こんな凄いクルマが今なら普通に買える! この先名車になること間違いなしの国産車5選

今ならまだ購入しやすいので置き場所があるなら買い!

 名車と呼ばれるクルマは数多くあるが、その多くが生産を終了してから再び価値を見出された車種も少なくない。例えばAE86などは当時から人気があったものの、フルモデルチェンジをしてレビン/トレノがFFになってからさらに評価の上がった車種と言えるだろう。今回はそんなクルマを紹介したい。

1)マツダRX-8

 マツダの代名詞でもあるロータリーエンジン。残念ながら現在の新車ラインアップには存在しないが、復活を待望している人も少なくないだろう。しかし、今後ロータリーエンジンが復活したとしてもキャラクター的にRX-8のような4ドアモデルは出ないのではないだろうか。そうなるとファミリーカーとして家族を説得(だます?)人にとってRX-8は魅力的な選択肢に映るはずだ。

2)ホンダS2000

 こちらも復活の噂が出ては消え、出ては消えとなっているS2000。もし、今後同じようなコンセプトの車両をホンダが出すとしても、排ガスの問題もあってNAで9000回転を許容するような超高回転型のユニットが搭載される可能性は低い。これはすでにシビックタイプRがターボ化されたことでも明らかだ。そうなると、2リッターのF20Cエンジンを搭載したS2000はとくに再評価されるだろう。

3)ホンダ・シビックタイプR(初代)

 先ほどのS2000の項でも話したが、NA超高回転型のエンジンは今後登場する可能性は高くない。そして現在のシビックタイプRは間違いなく速さはアップしているものの、テンロクのVTECエンジンをブン回して楽しむというキャラクターではなくなってしまった。もはやそんな時代ではないと言われてしまえばそれまでだが、軽量ボディに高回転型エンジンの組み合わせは捨てがたいものだ。

4)トヨタ・センチュリー(2代目)

 まもなく3代目の登場が控えているトヨタ、いや日本が誇るショーファードリブンがトヨタのセンチュリーだろう。3代目はレクサスLSで熟成されたハイブリッドシステムを搭載したモデルになると噂されているが、裏を返せばそれまでセンチュリー専用となっていた日本で唯一のV12型エンジンがなくなることを意味している。出力的には同等とはいえ、やはりV12という特別感は何にも代えがたいポイントではないだろうか。

5)ダイハツ・コペン(初代)

 コストが要求される軽自動車にもかかわらず、電動のアクティブトップを持つコペン(初代はディタッチャブルトップもあり)。2014年に登場した2代目モデルも「コペンファクトリー」という専用生産ラインで作られる特別なモデルだが、初代モデルは4気筒エンジンを搭載していた点でよりスペシャルなモデルだった。他社を含め4気筒エンジンの軽自動車は絶滅してしまっているので、こちらも再評価されるべき車種だろう。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  3. 巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    クセが強すぎて1代で終わってしまったクルマも存在 クルマの系譜というの...

  4. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  5. 若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    走りや安全性の追求が車両価格を上げる 最近、よく耳にするのが、「最近の...

  6. 価格高騰へのカウントダウンが始まった!  いま買わないと後悔必至の昭和の名車4選

    今後どんどん価格上昇すると見込まれるモデル 今年の4月30日をもって幕...

  7. この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    椅子はあるけれど日常的に座ることは厳しい! ミニバンだけでなく、最近は...

  8. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  9. 普通車が余裕で買える! 衝撃の高額プライスの現行軽自動車トップ5

    1位はじつに300万円近いプライスタグ! 軽自動車は本来、小さく、扱い...

  10. いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

    見た目はもちろん運動性能の面でメリットは大きい 最近は純正装着でも17...

www.shopvashtextil.com.ua

постельное белье купить киев

http://maxformer.com