ついにベールを脱いだ! トヨタ スープラがジュネーブショーで公開

ついにベールを脱いだ! トヨタ スープラがジュネーブショーで公開

既に登場しているコンセプトカーFT-1に酷似したルックス

第88回スイス・ジュネーブモーターショーが2018年3月8日から18日まで開催されている。なんといっても今回の目玉はBMW Z4のシャシーを使い16年振りに復活を遂げたトヨタ スープラだろう。とはいっても公開されたモデルの正式名は「GR スープラ レーシングコンセプト」で、市販モデルではない。スープラ

エクステリアは、これまでもモーターショーなどで登場していたコンセプトモデルFT-1とほぼ同じように見える。綺麗なクーペボディのサイズは全長4575mm、全幅2048mm、全高1230mm。いわゆるロングノーズ・ショートデッキスタイルがスポーツカーの象徴とも言える姿で素直に格好良い。スープラ

装着されるパーツはすべてレース専用品となっており、冷却性を意識した開口がフロントに3つと空力パーツ(カナード)が装備されている。スープラ

インテリアはロールケージが張り巡らせ、バケットシートやパドルシフト付きのステアリングと後方が確認できるモニターが付いている。センターコンソールもカーボン製にしていることから、徹底的な軽量化が施されていることがよくわかる。スープラ

WTCR(世界ツーリングカーカップ)の出場を見越したかのような作り込みに、今後の展開を期待したい。また、スタイリングこそ見えたものの、市販車はどんなスペックとなるのか? こちらも登場が待たれるところだ。

画像ギャラリー