クルマのサスペンションで使われる言葉「減衰力」って何?

バネの振動を抑えて素早く収束させる役割

 ダンパーの働きで、減衰力という用語が出てきますね。減衰、つまり動きを衰え、減じる力ということです。具体的に例を上げてみましょう。ブランコに乗り、何もせずに座っていると、少しずつ振幅が小さくなっていきますね。空気抵抗や軸受けの抵抗などによって、少しずつ弱くなっていくわけです。これが減衰するという現象です。

 クルマの場合にはタイヤと車体の間にスプリングが入り、重さを支えています。しかしスプリングは伸びたり縮んだりします。力が入ると縮みますが、力が抜けると元に戻ろうと反発します。反発すると元の長さを通り越して、逆に伸びてしまいます。それを何度も繰り返して、やっと元々の長さに収まることになります。ユラユラする時間が長くなると、疲れるだけでなく、それだけクルマの走行安定性が崩れてしまいます。

 スプリングが伸びているときは荷重が抜けているので、タイヤのグリップが低下します。スプリングが縮んでいるときは荷重が乗っているので、タイヤのグリップが高くなります。それが走行安定性が崩れる要因です。タイヤのグリップを安定させることが、そのままクルマの安定性を高めることになるわけです。

 そこで減衰力を加えることで、より素早くスプリングが元の長さまで戻るように働くのが、ダンパーというわけです。つまり減衰力が弱いとフワフワした感触になり、減衰力が強いとゴツゴツした感触になるのです。スプリングというのは多少硬くても、伸び縮みするのが役割ですから、ゴツゴツしたものにはなりません。ゴツゴツする最大の要因は、ダンパーというケースが多いです。

 コーナーでステアリングを切るとクルマはロールしますね。そのロールの角度はスプリングの強さに左右されるのですが、ロールしていくスピード=ロールの速さは減衰力の大きさによって変わってきます。つまり減衰力を下げてしまうと、フワフワの質の低い乗り心地になるだけでなく、ロールが速くて不安定になり、クルマ酔いしやすい乗り心地になるわけですね。

画像ギャラリー

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  3. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  4. しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静...

  5. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  6. ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    国土交通省によれば例外はなく同じ騒音規制を適用 フェラーリやランボルギ...

  7. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  8. ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    扱いづらい特性でも急激な加速は魅力だった  排気ガスの勢いでタービンを...

  9. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  10. 50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    衝突回避・被害軽減ブレーキを含むセーフティ センスPを標準化 トヨタは...

profvest.com

https://profvest.com

https://profvest.com