 札所の巡拝に決まった順番はないが、「一番さん」として親しまれており訪れる人が多い。売店は巡拝用品やお土産の品揃えが豊富だ。600年近い歴史を持つ多宝塔など、荘厳な建物も見応えがある。

高知に行ったら最後の清流「四万十川」の沈下橋は絶対走りたい

 高知県は土佐国(とさのくに)。幕末の志士・坂本龍馬の出身地として、その名は広く知られる。

 龍馬は今も大忙しだ。桂浜の像や「高知県立坂本龍馬記念館」、「高知龍馬空港」「高知市立龍馬の生まれたまち記念館」「龍馬郵便局」など、高知の観光PRに引っ張りだこ。おもな観光施設で特典が受けられる「龍馬パスポート」も、観光客から好評を集めている。

 ふだんは温暖で過ごしやすく、時には台風が猛威を振るう天候は、プロ野球チームが春季キャンプを張る南国ならでは。海は黒潮の暖気だけでなく、一本釣りで有名なカツオをはじめ豊かな恵みを与えてくれる。

 また、じつは高知は、面積の大半を深い山々が占める県でもある。大規模なダムがなく、本来の姿を今にとどめる四万十川は、それを表す好例。流域の山間部は寒暖差が大きく、おいしい土佐茶の産地でもある。

 オススメのポイントとしては、まず県東部の太平洋に大きく突き出た室戸岬を挙げたい。雄大な海の眺めだけでなく、太古の深海の地層が隆起した奇岩やさまざまな亜熱帯植物、空海が修行したと伝わる御厨人窟など、自然と歴史の大スペクタクルに出会える場所でもある。2011年にはユネスコの世界ジオパークに認定。半島には岬以外のサイトにも見どころがいっぱいだ。

 続いては佐田沈下橋。“最後の清流”として全国的に有名な四万十川は、沈下橋のある景観でも知られる。沈下橋は増水時には水面下に沈む設計で、流されないために欄干がないのが特徴。四万十川にはこの生活文化遺産が本流だけでも22基ある。佐田沈下橋はもっとも下流に位置する観光スポット。道幅はクルマ一台分しかないので、渡る時は対向車を要確認だ。

 最後は龍頭(りゅうず)岬と龍王岬の間に弓状に広がる砂浜の桂浜。背後に茂る松の緑と紺碧の海が調和した景観は、箱庭のようだ。月の名所として古くから知られ、坂本龍馬が郷里でもっとも愛した場所ともいわれる。高台では龍馬像が太平洋を見下ろし、坂本龍馬記念館も至近だ。周辺は桂浜公園で売店なども充実している。

 そんな高知県に行ったら絶対に味わいたいのが、カツオのたたき。焼き方は皮だけにほどよい焦げ目と香りがつく、伝統の藁焼き。レア状態の身はきれいな赤で光沢があり、歯ごたえも十分。新鮮なカツオが手に入る、まさに本場ならではの醍醐味だ。

 高知は四国4県で唯一、本州と連絡橋(道路)でつながっていない。そのため流通に地元色が強く、有名なスポットでも思ったほど混雑しない点も、観光客にはうれしいのだ。

3000年の歴史を誇る道後温泉が癒してくれる愛媛県

 伊予国(いよのくに)は聞き慣れない人もいるかもしれない。が、「イヨカンの伊予」といえば、すぐに愛媛県と覚えられるはず。みかんなどを含む柑橘類、キウイフルーツの生産量は日本一だ。

 県庁所在地の松山市は四国最大の都市。そして、愛媛が誇る2大観光スポットがある。

 奈良時代に成立した「日本書紀」にも登場する日本最古といわれる温泉の道後温泉は、3000年の歴史をもつといわれる。夏目漱石の小説「坊っちゃん」に描かれたことでも有名だ。複雑な屋根を持つ木造3階建ての本館は、明治期に完成。威風堂々の近代和風建築は、見るだけでも価値ありだ。公衆浴場として初めて国の重要文化財に指定されている。2019年1月から大規模な保存修理を予定。その前に一度訪れておくのもいい。

 もうひとつは、平山城の傑作といわれる松山城。市中心部の山頂にそびえ、大天守から市街や海を360度一望できる。江戸時代から時を超えて存在するランドマークタワーだ。

 愛媛はもちろん、大自然にも恵まれている。沿岸部は気候も表情も異なる瀬戸内海と宇和海に接し、ともに美しい景観と豊かな海の幸を享受。

 そんな海の景観を楽しむなら、糸山公園がいい。来島海峡の絶景を楽しめるお薦めスポットである。今治市側の来島海峡大橋たもとに位置し、海峡に浮かぶ島々やとうとうと流れる海流、そこを渡る3連吊橋が織りなす眺望は大スケールだ。園内には、架橋技術を紹介する入館無料の来島海峡展望館もある。

 内陸部には四国山地が広がり、西日本最高峰の石鎚山、石灰岩が浸食してできた四国カルストなどを有する。

 四国カルストは、山口県の秋吉台、福岡県の平尾台と並んで、日本三大カルストのひとつに数えられ、愛媛と高知の県境に東西約25㎞、標高1000~1500mにわたって広がる白い石灰石を散りばめた高原は壮大な景観だ。緑の中に牛が放牧され、その眺めは「日本のスイス」といわれるほど。頂上の年平均気温は8~9℃しかないので、ハイキングでは服装に注意。

