クルマのサスペンションで使われる言葉「減衰力」って何?

バネの振動を抑えて素早く収束させる役割

 ダンパーの働きで、減衰力という用語が出てきますね。減衰、つまり動きを衰え、減じる力ということです。具体的に例を上げてみましょう。ブランコに乗り、何もせずに座っていると、少しずつ振幅が小さくなっていきますね。空気抵抗や軸受けの抵抗などによって、少しずつ弱くなっていくわけです。これが減衰するという現象です。

 クルマの場合にはタイヤと車体の間にスプリングが入り、重さを支えています。しかしスプリングは伸びたり縮んだりします。力が入ると縮みますが、力が抜けると元に戻ろうと反発します。反発すると元の長さを通り越して、逆に伸びてしまいます。それを何度も繰り返して、やっと元々の長さに収まることになります。ユラユラする時間が長くなると、疲れるだけでなく、それだけクルマの走行安定性が崩れてしまいます。

 スプリングが伸びているときは荷重が抜けているので、タイヤのグリップが低下します。スプリングが縮んでいるときは荷重が乗っているので、タイヤのグリップが高くなります。それが走行安定性が崩れる要因です。タイヤのグリップを安定させることが、そのままクルマの安定性を高めることになるわけです。

 そこで減衰力を加えることで、より素早くスプリングが元の長さまで戻るように働くのが、ダンパーというわけです。つまり減衰力が弱いとフワフワした感触になり、減衰力が強いとゴツゴツした感触になるのです。スプリングというのは多少硬くても、伸び縮みするのが役割ですから、ゴツゴツしたものにはなりません。ゴツゴツする最大の要因は、ダンパーというケースが多いです。

 コーナーでステアリングを切るとクルマはロールしますね。そのロールの角度はスプリングの強さに左右されるのですが、ロールしていくスピード=ロールの速さは減衰力の大きさによって変わってきます。つまり減衰力を下げてしまうと、フワフワの質の低い乗り心地になるだけでなく、ロールが速くて不安定になり、クルマ酔いしやすい乗り心地になるわけですね。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  2. ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

    走りも使い勝手も期待値の一歩上を行く完成度 2017年のフルモデルチェ...

  3. えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    デートの雰囲気を盛り上げてくれる軽自動車も結構ある 今ドキ女子はと〜っ...

  4. 国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    埋もれるような豪雪エリアや凍結した坂道などはチェーンが有効 国土交通省...

  5. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  6. 【噂の真相】雪道で4WDが威力を発揮するのは発進だけって本当?

    発進以外に加速や巡航時の安定性にも効果がある 日本の積雪地では4WDが...

  7. 【意外と知らない】メーターに表示される警告灯の意味

    意味を知れば大きなトラブルに成る前に対処できる クルマに乗って、イグニ...

  8. クルマの進化や時代の流れで消えた懐かしのドラテク7選

    昔のクルマでは重要だったが今では必要ないテクニックもある クルマやタイ...

  9. 【危険】サイドブレーキを引いたまま走ると重大なトラブルの可能性あり!

    過去に火災の原因になった例もある 正確な数字は分からないが、サイドブレ...

  10. 【疑問】左折後の道路が2車線の場合どっちの車線に入ってもいいの?

    道交法上は「できる限り道路の左側端に沿って」との記述 左折後、次の交差...

profvest.com

https://profvest.com

https://profvest.com