軽自動車ライバル比較! バカ売れホンダN-BOXに新型スズキ・スペ—シアは勝てるのか?

燃費はスペーシアだが運転支援装備はN-BOXが有利

 軽自動車界ではスペース系、ハイト系が圧倒的に売れ筋だ。2017年の販売台数では1位N-BOX、2位ムーヴ、3位タント、4位デイズ(三菱ekワゴンの兄弟車)、5位ワゴンR、6位スペーシア(旧型)となっていて、N-BOX(N-BOX+、N-BOXスラッシュ含まず)は20万7999台と、2位ムーブの14万1373台、ライバル車のタント14万1312台、スペーシア(旧型)10万4763台を圧倒。それどころじゃなく、全国の新車販売台数でも堂々1位。2位プリウスの16万912台を大きくしのぐ快挙をなし遂げているのだ!

 そんな軽自動車界の怪物とも言えるN-BOXに真っ向から勝負を挑むのが、ワゴンRと並び、今ではスズキのドル箱車種となったスペース系の新型スペーシア。

 スズキ最新となるワゴンR譲りのプラットフォームを基本に、スーツケースをモチーフにしたデザインを内外装に採用。全車マイルドハイブリッドとなり、車重はクラス最軽量の850kg〜を実現(N-BOXは890kg〜)。結果、30.0km/L(N-BOXは27.0km/L〜)ものクラス最良のモード燃費(いずれもHV G 2WD。カスタムは28.2km/L〜)を達成している。

 少なくとも軽量化、モード燃費ではより新しいスペーシアがリードしていることになる。しかも、両車ともに今や軽自動車にも積極的に採用されている、先進安全運転支援機能の充実ぶりからも目が離せない。新型スペーシアの“スズキセーフティサポート”は歩行者対応の衝突軽減ブレーキ、サイドエアバッグを標準装備するとともに、誤発進抑制機能/車線逸脱警報機能/オートハイビーム/先行車発進お知らせ機能/軽自動車初の後退時衝突軽減ブレーキを新採用。

 標識認識機能の追加や前後の左右確認サポート機能、多彩な表示機能を持つヘッドアップディスプレイなどの装備も注目点。セーフティ.サポートカーSワイドに該当している。ただし、新型N-BOXに採用されているACC(先行車追従型クルーズコントロール/30〜110km/h対応)は未採用。ちょっと残念な部分ではある。

 N-BOX全車に採用されているホンダセンシングは、歩行者対応の自動ブレーキ/誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能/歩行者事故軽減ステアリング/路外逸脱抑制機能/車線維持支援システム/オートハイビーム/先行車発進お知らせ機能/標識認識機能/すでに触れたACCなど、かなりの充実ぶり。サイド&カーテンエアバッグも上級グレード、カスタムに標準だ。加えて予防安全性能アセスメント評価で最高ランクの「ASV++」を獲得し、セーフティ・サポートカーSワイドに該当する。

 先進安全運転支援機能比較では、スペーシアとN-BOXのサイド&カーテンエアバッグ装着グレード比較なら、ACCが備わるN-BOXがややリードしていると言っていい。

自然吸気エンジンモデルで大きな差が付く

 次に快適機能装備比較。スペーシアは運転中、視線移動なしに多彩な情報が得られるヘッドアップディスプレイを採用。車内の温度差を解消し後席への空調性能を高めるスリムサーキュレーター(HV Xのみ)や、女性にうれしいエアコンの風が直接顔に当たらないよう配慮されたエアコンルーバーなどがポイント。

 N-BOXは助手席の母親が後席の子どものケアや、車内の移動がしやすくなる57cmものスライド量を持つ助手席スーパースライドシートがウリ。さらに、世界初のアレルゲン不活性化&抗ウイルス加工を施したシート地、ホンダならではのセンタータンクレイアウトが実現する、後席フロアに背の高い荷物が置ける後席ダイブダウン機能などだ。