 この付近を走れば、気分は天空ドライブそのものだ。

日本一小さい県でも見どころ満載の香川県

 讃岐国(さぬきの国)は、うどんで有名な香川県だ。「うどん県に改名」というのは、もちろん県の観光PRによるフィクション。

 讃岐うどんは全国展開のチェーン店によって、どこでも味わえるようになった。しかし、香川県のうどん屋に一度飛び込めば、味以外の点でもカルチャーショックを受けるはず。そのPRがまんざらでないほど、うどんはグルメの域を超えた香川の個性を象徴する文化といえるのだ。

 なにしろ讃岐うどん店は、香川県で700店舗あるといわれるからまさに県民のソウルフード。100円台から小腹を満たせる安さも魅力である。麺は歯ごたえやノド越しのよさが特徴だが、太さや硬さなど店それぞれの特徴がある。いりこベースのだし(つゆ)も同様だ。セルフサービスが主流で、麺も自分で茹でる完全セルフ式は、初体験だとちょっとドキドキするかも!? 薬味のネギ、ショウガ、天かすはお好みで。

 さて、香川は四国4県だけでなく、全国の都道府県でもっとも面積が小さい。しかし、旧跡だけでも、全国の「こんぴらさん」の総本山である金刀比羅宮をはじめ、石垣が日本一高い丸亀城、巨大な銭形砂絵など見どころが満載。

 その「さぬきこんぴらさん」は、県西部の象頭山(ぞうずさん)中腹に鎮座する。海の神をはじめ広範な神様として古来信仰を集め、江戸時代には伊勢神宮に次ぐ庶民の憧れだったといわれる。参道の長い石段でも知られ、本宮までは785段、奥社まで登ると1368段。さあ、どこまで登れるか!? 参道は土産店でにぎわう。

 ほかにも、大名庭園で日本最大級の栗林公園、四国最北端の竹居観音岬など、名勝も数多い。お遍路の88番札所は、さぬき市の大窪寺。

 そして、瀬戸内海には小豆島や直島など、宝石のような島々が浮かぶ。

 小豆島に渡ったなら、瀬戸内海を見渡す小豆島南部ののどかな場所にある二十四の瞳映画村を訪れてほしい。約1万㎡の敷地に再現された大正・昭和初期の村は、田中裕子主演の映画に使われたロケ用オープンセットを改築したものだ。

 また、映画館「松竹座」では「二十四の瞳」を常時上映。原作者の調度品や生原稿などを展示した壺井栄文学館も併設している。「キネマの庵」ではアルマイトの食器が懐かしい給食セットが楽しめる。

  

 さらに、小豆島オリーブ公園も見どころだ。明治時代に日本で初めて栽培が始まったオリーブ発祥の地に隣接。敷地内に入れば、そこは“日本の地中海”そのものだ。瀬戸内海を見下ろす小高い丘に広がる約2000本のオリーブ畑。

 オリーブの路は石畳の散策スポットとなっている。風車やコミロス(搾油所)などの建物もギリシャを彷彿させる。オリーブのことがすべてわかる情報ギャラリー、ショップ、グルメ、ロッジなど施設は充実。週末にはオリーブやハーブを使ったクラフト体験も可能。

 香川県はやはり讃岐うどんのように、一見シンプルでもさまざまな魅力がギュッと凝縮されているのだ。

ちょうどいいサイズ感でも長距離走行もラクラク

 さて、今回、四国4県をともにドライブした相棒は、スズキのコンパクトクロスオーバーワゴン、クロスビー。愛嬌のあるフロントフェイス、スクエア基調のスタイリングは、軽自動車で大人気の「ハスラー」がデザインモチーフ。いわばその兄貴分的存在だ。

 ただ、コンパクトカーといってもサイズはさまざま。クロスビーは軽を除く普通車でもっとも小さな“Aセグメント”と呼ばれるクラスに属する。

 しかし、室内には1クラスどころか、2クラス上にさえ匹敵する居住空間を実現。荷室も広く、荷物をたっぷり積んでドライブを楽しめる。走りも驚くほど頼もしい。

 エンジンはこれも国産車最小の1ℓ。だが、ターボの採用によって、低回転から1ℓとは思えない力強さを発揮する。高速道路の合流や追い越し加速でストレスを感じさせず、マイルドハイブリッドシステムと相まって、小排気量のメリットである低燃費もしっかり両立している。

 優れた快適性もうれしい。エンジンは加速中でも振動や騒音が少なく、タイヤが発生するロードノイズも会話の邪魔にならない。足まわりはしなやかで、突き上げのショックが少ない乗り心地と、誰にでも扱いやすく安定した操縦性を味わわせる。

 緊急自動ブレーキをはじめとした先進安全装備も、クラストップレベルの充実ぶり。クロスビーは“小は大を兼ねる”、ちょっとオシャレな万能コンパクトカーなのだ。

試乗車:スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ 主要諸元

●全長×全幅×全高:3760×1670×1705㎜
●車両重量:1000㎏
●エンジン:1.0ℓ直3DOHCターボ
●エンジン最大出力:73kW[99PS]/5500rpm
●エンジン最大トルク:150N・m[15.3㎏・m]/1700-4000rpm
●モーター:直流同期電動機
●モーター最大出力:2.3kW[3.1PS]/1000rpm
●モーター最大トルク:50N・m[5.1㎏・m]/100rpm
●JC08モード燃費:20 .6㎞ /ℓ
●タイヤサイズ:175 /60 R1682H
●車両本体価格:218万9160円(税込)※オプション含まず

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  3. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. 59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    駐車監視員は60分を超えてからじゃないと放置車両扱いができない このと...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  8. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  9. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  10. 日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    整備された交通インフラやカーナビの発達も要因のひとつ 欧州では高齢者や...

profvest.com

https://profvest.com

продвижение сайта в интернет