サーキットで映える腕時計! 名門トムスとカシオ・エディフィスがコラボしたスペシャルモデルが誕生

レース現場の声も反映したスペシャルモデル

 CASIO(カシオ)がリリースする、高機能ウォッチシリーズの「EDIFICE(エディフィス)」。同ブランドとタッグを組む、スーパーGTなどに参戦する名門レーシングチーム「トムス」とコラボレーションしたスペシャルモデル「EQS-900TMS」を6月15日に発売する。2万8000円(税抜き)。

 エディフィスは2013年よりトムスのオフィシャルパートナーとしてチームをサポート。これまでに発売されているモデルにも、同チームからのアドバイスをもとに開発した機能などが盛り込まれている。

 今回リリースされることになったEQS-900TMSは全体をブラックで引き締め、トムスのイメージカラーであるレッドをインダイアルやボタンなどに採用。文字盤に採用したカーボンパネルと相まって、スポーティさを際立たせたデザインに。さらに、トムスのロゴも配してスペシャルモデルであることを実感できる。

 充電効率を従来モデルよりも高め、インダイアル部分のソーラーパネルのみで時計の駆動に必要な動力を賄うことに成功。これにより、レーシングカーに欠かせない存在であるカーボンを文字盤に採用することを可能とした。

 そのほかにも、1分1秒を争うレース現場でもすぐに装着できるよう、メカニックからの声を活かしたバンドデザインを採用。まさにプロも納得のデザインとなっている。

 限定モデルを手にした喜びを感じられる、専用パッケージも用意される。トムスファンはもちろん、レース好きなら手に入れたくなること間違いなしだ。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  3. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  4. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  5. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  6. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  7. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  8. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  9. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  10. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

shopvashtextil.com.ua/catalog/index/105-podushku/0/124

http://shopvashtextil.com.ua/catalog/index/105-podushku/0/126

www.ecostyle.kz