 パッケージング、室内&ラゲッジ空間では両車の室内幅、室内高はほぼ同等。スライドドアの開口部寸法、後席シートサイズ&乗降容易性にかかわる、座面のフロアからの高さもまた同等だ。N-BOXが優位に立つ部分は、まず前席でシートクッション長に余裕があり(+20mm)。スライドドア部分のステップ高もより低い(ー15mm)。後席頭上空間に関しては両社ともにもはや数値でうんぬんするレベルではないほどのスペースが確保されているが(身長172cmのテスターで25cm以上!)、後席膝まわり空間になるとN-BOXがリード。身長172cmのボクのドラポジ基準でN-BOXは24〜45cm。スペーシアは12〜34cmとなる(後席スライド位置による)。

 ラゲッジの使い勝手はどうだろう。開口部地上高がより低いのはN-BOXの48cm。スペーシアは自転車用のタイヤガイドの切れ込みがあるものの、54cmとなる(それでもステーションワゴンの平均値約62cmより低い)。ラゲッジの奥行きはN-BOXが33〜54cm、スペーシアが31〜53cmと大きく変わらない。だが、幅方向はN-BOXが90cm、スペーシアが85.5cm。天井高は両車約120cmと同等だ。

 ラゲッジでけっこう差がつくのが後席を格納したときの使い勝手。N-BOXはラゲッジフロアの低さが災い(!?)して段差があり、傾斜も強い。スペーシアの後席格納時のフロアもやや斜めってはいるものの、N-BOXよりはフラット度は上である。

 そんな新型スペーシアとN-BOXを走らせてみると、じつはけっこうな差があることが判明。N-BOXは「これが軽自動車!?」と驚かされるほどの上質な動的質感の持ち主で、乗り心地/操縦安定性/静粛性ともに軽自動車ベストと言える実力だ。とくにスペーシアとの比較で差がつくのが自然吸気(NA)モデルの動力性能と操縦安定性。N-BOXはNAでも高速走行、登坂路さえしっかりこなす性能の持ち主だ。

 山道をハイペースで走るようなシーンでも安心感に満ちたステアリングフィール、安定感が極めて高い姿勢変化最小限のフットワークを披露する。ターボなら一家に一台のファーストカー、ダウンサイザーの受け皿になりうる上級感、上質かつゆとりの性能を発揮してくれるほど。

 一方、新型スペーシアのNAモデルの動力性能は“街乗りベスト”なごく穏やかなもの。高速走行、長距離ドライブでは加速力にも足りない場面が多々あるはずで、しかも交差点やカーブなどでステアリングを切ったときの前輪のインフォメーション不足とロールの大きさがネック。走行性能としては“ご近所仕様”の域を出ない。

 14インチのエコタイヤを履く乗り心地にしても転倒防止のためか硬めで、路面によってはN-BOXにないゴツゴツした振動を伝えてきがち。ユーザー層にふさわしい、もう少しマイルドでしなやかな乗り味であってほしいと思える。スペーシアの場合、動力性能、乗り心地面で満足できるのはターボモデルのほうで、NAモデルの走行性能はあまりにもフツーな軽自動車レベルなのである。

 そんなわけで、総合商品力は販売台数でも圧倒するN-BOXが一歩リード。とくにNAモデルの走りの質感、ゆとりではN-BOXが大きなアドバンテージを見せ、新型スペーシアを寄せつけない。とはいえターボ車同士なら悩ましい選択になりうる好比較になるだろう。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  2. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  5. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  6. 「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    ハイスピードの欧州育ちゆえに高速巡航の実燃費はとくに優れる 最近のクル...

  7. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    技術やコンセプトにこだわりの詰まったクルマばかり クルマに限らず、いい...

  10. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

www.baden-medservice.com/uslugi-i-ceny/prozhivanie/

www.baden-medservice.com

baden-medservice.com