ミニバン時代の終焉か? CX-8登場で注目される3列シートSUVの可能性

ミニバン時代の終焉か? CX-8登場で注目される3列シートSUVの可能性

SUVで3列シートは基本的にボディが大型になってしまう

 マツダがスライドドアのミニバンをやめ、多人数乗車モデルとして3列シートSUVのCX-8をデビューさせたことで、ミニバンでなくとも6人以上を乗せることができる、3世代同居のファミリーでも選択肢が増えた、と感じている人は少なくないのでは? 国産SUVでいえば3列シート車はトヨタ・ランドクルーザー シリーズと日産エクストレイル三菱アウトランダーくらいしかなかったところで、久しぶりのニューフェイスだ。3列シートミニバン

 では、これからはミニバンより3列シートSUVの時代になるかといえば、そこは難しいだろう。多人数乗車のSUVというのは、国産・輸入車ともほとんどが大柄なボディとなってしまうからだ。

 前述したエクストレイルとアウトランダーは全長4.7m未満となっているが、基本的にSUVではボディサイズの余裕によって3列目シートを成立させているケースが多い。そうなると車格も、価格も上がってしまう。

3列シートミニバン

 また、同じ程度の車格で比べると、乗車人数は同じであってもミニバンのほうが、とくに3列目において頭上や足もとのスペースに余裕がある。CX-8の3列目が実用的なスペースを実現しているのも事実だが、日本で独自の進化を遂げた5ナンバーサイズのミニバンよりも開放感があるわけではない。

3列シートミニバン

 さらにいえば、全長4.3m未満のコンパクトミニバン(トヨタ・シエンタやホンダ・フリード)のような取り回しやすく7人が乗れるというニーズをSUVスタイルで実現するのは難しいだろう。3列シートミニバン

 とはいえ、家族構成などから3列シートであることがマストというファミリーにとって、ミニバンだけでなくSUVという選択肢が増えることは歓迎すべきだ。もっとも定員8人が必要というのであれば、ミニバンを選択することになるだろうが……。

画像ギャラリー